エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


Mercedes Benz 300SE 1992年式
車検 2021年8月 走行 337,388km 備考 左ハンドル ヤナセ正規輸入車 ツーオーナー
長さ 512cm 188cm 高さ 150cm 重量 2040kg 排気量 3190cc
取材日2020年11月23日

「ドイツの自動車文化流、家族の一員として大切にしてきたW140。想いを繋いで頂ける方に限定出品いたします。」

W140、メルセデス・ベンツ 300SEはメルセデスのフラッグシップ、プレミアムサルーンの最高位、第3世代のSクラスとして1991年に誕生します。
バブル景気で高付加価値な高級車神話が根強く社会に刻まれた日本市場でそのメルセデスらしさは大変な人気を誇り、後継車であるW220からは品質とコストの狭間の苦悩が語られる中、メルセデス・ベンツのかの有名な格言Das Beste oder nichts, (最善か無か)というスローガンに象徴される「一切の妥協なき車作り」の理念に基づき生産された最後の車とも言われます。
その味わいはまさにSクラス、各部の作り込みの良さや精度は大変素晴らしく、安全性と静寂性を徹底して創造されたその深い味わいは単なるスペック表示が陳腐なものに感じられるほどに素晴らしいジャーマンクラフトマンシップの傑作とも言えます。

生産からはや30年経過、残念ながら新車絶対主義、平均所持年数7年、国の政策で古い車が維持しにくい日本国内では、状態が良くとも現役車両が激減している状況ですが、欧州とりわけ本当の意味での自動車大国ドイツでは、生産から30年後も実に60%の車両が現役であり、30万キロ以上走行など当たり前な文化です。
良い車を家族同様大切に扱い、トラブルが起きたら交換して長く使うことからヨーロッパ的サステイナブルなエコライフを本当の意味で実現しています。
実は筆者も36年経過し、30万キロ以上走破したW123を日常の足として愛用していますが、80〜90年代のメルセデスは50万キロ、そして100万キロ走破でディーラーから記念バッジが貰えた事実があり、世界に対してジャーマンクラフトのレベルの高さをアピールしています。
また現在ではインターネットによりNiemollerなどドイツ本国から簡単にパーツが探せる良い時代、環境によく真のサステイナブルなエンスーライフを楽しむ事も豊な人生を素敵な車と過ごす事を容易としています。

今回の取材はまさに!ドイツ本国通り、(車)W140 300SEと人(オーナー様)の関わりのストーリーでした!

もとよりドイツの自動車文化がご自身のライフスタイルにぴったりだったと言われるオーナー様ドイツを含む欧州を旅して廻られ文化に触れ、普段の生活にもディーゼルエンジン、マニュアルミッションのVWゴルフI Iで25万キロ走破されるなどジャーマンカーライフを楽しんでこられました。
人生のご縁がつながり数年前にこの300SEを新車より大切にされてこられた齢70過ぎ、ご高齢のファーストオーナー様と出会われます。
「ドイツ人にとって安全を守ってくれる車は家族同然、だから壊れたら直す、手直しして使い続ける物だ、水と安全にはお金をかけて豊な人生を作るべきだ」との考えに大きく共感、ご自身もその様なライフスタイルを構築したいと大きくうなずかれ20年以上にわたって大切にされてきた、走る程に味わいと個性を感じとることができるこの「素晴らしくメンテナンスされたW140 300SE」を譲り受けられます。
その後もファーストオーナー様の意思を引き継ぎ、事あるごとに、大切な家族同様、様々なメンテナンスを実施されてこられました。

この家族愛に包まれる大変幸せなW140 300SEが現オーナー様から受けた大まかな内容をリストすると・・・

ステアリング純正新品交換
グリル新品交換
フロントウインドウシールド新品交換
エンジンマウント新品交換
ラジエーター新品交換
ウオーターポンプ新品交換
全ドア・エンジンフード・フェンダー純正色塗装
リアインナーフェンダー新品交換
フューエルポンプ新品交換
インストパネル新品交換
オートアンテナ新品交換
クーラントタンク新品交換
オルタネーター新品交換
フロントシートクッション新品交換
フロントショックアブソーバー新品交換
サブフレームマウント新品交換
リアホイールベアリング新品交換
などなど・・・総額400万以上のメンテナンスを実施されてこられました。

深く味わってこそ本来の魅力が初めて分かる!W140 300SE・・・これは一生乗れる車だ!

