エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ジムニーシエラ ワイルドウインド(JB43W改) 2007年式
車検 2024年7月 走行 34,700km 備考 MT 1800cc 公認車検
長さ 343cm 179cm 高さ 182cm 重量 1110kg 排気量 1790cc
取材日2022年12月17日

――――――――――――――――――――――――――――
元F3000のエンジンメカニックによる
1800ccエンジンに改造した JB43W改ジムニー・シエラ。
――――――――――――――――――――――――――――

JB43Wジムニー・シエラといえば、一世代前のロングセラーモデル。
1998年にジムニーワイドとして発表され、2018年の4代目ジムニーが発表されるまで、実に20年近く生産されました。

普通の軽カテゴリーのジムニー(JB23)に比べて室内寸法は同じですがワイドトレッドなので、走行性能は軽自動車と比べるとぐっと安定してきます。

しかしエンジンは、1300cc M13A型エンジンが搭載されたものの、パワー不足なところが惜しまれてきました。
そこで、このジムニーシエラのワイドトレッドを活かすために、パワーアップさせたのが今回ご紹介するJB43W改ジムニー・シエラです。

なんといっても、元F3000のエンジンメカニックによるリビルドの1800ccエンジンへの換装が効いています。
組み上げ精度があがっている分、ノーマルエンジンよりむしろクオリティは上がっています。 

――――――――――――――――――――――――――――
1800ccエンジン換装で、88→124馬力。
リフトアップ、オーバーフェンダー装着で車検取得済
――――――――――――――――――――――――――――

静岡のジムニー専門店「ファイターエンジニアリング」によって、非力な1300cc M13A型エンジンから1800ccへ換装。

この1800ccのエンジンは、エリオM18A型の自然吸気エンジンですが、M13A型と全く同じサイズでジムニーシエラにピッタリ収まるそうです。

「クラフトマンタフエンジン」を手に入れて、88馬力から一気に124馬力に。

もともとが軽自動車ベースの軽量1060kgのボディを、トルクフルにロケットスターさせることが可能になりました。

――――――――――――――――――――――――――――
軽快、安定、そしてばつぐんの加速性能。
完璧なりビルドエンジン
――――――――――――――――――――――――――――

このエンジンは、リビルド(55,000km走行時)とは言え、

元F3000のエンジンメカニックによって
●「ピストン」「コンロッド」の重量合わせ、
●精密シリンダーホーニング、
●「ピストン+リング」「オイルシール類」「排気バルブ」等の
消耗パーツ全交換作業をしてありますから、ノーマル純正・普通のリビルト品よりかえって高いクオリティーを持ったエンジンといえます。

普通のジムニーでは助走をつけないと厳しい急な坂道もグイグイ登ります。
ジムニーではありえないトルクフルな加速が得られ、0発進でシフトアップしながら加速できます。

ジムニー専門店のスペシャルチューニングモデルとして、1800ccエンジン、リフトアップ、オーバーフェンダー装着後すべて車検を取得済です。

――――――――――――――――――――――――――――
ジムニーの持病とも言えるジャダー(シミー)現象も、
ランチョ製ステアリングダンパーで万全の対策済!
――――――――――――――――――――――――――――

時速55km〜60kmの間で、ジムニーの持病とも言えるジャダー(シミー)現象が、起こる時があります。

起こったとしても、ランチョ製ステアリングダンパーによって抑えていますので、軽い振動がくる程度で走行に支障をきたす程にはなりません。

さらに、安定したステアリングフィールにするために、工藤自動車ジャダーストップフルキットを組み込みハンドリングを向上させています。

――――――――――――――――――――――――――――
ジムニー・シエラなのに、高速、ロングドライブが快適。
遠隔地のアウトドアフィールドへ
――――――――――――――――――――――――――――

リフトアップには、ジムニーのチューニングパーツを手掛け定評あるモンスタースポーツ製リーディングアームとトレーリングアーム装着により高速走行も快適です。

モンスタースポーツのフロントラテラルロッドに使われているのはミネベア製ピロボール。

ミネベアといえば、MIL規格や航空機の3大市場である日・米・欧の主要航空機メーカー全ての認定を取得。
航空機レベルの耐久性、安全性、加工精度を誇るメーカーです。

そのおかげで、トラックの轍でもハンドルを取られることなく快適に走行でき、コーナーリング、高速性能といった走りを犠牲にすることなく、バランスの取れた安定した乗り心地を実現しています。

オーナー様も遠隔地のキャンプ地などアウトドアフィールドへのドライブも快適にこなしたい、とのこと。
ハイパワーエンジンとあいまって高速道路でのロングドライブも快適にこなします。

 

●車検に必要なラバーのオーバーフェンダーの装着が必要になります。(現在外した状態です)こちらも差し上げます。
●ご希望があれば、純正マフラー、純正スタビライザー、純正トレーリングアーム、純正リーディングアームも差し上げます。
●左フェンダーミラーの取り付け部に小さなヒビがあります。

――――――――――――――――――――――――――――
チューニングパーツ
カスタム部品
――――――――――――――――――――――――――――
 
●デルタフォース オーバルホイール 

●TOYO オープンカントリーRT
サイズ 235/70R16 2020年製

●フロントグリルカット 社外グリル装着

●エムブロテールレンズ

●モンスタースポーツ製 トレーリングアーム リーディングアーム 
フロントラテラルロッド ピロボール

●リヤ調整式ステンレスラテラルロッド 補正アップブラケットは75mm

●モーターファーム製 3インチリフトアップキット + 1インチアップステー リアラテラルロッド補正ステー

●4輪全てにワイドトレッドスペーサー50mm

●スタビ強化マウントブッシュ スタビ延長ブロック40mm

●サイドシルガード

●90mmワイドオーバーフェンダー

●「ファイアーエンジニアリング」 クラフトマンタフエンジン M13-M18にエンジン換装 (1800cc 55000km時 エンジンオーバーホール済)

●APIO 牽引フックリア ペダルセット スタビライザー悟空

●4輪全てにワイドトレッドスペーサー50mm

●工藤自動車 ジャダーストップフルキット

●ナビ ケンウッド MDV-S707

●スピーカー ケンウッド KFC-RS104

 

車は東京都にあります。
消費税はかかりませんがリサイクル料と月割りの自働車税のご負担お願いいたします。

【お問い合わせに際して】

このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。

エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり掲載車両は個人所有の物でありオーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。

なお個人間での取引となりますので冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
198万円→178万円
画像クリックで拡大出来ます
90mmワイドオーバーフェンダー 
 
 
精悍な社外グリル装着 
 
 
 
モンスタースポーツ製 トレーリングアーム リーディングアーム 
モーターファーム製 3インチリフトアップキット + 1インチアップステー 
 
 
デルタフォース オーバルホイール TOYOオープンカントリー 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
GReddy マフラー 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
M18にエンジン換装 
 
 
 
屋根にクリア塗装はがれ 
 
  
 
内装はノーマル 大きな汚れなし 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/080-6868-9898(カツヤマ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
katsu@redking.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る