エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ボルボ940エステート・クラシック 1997年式
車検 2022年9月 走行 111,209km 備考 ディーラー車、2.3リッターターボ付きエンジン、4速オートマチック、電動式ガラスサンルーフ、ルーフキャリア、ETC
長さ 485cm 175cm 高さ 149cm 重量 1120kg 排気量 2310cc
取材日2021年12月21日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ボルボ940について
―――――――――――
ボルボ740シリーズのモデルチェンジとして1990年に登場したのがボルボ940シリーズです。
セダンとエステートの2タイプがあり、駆動方式はFRを採用しています。
940の4は、4気筒エンジンを表し、日本では2.3リッターのエンジンが用意され、ノンターボ、ターボなど合わせて4種類のエンジンがありました。
トランスミッションは4速オートマチックとの組み合わせです。

サスペンションは、フロントがストラット式、リヤが5リンクリジット式となっています。
安全装備として、衝撃吸収バンパー、SIPS(1992年から採用)、エアバッグ(運転席)、プリテンショナー付きシートベルト、インテグレーテッド・チャイルドシートが装備されます。
1991年に次世代のボルボ850(FF駆動)が登場しましたが、ボルボ940(FR駆動)は人気がゆえに併売され、1997年まで生産されました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介します車両は、ボルボ940エステート・クラシック、最終モデルとなる1997年モデルです。
現オーナーさんは、角張った車が大好きな方、以前所有していた車はトヨタのマークIIのX70型、最近購入したゴルフII、どちらも角張っています。
ボルボ940も角張っています。

現オーナーさんは整備士の方、購入後、手を入れていきます。
・US仕様フロントターンシグナルライト(左右)
・ルーフキャリア装着
・カップホルダー(純正オプション)装着
・イリジウムプラグ交換
・K&Nエアクリーナー交換
・バッテリー交換(大容量80A)
・フロントショックアブソーバー交換
・リヤショックアブソーバー交換
・フロントアッパーマウント交換
・タイミングベルト交換
・ウォーターポンプ交換
・ファンベルト交換
・左右フロントブレーキパッド交換
・左右フロントブレーキローター交換
・アーシング施工
・オイルセパレーターOリング交換
・タペットカバーパッキン交換
・ATフルード交換(ワコーズプレミアムスペック)
・ターボアクチュエーター交換(社外品:ターボSEと同等のブースト圧)
・アルミホイール交換(BWA製)
・タイヤ交換
・フロントアンチスウェイバー(強化スタビライザー)装着

一通り手が入り、毎日通勤使用していましたが、次なるターゲットの車を手に入れたため、エンスーの杜への掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆外観
――――
ボディカラーは、ダークグリーンパール、クリアも残っており、きれいな状態だと思います。全体を見ていくと所々にキズやエクボ、補修跡などが見られます。
以下にその内容を記します。
・左右ドアミラーのキズ、ひび割れ
・左フロントドアのエクボ
・左リヤドアのエクボ
・フロントバンパーのキズ
・左リヤクォータパネルのホイールアーチ部の補修
・リヤバンパーのキズ
リーフキャリアは現オーナーさんが装着しています。
リヤのウインドウガラス類はスモークフィルムを貼っています。
電動式ガラスサンルーフは可動します。
アルミホイールはBWA製に交換、タイヤは台湾製のマッドスタータイヤ、大きなブロックパターンのタイヤです。
スタッドレスタイヤ付き、純正アルミホイールがありますので付けて頂けます。

〓〓〓〓
◆内装
――――
ウッドと本革シートを使用した高級感あふれる室内です。
ドライバーズシートはメモリー付き電動式シートです。
シートヒーターも装備しています。
欧州車によく見られる天井の垂れはありませんでした。
オーディオはブルートゥース対応です。ラゲージルームのウーハーを装備しています。シフトコントロールレバーに経年によるひび割れがありました。
フロアコンソールに純正オプションのカップホルダーがありました。これは珍しいそうです。強度があまりないので丁寧に扱っているそうです。
ドッグネットを装備しています。
ラッゲージルームには折り畳み式のチャイルドシートが装備しています。

〓〓〓〓
◆機関
――――
2.3リッター4気筒ターボ付きエンジン、4速オートマチックの組み合わせです。
走行距離は10万キロを超えていますがエンジンオイル漏れもなく、すこぶる完調ですとお聞きしました。特にエンジンのオイル管理がしっかり行われていたようで、タペット音は小さく、静かなエンジンでした。
それとパワーをアップさせるため、社外品のターボアクチュエーターと交換しています。ボルボ940ターボSEと同等のブースト圧になります。元のターボアクチュエーターもありますのでお付けしますということでした。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
フロントサスペンションのショックアブソーバーとアッパーマウント、リヤサスペンションのショックアブソーバーを交換しています。
フロントにアンチスウェイバー(強化スタビライザー)装着しています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンスについて
―――――――――――
数枚記録簿がありましたのでその内容を以下に記します。
◆2000.9 車検 10,951km
・エアコンファンベルト交換
・左右フロントウインドウモールディング交換
◆2002.8 車検 17,551km
・エンジンオイルフィルター交換
・タイヤローテーション
・エアコンファンベルト張り調整
◆2004.9 車検 22,502km
・エンジンオイルフィルター交換
・エンマージェンシーライト交換
◆2006.8 車検 27,269km
・右フロントコーナーライト交換
・エンジンオイルフィルター交換
・センターコード交換
・リヤパッドスプリング交換
◆2008.8 車検 29,943km
・エアクリーナー交換
・エアコンガス充填
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・クーラント交換
・ブレーキフルード交換
・タイミングベルト交換
・テンションプーリー交換
・ファンベルト一式交換
◆2009.9 1年点検 31,410km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・スパークプラグ交換
◆2020.8 車検 96,444km

現オーナーさんは整備士のため、ご自身で行った整備については記録がありませんということでした。

ストックパーツがありますので付けて頂けます。
・コンビネーションメーター(ライトバルブなどを利用するため)
・ターボアクチュエーター
・O2センサー
・ディストリビューターローター
・IGコイル
・ODB切り換え用ハーネル
・ヘインズサービス&リペアマニュアル(英語版)
・故障診断マニュアル
・修正用ペイント
・スタッドレスタイヤ付きアルミホイール
・ダッシュパネル保護カバー

車は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 99万円
画像クリックで拡大出来ます
シンプルなフロントマスク
ガラスエリアが広いですね
角張っている方が新鮮です
ダークグリーンが似合います
すっきりしたサイドビュー
四角のテールライト
 
 
ライトレンズ類はきれいでした
ルーフキャリア
燃料タンクキャップ
フロントバンパーのキズ
左ドアミラーのキズ
右ドアミラーのひび割れ
左フロントドアのエクボ
左リヤドアのエクボ
左ホイールアーチ部の補修跡
リヤバンパーの塗装跡
リヤバンパーのキズ
左サイドシルアンダーボディ部
右サイドシルアンダーボディ部
BWA製アルミ+マッドスタータイヤ
インパネ全体
スイッチ類
コンビネーションメーター
センターコンソール
グローブボックス
フロアコンソール
フロントカップホルダー
リヤカップホルダー
ドライバーズシート
パッセンジャーシート
リヤシート
電動式ガラスサンルーフ
ペダル類
ドアトリム
エンジンルーム
右フロントアッパーマウント
左フロントアッパーマウント
アーシング
 
ターボアクチュエーター
 
エンジンオイルパン部
ATトランスミッション下部
ラッゲージルーム
ドッグネット、ウーハー、チャイルドシート
サスペンション部
リヤディファレンシャル部
ストックパーツ類


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る