上記の様に手を入れてこられたオーナー様は「車が蘇っていく感覚がたまらなく素晴らしい!」とおっしゃいます!事実立ち姿もたいへん素晴らしく、エンジンの始動性から走行する姿、その静寂性と生産時から全く色あせない各部の作り込みの良さ。
深く味わってこそ本来の魅力が初めて分かる!W140 300SE何とも懐の深いエンスーライフではありませんか!
オーナー様はお休みの日に大切な家族でのドライブ、そして「洗車」(お二言目が洗車でした!)と存分にこの家族としての300SEを楽しんでこられました。30万キロを超えてこれからが楽しい味わいたっぷりの名車。
これこそが本物の商品価値であると深く感じた次第です。

「前向きなライフスタイルを送る為の人生の棚卸し・・・」
この様にドイツの自動車文化流を体現され、家族の一員として大切にしてきたどこもかしこもピカピカのW140 300SE・・・。
想いを繋いで頂ける方に限定出品したいとお申し出されました。決して問題があるわけでもなく、保管場所に困られた訳でもありません。
人生前向きな前進のための決断としみじみおっしゃいます。
まるで娘の成長の為の自立を望む親心ににた心境でおられると取材して感じたのが私の感想です。
そうしてまた新たな想いをつなげてくれる存在。この人間らしさもまた良い車は家族同様であるという考え方に基づいた所と気がついた事を取材後書といたします。

それにしても奥深く素晴らしい価値観、メルセデスの真の魅力は50万キロ〜100万キロと乗り込んでこそ分かる物・・・。

この素晴らしい車両は現在、長野県にあります。

個人のため諸費用等はかかりませんが、自動車税(月割り)とリサイクル料のご負担をお願いいたします。また陸送等は購入者様の方で手配をお願いいたします。

(お問い合わせに際して)
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物でオーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。 状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。
掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
350万円
画像クリックで拡大出来ます
1992年式 W140 Mercedes Benz 300SE
30年近くに渡り愛情いっぱいに大切にされてきた幸せな車両です
状態は素晴らしく、全方向に渡り手が入れられメンテナンスが施されています
必要な部品は全てオリジナルでリカバーされています
「大切な家族です、時間がかかっても構いません」オーナー様談
想いを繋いで頂ける新オーナー様へ限定出品いたします
ボディサイズが最大化した第3世代のボリューム感たっぷりのリアクオータビュー
洗練されたメルセデスらしいデザインは秀逸の一言
まさに威風堂々なリアビュー、美しいの一言です
まさに家族の様に大切にされてきた車両です
スケール感がよくわかるフロントクオーターからの迫力満点ビュー
これも威風堂々たる、3台目Sクラスのフロントビュー
フロントバンパーも素晴らしく状態良しです
伝統のフロントグリル、新品交換済みです
今日の意匠ではみられない可倒式スリーポイント・スターもあえて斬新
ライト周りとダイレクションランプカバー、アクリル劣化ありません
美しく磨き込まれたタイヤ・ホイール、足元綺麗です
タイヤ・ホイールが綺麗なのは嬉しいポイントです
ボディパネルの仕上げの良さがわかるもう一枚のショット
リアアクリルレンズカバーの状態も申し分ありません
バブル景気後半92年の正規輸入車の証、最高のSシリーズ
清楚なリア周りの意匠に90年代Sクラスの威厳を感じます
最上の作り込みとクラフトマンシップを感じるドアパネル
建物の写真ではありません。エンジンフードの映り込みの様子です
いかに下地が良いか、丁寧に作り込まれたかがわかります
インパネからのフロントインテリアビュー、素晴らしい90年代の最高級意匠がここにあります
レザーシートの質感も素晴らしい、当時これ以上がなかった様子は現在も健在です
アームレストにはとても愛用されたことがわかる「味わい」があります。これが美しい
30年近く経過していることが信じられないコンディションです
スイッチ類のアレンジや空調吹き出しの当時のSクラスデザインが健在です
パッセンジャーシート前面、清潔感も素晴らしい
A Tセレクトレバーも大変美しく健在です
アームレストからのインテリアビュー
ルーフ内張もこの状態です、全く問題なく愛用されています
コンソール上各種イルミネーションスイッチも完璧です
いかに大切にされてきたか、もうお分かり頂けることでしょう
リアのレザーシートは使用感すら感じさせてくれません
リアパッセンジャーへのエアコン吹き出し口、状態申し分ありません
リアヘッドレストの状態も大変美しい
ウールカーペットも素晴らしく手入れがされています
とてもよく手が入れられたエンジンルーム
サブタンクなど劣化するものは全て新品交換されています
エンジンベイ反対側より、エアクリーナーも気が配られています
この美しさです、長く乗り家族の様に大切にするを実践されてきた車両です
インシュレーターもこの美しさです、この様なところからもオーナー様の哲学が伺えます
ドライバー側のドアトリムとスイッチ類、スレや傷みを感じさせません
センタートンネルのバニティケースも味わいたっぷりに存在します
フロントパッセンジャー側足元にも哲学が見られます
トランクルームも清潔感そのもの
どこにも抜かりはありません、まさに家族そのものです


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/070-6566-0829(ホリカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
ptenthu@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る