エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ランドローバー レンジローバー ヴォーグ 4.4V8 2008年式
車検 2020年10月 走行 104,255km 備考 D車、右H、6速AT
長さ 4950mm 1955mm 高さ 1900mm 重量 2520kg 排気量 4393cc
取材日2019年12月4日

★ランドローバー レンジローバー ヴォーグ 4.4V8に関して
レンジローバーの3代目として2002年にデビューした。
ボディ、エンジンサイズの大型化が図られ、同時に内装がより豪奢なものとなった。当初はBMW製のエンジンが搭載されたが、2006年モデルからジャガー製に変更され、
2008年からは呼称を「レンジローバーヴォーグ(VOGUE/流行を意味する)」に変更された。

スポーツ・ツアラーSUVとして、クラッチレスでマニュアルシフト操作を愉しめる副変速機付6速オートマチック(コマンドシフト付)を装備。

乗り降りする時には車高を40mm下げることもできる自動車高調整機能付の前後エアサスペンションを採用し、は20インチ(9スポーク)のアロイホイールを装着。

空転するタイヤを制御するETC(4輪電子制御トラクションコントロール)、EBD(4チャンネル・電子制御ブレーキ・ディストリビューション)、EBA(エマージェンシー・ブレーキアシスト)、CBC(コーナーブレーキ・コントロール)、HDC(ヒルディセント・コントロール) を装備している。

インテリアは、7型ワイドVGAタッチ・スクリーンやBluetoothワイヤレス通信、ボイス・コントロールなど、最先端のテクノロジーを駆使した便利な機能を搭載。また、harman/kardon LOGIC7の710ワットのオーディオシステムを標準装備。

搭載される水冷V型8気筒DOHCエンジンは、4393ccの排気量から、最高出力306ps(225kW)/5750rpm、最大トルク44.9kg・m(440N・m)/4000rpmを発揮した。

◆当車について◆
D車、2016年10月に購入し、現在2オーナー目、取説・マニュアル関連あり、禁煙車、整備記録は現オーナー時のみあり、屋内ガレージ保管、事故歴・修復歴無し、カーナビ、ETC、スペアキー有り

※型式/ABA-LM44、原動機の型式/448PN、車台番号/SALLMAM538A268●●●
※購入時の鑑定書あり

◆エクステリア◆
ボディカラーはソリッドのシャウトン(Chawton)ホワイトで、塗装の状態は良好です。
オリジナルを保ちつつ、フロントグリルはスーパーチャージドに変更されています。

この年式では定番の、左フロントタイヤ周辺の死角をカバーするフロントミラーは、取り外して穴あき部分を埋め戻し、塗装処理してあります。

同時に法令に適合するように、左サイドミラー下部にCCDカメラが装着されており、ルームミラーでの2画面の切り替えにより、死角部分を確認することが出来ます。

ホイールは20インチ、タイヤはNEXSENで2016年23週製造の255/50R20が装着されています。
交換後の走行距離は約1万km程度で、5千kmの時点でローテーション済で6分山程度あります。

全体的に状態は良好ですが、敢えて言えば、右のリアホイールに傷が1箇所と、左のフロントドアに軽いエクボが1箇所あります。

◆インテリア◆
車内もオリジナルを踏襲しつつ、オーディオとウッドの間の隙間をオリジナルのアルミパーツで装飾されており、デザイン的には3rdレンジの最終形をイメージされています。

ステアリングは本革を購入し、自作でオリジナルのレザーの上に重ねて巻き直しがされていますが、綺麗に仕上がっており、違和感はありません。
なお重ねたレザーを取ればオリジナルに戻す事は可能です。

またステアリングスポークのゴム塗装にべたつきがあったとの事で、取り外して、研磨してサーフェイサーを吹いた後に、シルバーメタリック及びクリアーで塗装がされています(自作)

なおオリジナルのバックカメラは夜間全く見えない(3rdレンジは共通)ため、新たなバックカメラを購入し取り替えを行っています。

レザーシートは、ヒーターだけでなく、クーラー機能も付いており、シートの小さい穴(パイピング)から風が出る事により、夏場の背中等の汗かきを低減しています。

非常に丁寧に扱われており、全体的に状態は良好で、特筆すべき点はありません。

◆エンジン・整備関連◆
エンジンは軽いクランキングで掛かりアイドリングは静かで安定しており、フケ上がりも良好、エアサスの動作も問題ありません。

整備記録は現オーナー時のみとなりますが、下記が主たる内容です。

・ステアリングコラムロックのECUの故障により内部のチップを組み換え。
(アッセンブリー交換ではありませんが3rdレンジを代表する持病とも言える部分との事です)

・コンプレッサーを交換
(これも定番との事ですが、冷暖房ともとてもよく効くそうです)

