エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フォルクスワーゲン カルマンギア 1973年式
車検 一時抹消済み 走行 26,400km(5桁メーターのため不明扱い、おそらく126,400km) 備考 ディーラー車 右ハンドル スポルトマチック エアコンレス
長さ 420cm 163cm 高さ 132cm 重量 890kg 排気量 1580cc
取材日2020年11月2日

【概要】
フォルクスワーゲン カルマンギア 1973年式、ヤナセステッカーの残るディーラー車です。

今から7年ほど前に、友人のお父様から譲り受けられました。
その友人のお父様はかなりのカーマニアで、ビンテージカーを中心に数十台を所有されているそうで、そのコレクションの一台だったそうです。

その前オーナー様所有時に、元色と同じイエローで一度オールペイントされています。

1年半前に車検切れで、一時抹消されています。

それまでの間、現在のオーナー様は、毎日通勤に使用されていました。
保管場所に関しては、自宅・職場共にに屋外での駐車でした。

車検切れ後は、ご実家のシャッター付きガレージに保管され、たまにエンジン始動と敷地内の移動でコンディションを維持されています。

前オーナー様、現在のオーナー様どちらの所有時にも、大きなトラブルや事故は無いとのこと。
メンテナンスに関して、気になる点があるとその都度、ご実家近くのこういった車両を得意とする整備工場へ入庫していたそうです。

そういったメンテナンス費用も、シンプルな造り故にお安く済むことがほとんどだったといいます。

【外装】
鮮やかなイエローが目を惹く外観です。この車両のキャラクターに合っていると思います。
ボディは毎日通勤使用もあってか、サビが所々見られます。
ガラス周りのゴム類に関しては、悪くない状態かと思います。
オリジナルのこのスタイルが好みとのことで、ほぼ純正の状態を保たれています。

【内装】
少し痛みが目立つ部分もありますが、年式を考えると概ね良好な状態かと思います。

オーナー様曰く、70年代カルマンギアの黒で統一された内装が特に好みで気に入っているそうです。

燃料計の動きが大らかなため、走行距離で給油を管理していたとのこと。
アナログ時計が止まってしまっています。

【機関】
ちょこちょことメンテナンスされていた様子で、エンジンは安定したアイドリングを刻んでいました。
スポルトマチックは、オイル管理さえ怠らなければ好調を保ち、100km/hの巡航も問題なくこなすそうです。

オルタネーターは一度交換されているとのことです。

【取材後雑感】
オーナー様がお仕事で独立された頃に入手されたこのカルマンギア、ご自分のお店の看板として大事な時期を共に歩んできた思い出のお車となりました。
丸型ライトに流線型のこのフォルムに惹かれた、オーナー様の想いが詰まった一台で、大事にして下さる次の方にお譲り出来たらとのことでした。

 

現車は石川県小松市近郊にあります。

記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものですので整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。また記述している状態等のコメントもあくまで取材担当者の主観によるものですので実際に御覧になってご自身の主観との差異が生ずる場合もあります事を予めご了承下さい。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
180万円
画像クリックで拡大出来ます
鮮やかなイエロー 
 
 
 
 
 
 
 
流線型スタイル 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リヤ部分やや広い範囲でサビがあります 
 
 
 
 
運転席シートスライド硬い、破れあり 
 
雨の日に乗ると、少し湿気が溜まることがあったそう 
 
アナログ時計は動かない 
ODOメーターおそらく1周したところ 
 
 
 
シンプルな空冷エンジン 
 
オイル滲みもわずか 
 
 
エンジン下周り 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 北陸
TEL/080-5470-4849(ナイトウ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
e.hokuriku@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る