エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ケーターハム スーパーセブン1700SS 1988年式
車検 2020年4月 走行 35,857miles 備考並行車、右ハンドル、レーシングスクリーン仕様、クラムシェルフェンダー、ケントエンジン(チューニング、フルOH済)、4速マニュアルミッション(フルOH済)、リジットアクスル、大型ラジエター、ヒーター付き、ポータブルナビ、ETC
長さ 3360mm 1590mm 高さ 1100mm 重量 590kg 排気量 1690cc
取材日2019年8月4日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆スーパーセブンについて
――――――――――――
スーパーセブンは他の車では味わうことができない走ることに徹した人馬一体の車です。車というより「走るおもちゃ」と言った方がいいかもしれませんが、その楽しさはロータスの時代から不変です。
フォーミラカーに近似していて、公道を走ることができ、現在も新車で購入できる車・・・そんな車は見渡してもありません。それだけ基本設計がしっかりしているということと設計陣の絶え間ない努力の積み重ねがあったからだと思います。
しかし、どこまで進化するのでしょうか、楽しみですね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、ケーターハム社のスーパーセブン、フォードのケントエンジンを搭載した1700SSです。
現オーナーさんは、若い頃にロータスセブン・シリーズ4(フルFRPボディ)を所有していましたが、仕事の都合で海外赴任、面倒が見られなくなり、売却したそうです。
数年後、トライアンフTR3と共に帰国(いいね!)、その後ミニなどを所有、しばらく英国車を楽しんで来られましたが、15年前にある出来事があり、この機会にセブンに乗らなくては後悔するかもと思い、購入に至ります。
それにしてもセブンを15年間所有するということは凄いことだと思います。
そして何より凄いのは、メンテナンスを全てオーナーさんがこなしてきたということです。
クラッチレリーズベアリング交換のため、エンジンも一度降ろしたことがあるそうです。
そんな長年連れそったセブンですが、次のステップに進むため、売却をされることになり、エンスーの杜への掲載となりました。

〓〓〓〓
◆外観
――――
全体がブリティッシュレーシンググリーン、センターにイエローのストライプが塗装してあります。ストライプの塗装は、オーナーさんご自身で行っています。
購入当初、付いていたのがサイクルフェンダーだったそうですが、今はクラムシェルに変更しています。
フロント部はレーシングスクリーンが装備、このレーシングスクリーンは少し凝っているところがあります。それはレーシングスクリーンの下部にスカートを設けています。これは前からの風が上に抜けるように細工しています。また、取付け部はステンレス製ワンオフで作成、剛性を図っています。
右リヤフェンダーの一部にクラックの跡が見られます。また、ダッシュパネルの一部に塗装の剥げがありました。左右のリヤフェンダーは過去に2回交換しています。
ヘッドライトは、シビエのハロゲンライトです。
サイドミラーは、レーステックのレーシングミラーです。
アルミホイールはフォーミラーワンの14インチ、フロントは6J、リヤは6.5Jです。
タイヤサイズは185/60R14です。昨年新品交換しています。
スペアタイヤはありません。

現在レーシングスクリーン仕様ですが、フロントスクリーン、ワイパーアーム&ブレードはありますのでノーマルに戻すことができます。

〓〓〓〓
◆内装
――――
メーターパネル、スイッチ類はノーマルです。
本革シートはスライド式、シートベルトは4点式です。
ステアリングホイールはモモ製のバックスキン、クイックリリース付きです。
シフトノブは金属製です。
助手席シート下には、いざというときの消火器が付いています。
センタートンネルの場所にポータブルナビを装備しています。またETCも装備しています。
ヒーター付きです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
ケントエンジンはチューニングしてあるようですが、定かではありません。
オーナーさんの推測よりますと、ハイカム、ハイコンプピストン、ハイプレッシャーオイルポンプの装備、だそうです。オイルパンに凹みがありますが機関に問題はありません。
キャブレターはウェーバーΦ40のツインです。仕様はアウターベンチュリー 36、エマルジョンチューブ F16、エアージェット#200、メインジェット#150です。
エアクリーナーは、パイパークロスです。中古でK&Nを持っています。
トランスミッションは4速マニュアルです。
ディファレンシャルはローギヤ化、これも推測です。セブンで走行時メーター読みが100km/h、並走する車両の速度が80km/hだったため、ローギヤ化と思われるそうです。
燃料ホースはステンレスメッシュ、オイルキャッチタンク付きです。
エキゾーストマフラーは、シーチマンステンレス純正タイプが装備しています。
オルタネータは国産のDN製です。
燃料ポンプはファセット製電磁ポンプです。
ラジエターは積層コア増仕様、普通のラジエターに比べて厚みがあります。
ダッシュパネルには点火プラグのスタンドがありました。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
フロントサスペンションは、スタビライザー+アッパーアームを兼用したダブルウィッシュボーン式、リアサスペンションはA形アームでアクスルハウジング(ホーシング)の前後・左右の位置決めをするセンターAアーム式です。
ステアリングは、ラック&ピニオン式です。
ブレーキは、フロントがディスクブレーキ、リヤがドラムブレーキです。
シンプルな構造はロータス譲りですね。
ただし、ショックアブソーバーはリーダ製の減衰力調整、車高調整式です。

