エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


Mercedes Benz R129 SL320 1997年式
車検 切れ 走行 58,900km 備考 5AT ディーラー車 左ハンドル
長さ 450cm 181cm 高さ 129cm 重量 1740kg 排気量 3190cc
取材日2020年11月23日

「ドイツの自動車文化流、家族の一員として大切にしてきたR129 SL320。極上車両を想いと共に繋いで頂ける方に限定出品いたします。」

英語でライトウエイトスポーツはドイツ語ではシュポルトライヒト(Sport Leicht)、SLとはその頭文字にあたり、初代W198SL300、あのガルウイングに始まったSLの系譜を現在まで脈々と、そしていつの時代もメルセデスらしく「凛として上品に」味わう事奥深く・・・。リムーバブルハードトップを専用シャトルで「粋に」取り外しオープンエアを「軽快で痛快に!」楽しめ・・・、加えてSLのアイデンティティーである「軽量で俊足に!!」万能ドライバビリティをその日の天気までさえ味方にしてアクティブに楽しむ!! そんな魅力たっぷりのSLがあるライフスタイルは、全世界のエンスージアストの心を鷲掴みにして今日半世紀も経とうとしている史実があるのです。

あの伝説の初代W198を始祖とするメルセデスSLの系譜は、2代目W113、3代目R107、4代目R129、5代目R230と続きます。本車両はその4代目、1994年からミレニアムに世界が湧き立つ1998年まで製造されたSLであり、ネオクラシックと称されるボディスタイルには、今日なお熱狂的に支持されるDOHCユニットから235PS 32.8kg・mをシルキーに絞り出し、軽快な車両を痛快極まりなく、そして優雅に走らせる前期型3.2L直列6気筒エンジン搭載車両になります。
この4台目SLは、その華麗な系譜を見事なまでに周到し、かつインテリジェンスを感じる趣にデザインを昇華させた、当時デザイン担当重役であったイタリア人デザイナー、ブルーノ・サッコ氏の偉業と言われ、先進技術満載の安全策として採用されたオープントップ時に横転をセンシングすると瞬時にポップアップする、「普段は見えないロールオーバーバー」でさえ美しくデザインされたのも氏の最高傑作と言われる所以です。

「ガレージの中の極上コンディションのR129 SL320」

ご縁があり今回の取材で筆者の目の前に現れた、家族の一員として大切にされてきたR129 SL320は、まるでタイムマシンで現代に届けられた様な、極上コンディションが保たれた素晴らしい車両でした!
このオーナー様が如何に家族同様メルセデスを大切にされるかは、同時に取材しましたW140 300SE(https://enthuno-mori.com/benz/20201203benz/)も合わせてお読みいただけるとご理解いただけます。
もとよりドイツの自動車文化がご自身のライフスタイルにぴったりだったと言われるオーナー様、ドイツを含む欧州を旅して廻られ文化に触れ、普段の生活にもディーゼルエンジン、マニュアルミッションのVWゴルフUで25万キロ走破されるなどジャーマンカーライフを楽しんでこられました。人生の不思議なご縁がつながり、数年前にこのR129 320SLを家族に迎え入れられてからも、ドイツ文化をよく表すマインド「水と安全にはお金をかけて豊な人生を作る」を実践されておられます。
「安全を守ってくれる車は家族同然に扱う、壊れたら直す、直して活かすことに喜びを感じる、だから時代を経た車が時間とは逆に蘇っていく感覚がたまらなく素晴らしい」と笑顔満面にお話しいただく様子が聞けた事がなんといっても有意義な取材だったのです!

「長く深く味わってこそ人生を共に味わってこそ本来の魅力が初めて分かる!R129 SL320 これこそがエンスージアストライフ上がりの車!」

現在は諸事情から検査切れ状態でのガレージ保管ですが、この専用ガレージの中で定期的にメンテナンス作業をされ、取材時もエンジンの始動性〜静寂性には全く不具合なく保管管理されておられます。
撮影の為に専用ガレージの外に出して頂きましたが、太陽光の元このSL320はインテリア、エクステリアの各部とも写真でご覧いただける様に素晴らしい状態を維持されておられます。
佇む姿も大変美しく、生産時から全く色褪せていない各部の作り込みの良さを見ることが出来ました。大切に、そして大切に・・・時間を経て深く味わってこそ本来の魅力が初めて分かる!そんなネオクラシックなR129 SL320の極上車を乗ってよし、眺めてよしで思う存分楽しむのは何とも懐の深いエンスーライフではありませんか!
オープンエアがインテリジェンスに、そして軽快に楽しめる名車が人生の傍に・・・なんとも痛快な人生物語です。