なお気になる点として、エンジンスタート時にインパネにクーラントレベルの警告が出ています。
クーラントタンクのフロートが不良で交換しており、キャップやエクスパンションタンクも交換していますが表示が出たままになっています。
ただ実際には規定量が入っているため、何かのエラーではないかとの事です。

◆オーナーさんより一言◆
以前は2ndレンジを10年程乗っていましたが、車検を機にこの3rdレンジに乗り換えました。

2ndレンジと比べて、自分であまりいじれない所が残念ですが、非常に気に入っています。

子供達の成長に伴い、大勢で出掛ける機会が少なくなり、ダウンサイジングと趣味の車に乗り換えるべく売却する事にしました。

修理した項目は、8万km越えの車両の場合起こり得る症状で、かなりの出費でしたが終了しておりますので安心して乗って頂けると思います。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ◆
取材場所迄、オーナーさんのドライブで試乗させて頂きました。

エンジンをスタートさせる時の音は正にジャガー、乾いた野太い排気音が只者では無い事を感じさせます。
オーナーさん宅周辺は道が狭いので運転しにくいかと思いきや、着座位置が高いのと見切りの良いボクシーなスタイリングのお陰で難無く走れたのは意外でした。

走りは高級SUVの代名詞の如く、法定速度で走っている限りは全く静かで、乗り心地も最高でした。
とは言え、登り坂でアクセルを踏み込むと、306psのV8エンジンのうなり音が車内に響き渡ります。

最近では価格がこなれてきた3rdレンジですので、お探しの方はぜひご検討下さい。

◆お問い合わせに際して◆
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があります。
また全て裏づけを取って記述している訳ではないため、誤記等の可能性もあり、状態を保証するものではありません。

・状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。(メールでの価格交渉はご遠慮下さい)

◆現車確認に関して◆
・当車両は神奈川県にあります。

・車をご覧になる場合は「現車確認申込書」をメールにてお送りしますので、お申し込み頂き次第、日程調整をさせて頂きます。
(具体的な場所はお申込み頂いた方だけにお教え致します、なお携帯のメールアドレス以外でお願いします))

・個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、あくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・現車確認日はオーナーさんのお仕事の関係上、応相談でお願い致します。

◆購入される場合◆
・車両代金 
・自動車税(87,900円)を、購入月の翌月より3月までの未経過分の精算をお願いします。
・リサイクル料(24,350円)の全額負担をお願いします。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

 200万円
 
画像クリックで拡大出来ます
1 
2 ボディカラーはソリッドのシャウトン(Chawton)ホワイト
3 フロントグリルはスーパーチャージド用に交換
4 油圧で上下が可能
5 洗練されたスタイリング
6 
7 全体的に状態は良好
8 
9 ヘッドライトユニットの樹脂の曇りは殆ど無い
10 石はねは殆ど無い
11 フロントグリルの劣化は無い
12 
13 フロントウインドウ下部の樹脂は多少白濁化気味
14 サンルーフを装備
15 中央の突起物はルーフアンテナ
16 サイドステップは標準装備
17 サイドにはエンジンの熱気排出用のエアーアウトレットがある
18 
19 死角確認用のカメラ
20 
21 右サイドには傷やエクボは無い
22 左のフロントドアに軽いエクボがある
23 唯一ある右リアホイールの傷
24 リアゲートは上下分割して開く
25 樹脂類の光沢も良好
26 バックソナーを装備
27 フロント部分のみカバーで覆われている
28 右サイドからは中間パイプに僅かな錆がある程度
29 左サイドのアンダーパネル
30 サイレンサーには殆ど錆は無い
31 内張りの浮きや擦れは無い
32 ほぼオリジナルの状態が保たれている
33 革巻きしたステアリングの違和感はない
34 クーラントレベルのアラーム
35 オーディオとウッドの間の隙間をオリジナルのアルミパーツで装飾
36 シフトは6速AT、使用感が無く状態は良好
37 運転席は座面に多少の使用感がある程度
38 シートのセンターにはクーラー用の細かな穴がある
39 非常に綺麗な運転席のフロアマット
40 天井の汚れや垂れは無い
41 着座位置の高いシート
42 リアシート用のエアコンも装備
43 リアシートは分割可倒式トランクスルー機構付き
44 ゴルフバック4個は楽勝のカーゴルーム、ダンパーは問題無い
45 スペアタイヤはアルミ付きの同寸サイズ
46 ダンパーやインシュレーターは問題無い
47 初代の頃から比べるとシンプルになったエンジンルーム
48 意外とコンパクトなジャガー製V8エンジン
中央の再生ボタンをクリックするとこの車の動画がご覧になれます。


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080−4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る