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
オーナーさんが覚えていらっしゃる内容を以下に記載します。
【2004年】
前オーナーさんがエンジンフルOH、トランスミッションフルOH、足回りOHを実施済(内容はわかりません)
【2005年】
現オーナーさんが購入(走行距離:9000マイル)
【2008年】
リヤショックアブソーバーOH(オイル漏れ修理)
【2009年】
・クラッチレリーズベアリング交換、オイルパン勘合面修正
・リヤフェンダー交換、ボディイエローライン塗装
【2010年】
クラッチワイヤー交換
【2011年】
ハブベアリング交換
【2012年】
・リヤAアームブッシュ交換
・ミッション樹脂ボール交換
【2013年】
・ラジエターOH、ドレン設置
・ペトロニクスフルトラキット装着、永井プラグコードに交換
【2014年】
・フロントスクリーン下ゴム交換
【2015年】
・リヤAアームブッシュ交換
・クラムシェルフェンダーに変更
・ブレーキ油圧スイッチ交換
・電磁ポンプに交換(ファセット製)、デスビローター交換
【2016年】
・イグニッションコイル交換
・アクセルケーブル交換
【2017年】
・リヤAアームブッシュ交換
・タイロッドエンド交換
・アライメント調整
・オルタネータ交換(リビルト品)
【2018年】
・ブレーキマスターシリンダーOH
・フロントブレーキキャリパーASSY交換
・リヤブレーキホイールシリンダーASSY交換
・ウォーターポンプ交換
・オルタネータベルト交換
【2019年】
・ステンレスメッシュフューエルホース交換

付属品がありますのでお付けします。
【付属品】
・フロントスクリーン
・サイドスクリーン(2タイプ有、合計4枚)
・幌
・幌骨
・トノカバー
・ワイパーアーム&ブレード
・ビキニトップ(ワンオフ、緊急雨対策用ビニール有)
・スペアタイヤ固定用ボルト
・ブレーキリザーバタンク×2
・ストーンガード(左右)
・エンジンオイルフィルター×2
・K&Nエアクリーナー×2


更新記事(2019.9.6)
掲載期間を9月末とします。これからが季節のセブン、コンディションよいセブン(オーナーさんは15年所有)はなかなか見つからないと思います。最後チャンスです。よろしくお願いいたします。

更新記事(2019.9.20)
掲載期間も残りわずかとなり、最後の値下げをしました。200万円を切るケーターハムスーパーセブンはありませんね。スーパーセブンの入門車である1700SS、ぜひこの機会に!!

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 SOLD OUT
画像クリックで拡大出来ます
ロータスカラーのボディ 
大きく張り出したリヤフェンダー 
クラシカルなクラムシェルフェンダー 
 
個人的にセブンを感じるアングルです 
 
60年代のF1を彷彿させるカラーリング 
レーシングスクリーン 
レーシングスクリーンのスカート 
ワンオフで作成したステンレス製のスタンド 
シビエのヘッドライト 
 
シンプルなテールライト 
 
クラムシェルフェンダーのリフレクター 
シーチマンステンレス製マフラー 
4点式ロールゲージ 
ダッシュパネル部の塗装のカスレ 
リヤフェンダー部のクラック 
コックピット 
センタートンネル部 
スイッチ類 
スピードメーター、タコメーター 
油圧計、水温計、燃料計 
ポータブルナビ 
本革シート 
4点式シートベルト
消火器設置
ABCペダル
エンジンルーム
 
カムカバー 
ウェーバーキャブ 
ヒーターユニット 
エンジンオイルパン部 
トランクルーム 
ベニア板を載せる部分を補修しています 
リヤの下回り 
センターAアーム部 
フロントサスペンションRH 
フロントサスペンションLH 
フォーミラーワンのアルミホイール 
サイドスクリーン、2セット 
トノカバー、サイドカーテン、ワイパー、エンジンオイルフィルター、スペアタイヤ取付けボルト 
ビキニトップ+応急用ビニール、幌骨 
幌 
K&Nエアクリーナー、ストーンガード 
フロントスクリーン 
ブレーキリザーバタンク(欠品のようです) 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る