エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ボルボ 240 GLE セダン 1993年式
車検 2020年11月 走行 167,071km 備考 4速AT 定員5名 ETC
長さ 4780mm 1710mm 高さ 1450mm 重量 1310kg 排気量 2316cc
取材日2019年10月5日

■ 概要

筆者の私事ですが・・・25年前にボルボのセダンに乗っており、ボンネットの上で大人二人が寝そべったり座ったり、かなり重低音の出るウーファーを載せてオーディオを鳴らしたりしても全く微動だにしなかったことなど・・・それだけボディの鉄板が厚く、剛性そのものも高かったことが240を目の前にして鮮やかに思い出されました。240はエンジンルームも6気筒が入るスペースに4気筒なので熱もこもりにくく、さらには整備性も良く、ポイントさえ押さえればランニングコストも軽く済ませられます。機関やシャーシに関してはかなり丈夫な作りなので走行距離を気にしなくてもいい車に思います。運転席に座らせていただくと・・・全長はあるのに見切りの良いボディと妙に切れ角のあるステアリングでとんでもなく取り回しがしやすいことを改めて感じました。FRらしく駆動と舵取りが別であることを純粋に感じられる車です。

この車両は240の最終年式でハイカムエンジン。この時代のハイカムの為アイドリングでやや不安定ですが、回すと粒が揃うエンジンです。アクセルはやや重めですが、そこはラフなアクセルワークにならないようスロットルバルブにダブルにスプリングを掛けてあえて重くしてあります。雪道や氷上を走る北欧ならではの配慮です。さらには万が一タイミングベルトが切れてもエンジンにダメージのない設計となっており、ミッションは安心のアイシン製。ボルボは頑丈というイメージはまさにこの240から始まったように思います。

またこの年式の240はエアコンシステムが改良され、ガスを補充してやればしっかりと効きます。クラシックな装いのボルボを日常使いするには最適な一台ではないでしょうか。

ガレージ保管で塗装状態、下回りの綺麗さからも大切に乗られていることがよく分かります。ガレージ整理でのご出品です。

■ ボディ

・所々にクリア剥げが見られます。
・ルーフの繋ぎの返しに錆など全く見られませんでした。
・フロントウインドーに軽微の飛び石跡あり。
・バンパーに擦りキズあり。
・細かなキズなど散見される。
・トランクルーム内の水や埃が溜まりやすい部分は綺麗です。
・躯体がしっかりしている事が感じられる車両です。
・THULEのベースキャリア。
・ドアバイザー装備。

■ インテリア

・運転席は年式より綺麗な状態です。
・運転席側ドアポケットに割れあり。
・ドアノブインナーハンドルに割れあり。
・センターコンソールに割れあり。
・グローブボックス・ノブに割れあり。
・ダッシュボードは綺麗な状態です。
・天井垂れなし。
・電動アンテナ不動。
・現状クーラーが弱い。

■ エンジン

・240最終型ハイカムエンジン。

■ シャーシ

・4速AT(安心のアイシン製)

■ 足回り

・タイヤサイズ 185/70R14(2018年11月交換)
・オーセンティックな黒のスチールホイール。

■ 整備記録(主な整備のみ箇条書きにて。)
  オイル交換などは適時交換

・2011年7月(107724km)
フロントブレーキパッド交換
フロントブレーキディスク交換

・2012年2月(121909km)
マスターバッグ交換
負圧ホース交換
ホースクランプ交換

・2012年7月(130519km)
エアコンコンプレッサー交換
ガス補充
フロントブレーキパッド交換
リヤブレーキパッド交換
リヤブレーキローター交換
LLC交換

・2012年9月(132471km)
車検整備
ハイテンションコード交換
ハイテンションセンターコード交換
発煙筒交換

・2013年3月(136183km)
アンテナロッド交換

・2013年7月(138513km)
メーター修理

・2014年7月(145042km)
フューエルポンプ・ヒューズホルダー修理
エアコンプレッシャーセンサー交換

・2014年11月
フューエルポンプ交換
フューエルフィルター交換
ポンプリレー交換
ガスケット交換

・2015年4月(147100km)
メーター修理
マスターバッグ交換
ブレーキサーボ交換
ラジエーター交換
ラジエーターホース交換
LLC交換

・2016年11月(151567km)
車検整備
ブレーキオイル交換
タイミングベルト交換
クランクダンパープーリー交換
クーラントポンプ交換
フロントショックアブソーバーベアリング交換
ヘッドランプレンズ脱着
バルブカバーガスケット交換
オートマチックギアボックスオイルパン脱着

・2017年9月(156978km)
点検整備
スターターモーター交換
イグニッションスイッチコンタクト交換
スタータースイッチ交換
スタートインヒビターコンタクト交換
インテークマニホールドエレクトニック・スロットルモジュール点検
バッテリー交換

・2018年11月(163045km)
車検整備
エンジンオイル交換
オイルエレメント交換
ドレンパッキン交換
スロットルバルブ清掃
ブレーキオイル交換
ステンメッシュブレーキホース交換
ブレーキプロポーショニングバルブ脱着洗浄
ラジエーターキャップ交換
LLC交換
ドライブシャフトオイルシール交換
デファレンシャルオイル交換
デフミッドシール
フロントショックアッパーマウント交換
ロアボールジョイント交換
バッテリー交換
ヒーターバルブ交換
マフラーキット交換
テールランプ交換
テールバルブ交換
タイヤ交換

メンテナンスのために定期的に乗られます。若干距離が延びることがあります。
ガレージ整理の為のご出品です。
車両は大阪府にあります。

車両代金のほか、自動車税51,700円の月割り額、リサイクル料13,690
円を別途ご負担いただきます。
個人売買の為、消費税などかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
98万円
画像クリックで拡大出来ます
エッジの立ったボディ。 
一目でボルボと分かるグリル。 
シンプルで無駄のないデザイン。 
意外と短いホイールベース。 
クラシックな佇まい。 
水平基調で視認性の良いデザイン。 
左前バンパーにスレあり。 
レンズ類は綺麗な状態です。 
バンパーにチンスポイラー。 
右前バンパーにスレあり。 
今は希少なコーナーポール。 
細かなスレあり。 
ボンネットにクリア剥げあり。 
ワイパーの状態。 
ルーフにクリア剥げあり。 
錆の出やすいルーフの繋ぎ部分は綺麗な状態です。 
ドアバイザー装備。 
ドアハンドルの状態。 
フューエルリッド周りも錆などありません。 
下回りの樹脂に白化が見られます。 
 
 
 
 
レンズ類は綺麗な状態です。 
右後バンパーにスレあり。 
 
 
 
 
年式より綺麗なインテリア。 
靴の擦れた跡などほとんどありません。 
 
 
グローブをはめていても操作しやすいスイッチ類。 
アイシン製4速AT。 
 
 
運転席のスレは軽微です。 
助手席は綺麗な状態です。 
後席は使用感がありません。 
天井も綺麗です。 
質実剛健な構造。 
荷室の使い勝手の良さはさすがです。 
インシュレーターは綺麗な状態です。 
240最終型ハイカムエンジン。 
フロントはストラット。 
リヤはトレーディングアーム。 
下回りも綺麗です。 
マフラーの取り回し。 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 大阪
TEL/090-2599-4156(タナカ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
e@nyandaful.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが
報告されています。担当者より24時間以内に返信が無い場合は、
お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る