「取材後書・・・前向きなライフスタイルを送る為の人生の棚卸し・・・」

この様にドイツの自動車文化流を体現され、家族の一員として大切にしてきたどこもかしこもピカピカのR129 SL320を前にして、オーナー様は想いを繋いで頂ける方に限定出品したいと申されます。
決して問題があるわけでもなく、保管場所に困られた訳でもないでしょう。人生前向きな前進のための決断としみじみおっしゃいます。まるで娘の成長の為の自立を望む親心に似た心境でおられると感じたのが筆者の正直な感想です。このSL320は新たなご縁を生み、想いをつなげてくれる存在。この人間らしい部分も含め、「良い車は家族の一員」という考え方なんだと気がついた事を私の取材後書といたします。
ネオクラシックメルセデスR129 SL320の真の魅力はどっぷり長く乗り込んでこそ分かる物・・・。なんとも素晴らしい価値観と感じた素晴らしい取材でした。
オーナー様に感謝の意を込めて・・・・。

この素晴らしい車両は現在、長野県にあります。
付属品として・・・
・重さ40kgのハードトップを一人で脱着できる現在探しても出てこない(!)貴重なハードトップシャトル
・メルセデス純正、新品のホイールセット
・メルセデス純正後期型のタイヤ付きホイールセット
・メルセデス純正ホイール付きスタッドレスタイヤセット(写真にはありません)
オーナー様ご好意で表示価格込みでお付け頂けます。

個人のため諸費用等はかかりませんが、自動車税(月割り)とリサイクル料のご負担をお願いいたします。また陸送等は購入者様の方で手配をお願いいたします。

(お問い合わせに際して)
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物でオーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。 状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。
掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
280万円
画像クリックで拡大出来ます
Mercedes Benz SL320 R129 1997年式
イタリア人デザイナー(メルセデスデザイン担当重役)ブルーノ・サッコ氏デザインの名作
メルセデスらしい上品で流麗なデザインであり
SLの頭文字の所以、Sport Leicht (シュポルト・ライヒト)の意そのままに「軽量で俊足」
リムーバブルハードトップを外せばオープントップに!「軽快で痛快」なメルセデスです
この車両はどこから見ても「最高に」素晴らしい状態で現存している個体
インテリジェンス感漂うネオクラシックなSLがR129の最大の魅力
約40kgのハードトップを1人で外せ保管できる貴重なハードトップシャトルが付属します
一切の妥協なくメルセデスの伝統SLをコンテンポラリーに再現した名車です
どこから見ても最高の状態で「保管」されています
R129では格別に人気の高い前期3.2L直列6気筒搭載車両
V12・SL600のエンブレムがありますが、ファーストオーナーの趣味とのこと
剥がすと残るとはヤナセ談、そのままになっています
伝統的グリルも大変状態良く健在
ワイド&ロウなフロントマスクは精悍の一言
飛び石痕さえ散見しない素晴らしい状態のフロント周り
ミレニアムなこのSLの登場に当時感興・歓喜した御仁も多くいらっしゃる事でしょう
走行未だ58000km台、一生楽しめる最高級の思い出車両の提案です
最高の状態のネオクラシックメルセデス、人生仕上げの一台にいかがでしょう
立ち姿も「凛として上品」素晴らしいの一言
クリアレンズの状態も申し分ありません
建物の写真ではありません、エンジンフードの映り込みの写真です
作り込みの素晴らしさ、堅牢さが生み出す安全性の高さ、メルセデス、SLの系譜が伺えます
この大きなスリーポインテッドスターの意匠にダイナミクスを感じた方も大勢おられるはずです
まるで有機物の様、フロントローアングルを生み出す造形美、技術の結晶の証
コンテンポラリーなデザインをはしぶしに感じながら・・・
その造形美に酔うことができる・・・
そんなメルセデスらしい、一切の妥協が感じられない意匠の数々
リアのアクリルランプカバーの状態も申し分ありません
上質感漂うブラックレザー中心のインテリアカラー
リムーバブルハードトップの天井内側の様子も大変美しい
80年代からの系譜90年代メルセデスの美しいインターフェイス
直線的ラインで構成されたエアコン吹き出し部デザインに工芸製品的美が感じられます
ウオルナットのインテリアモールディングとブラックのコンビネーションに落ち着きを感じる
モダン&コンテンポラリー、当時スペースシップ的印象を醸し出したコンソールトップ
ドアパネル内側も経年さえ感じさせません
経年変化さえ感じさせないブラックレザーシートとその上品なステッチ
堅牢そのもの、分厚いドアパネル
リアのラゲッジコンパートメントは全く使用感がありません、清潔そのもの
まさにインテリジェンスな空間がここにあります
シートバックも同様のコンディション
この車両はエンジンルームが美しい
家族の様に大切にされてきた「証」がこのエンジンベイの印象でしょう
よく手が入れられ、メンテナンスされてきた「美しい」24バルブツインカムユニット
3.2L 直列6気筒エンジンならではのシルキー&トルクフルな味わいがここにあります
経年変化した部分は徹底して新品にリファインされています、だから「美しい」
エンジンフード内遮熱材、インシュレーターも驚くほど状態良し
オリジナル「新品ホイール」が付属します
後期型タイヤ付きホイールも付属します
この希少なハードトップリムーバル用シャトルが付属いたします


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/070-6566-0829(ホリカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
ptenthu@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る