エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フォルクスワーゲンタイプ1 1965年式
車検 2019年6月 走行 38,200km 備考 ディーラー車  4MT
長さ 4070mm 1540mm 高さ 1500mm 重量 750kg 排気量 1190cc
取材日2018年9月

フォルクスワーゲンタイプ1はフェンルナンド・ポルシェ博士がかねてから温めていた小型大衆車構想がヒトラーの後押しを受けて具体化し、ドイツ語で「国民車」を意味するフォルクスワーゲンの試作第1号車(タイプ1)として1936年に誕生しました、その後1946年に本格的に量産が始まり53年には累計50万台、55年には100万台を突破するヒットを記録、文字どおり国民車としてドイツのみならず世界を制覇しました。

オーナーさんは20年ほど前に実車を購入されました、購入後は年に数百キロ程度の使用頻度でコンディションを維持しております。

外装塗装について元色はブルーでしたが白色にて全塗装が施されております、所どころ錆が見受けられましたが穴が開いてしまうような酷いものではありません。

内装について、天張りの剥がれ垂れはなく座席シートなどは過去に張り替えられている様で年式相応の汚れなどはありますが破れなどはありません。

エンジンミッション機関について現在特に不具合など無く好調を維持しております。
エンジンは10年ほど前にワーゲンなど空冷エンジンを得意とする専門店にてエンジンのオーバーホールを行っております。元のエンジンは1200ccでしたが1600ccにボアアップしオーバーホールしておりパワフルです。
また、オリジナルの1200ccエンジンも保管しております。
電装は元々6Vと現代では何かと不便ですが、こちらは12V仕様に変更していますので安心です。
ウォッシャーは元々スペアタイヤの空気圧で噴射するタイプでしたが電動噴射に改良しています。
その他の装備品ではETCも取り付けております。
走行距離についてメーター読みで現在38200kmですが一周している可能性もあるため不明としておきます。
現車にはシートベルトが付いていませんが製造年が古いため違反にはなりません、もちろん車検も大丈夫です。

現車のナンバープレートは貴重な「広5」のシングルナンバーです同じ広島県の方なら引き継ぐことが可能です。

車は岡山県笠岡市にあります。
個人ですので消費税などかかりませんが購入の際には自動車税の月割りとリサイクル料のご負担をお願いいたします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
135万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オリジナルのキーもあります。 
貴重なシングルナンバーです。 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 岡山
TEL/090-1330-9113(フクダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
fukuda-y@abelia.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る