エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フォルクスワーゲン・カルマンギア カブリオレ 1959年式
車検 2019年8月 走行 不明:47066マイル(メーター読み) 備考 左ハンドル/4速MT/排気量1600cc仕様/12V仕様/社外オーディオ/ETC/定員4名
長さ 4100mm 1600mm 高さ 1350mm 重量 830kg 排気量 1600cc
取材日2019年3月17日

●フォルクスワーゲン・カルマンギアについて●

フォルクスワーゲン・カルマンギアは、ドイツのコーチビルダーであるカルマンが企画して、イタリアのカロッツェリア・ギアの原デザインに基づいてボディを生産、これにフォルクスワーゲン量産車のコンポーネンツを組み合わせる合作により誕生した車です。
芸術的な曲面デザインで構成されたボディを持つ流麗なスタイリングが特徴的です。
パワートレインやバックボーン・プラットフォームシャーシの基本構造はフォルクスワーゲン・タイプ1と同じで、水平対向4気筒の空冷OHVエンジンをRRレイアウトで搭載しています。

●今回ご紹介するお車につきまして●

他にもエンスー車を所有されているオーナーさんは4年ほど前に専門店より手に入れられました。
希少なカブリオレであることや、より曲面デザインが美しく角型テールレンズを持つ初期型であることが決め手でした。
幌を新品に張り替え、油温計、電圧計、ETC等が追加されております。
雨天未使用で、運転時は常にオープンにしてステアリングを握り、非日常的な至福の時間を楽しまれてきました。
今回、車両整理のため、売却を検討されています。

●外装●

鮮やかなスカイブルーの外装はオープンボディにとてもマッチしています。オフホワイトを基調とした内装のコントラストも秀逸です。
何度かリペイントはされていると思われますが、地下駐車場で保管されており塗装には艶があります。塗装の浮きは数カ所に見られますが、全体的に良好な状態を維持しております。
幌は新品に張り替え済みでリヤスクリーンもクリアな状態です。
バンパーや下廻りに錆びが見られる箇所がございますが大きな腐食等はございません。
画像では伝えきれないところもございますので、現況は現車をご見学の際にご確認ください。

●内装、電装関係●

オープンにして、見せることを前提にしたオフホワイトとスカイブルーのコントラストが大変美しい内装です。
まるで、ソファーのような座り心地のフロントシートはレザーと布地のコンビです。残念ながら、運転席、助手席とも布地の座面の部分や破れがございます。
布製の後部座席には破れはございません。
ホワイトの細めの大径ステアリングはやや塗装のひび割れが出ております。
ドアトリムやダッシュボードは良好な状態です。
初期型は電装関係が6V仕様ですが、12V仕様に変更されています。
純正ラジオは鳴りません。社外オーディオ、スピーカー、ETC、油温計、電圧計を追加しています。
メーターは、マイル表示で現在47000マイル超です。オーナーさんは実走行と聞いてらっしゃいますが、確証がございませんので走行距離は不明と表記させていただいております。

●機関、足回り等●

水平対向4気筒の空冷OHVエンジンは、好調を維持しており、始動も問題なく、アイドリング時に異音もなく、安定しております。
現代車と比べて、決して静かではありませんが、古き良き心地よいエンジン音です。
1600ccにアップされた排気量は必要十分で、優雅なドライブを支えてくれます。

●取材者私見●

撮影場所までの移動時に助手席で同乗走行させていただきました。
シートベルトもヘッドレストもないふかふかのソファーのようなシートに最初は戸惑いましたが、走り出したらまさに別世界でした!
オープンボディと映画のワンシーンに登場するような内外装とやや低めのフロントガラスの解放感が、いやがおうにも気分を高めてくれます。
取材日はちょうどよい暖かさでまさにオープンカー日和で至福の時間を過ごさせていただきました。
できたら景色のよい海岸線をゆっくりと流してみたいお車ですね。
曲線美のもっとも美しいタイプTの初期型で、貴重なカブリオレ、スカイブルーの外装とオフホワイトの内装のコントラストも大変美しく、しばらく眺めていても飽きないでしょう。
ぜひ一度所有されて体験されてみてはいかがでしょうか?
お探しの方は、ぜひご検討ください。

コンディション維持のために定期的に走行しますので、走行距離が多少増えることをご了承ください。

個人売買のため消費税はかかりませんが、リサイクル料金・自動車税月割分相当をご負担いただきます。

現車は東京都内にあります。


【平成31年4月更新】
価格を引き下げました。

上記は取材者の私見に基づくところもございますので、ご購入に際しては必ず現車をご見学の上でご納得されてからご検討ください。
なお、オーナー様ご多忙のため、ご見学については購入検討の方のみに限らせていただきます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
450万円→298万円
画像クリックで拡大出来ます
低くかまえた車高がスタイリッシュなフロントマスク 
小型の角型テールレンズと大型メッキバンパーが映えるリヤスタイル 
オープンカーに似合うスカイブルーの外装 
 
芸術的な曲線を描くサイドシルエット 
 
美しい斜め後方からのシルエット 
 
フロントグリルが横2本なのが初期型の特徴 
初期型の小型角テール 
ドアトリムの状態は良好 
外装に合わせたホワイトレザーとブルー布地の内装、布地座面に破れあり 
 
助手席の背面、座面に破れあり 
細めで大径の純正ステアリング、ホワイト塗装にややヒビあり 
純正ラジオ下に社外オーディオ、油温計、電圧計追加 
ダッシュボードの状態は良好 
小型のルームミラー 
シフトは4速MT 
リヤシートの状態は良好 
リヤシートを倒した状態 
リヤシートを倒すと広大な荷室、奥に社外スピーカーを設置 
フロントフード裏 
フロントトランクルーム 
フロントにスペアタイヤと燃料タンク、フロントフードを開けて給油 
RRに搭載された水平対向4気筒の空冷OHVエンジン 
エンブレム類の状態も良好 
 
マフラーは2本出し 
リヤバンパー下部に錆びあり 
鍵穴廻りにメッキの退色がみられるドアハンドル 
 
小型のフロントガラス 
ボディ下部の塗装のうき 
レンズ類の状態は良好 
 
メーターはマイル表示、47000マイル超 
灰皿は現オーナーさん未使用 
グローブボックス 
幌の開閉はマツダロードスターなみに容易 
下廻りの状態も良好 
 
下廻りのサビはこの程度 
 
特徴的な純正タイヤ  
 
幌を閉じた状態(フロント) 
 
幌は張替済み、リヤスクリーンもクリア 
幌を閉じても崩れないサイドシルエット 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-8492-1168(イイダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
hiroiida@mvi.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る