エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ルノースポール・スピダー 1997年式
車検 2021年9月 走行 14,600km 備考複数オーナー/D車/左ハンドル/5速MT/ETC/ 定員2名
長さ 3780mm 1830mm 高さ 1220mm 重量 960kg 排気量 1990cc
取材日2019年9月22日

●ルノースポール・スピダーにつきまして●

ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが製造した初の市販車であり、強固なアルミスペースフレームとハニカム樹脂ボードで形成されたシャーシのコクピットのミッド シップにルノー・メガーヌ16Vの2,000ccDOHC16バルブ四気筒エンジンを横置きで搭載しており、まさにレーシングカーといった外観が特徴です。

元々は競技車両のロードゴーイングバージョンであったため、公道を走行するのに最低限必要な保安部品以外はエアコン・オーディオといった快適装備はもちろんABSやLSD、パワーステアリングやブレーキブースターといった現代において標準的な走行アシスト機能も備わらず、フロントスクリーンすらないソットバンのみという大変スパルタンな仕様でしたが、後に通常のフロントスクリー ンと固定式三角窓を装備したパラブリーズが加わりました。日本では1998年から1999年にかけて100台が輸入・正規販売されました

 

●今回ご紹介するお車につきまして●

イエローのボディカラーが存在感抜群の1997年式の正規輸入車です。

フロントスクリーン付のパラフリーズです。

オーナーさんは10年以上前に弊サイトを通じて個人売買で手に入れられました。

完全ガレージ保管で雨天未使用のため、外装、内装とも非常に綺麗な状態を維持されています。主に使用されるのはオーナーズクラブ主催のイベントのみでしたので、現在の走行距離も14,600kmほどです。

オーナーさんも大変気に入っており、つい先日車検を継続されたばかりですが、最近あまり乗る機会がなくなってきたため売却を検討されています。

 

●外装●

純正色のイエローの外装は鮮やかな光沢を保っております。完全屋内保管のため、フロントの飛び石痕以外は目立つキズやヘコミ等は確認できず、全体的に非常に綺麗な状態です。

もちろん事故や修復歴もございません。

 

●内装、電装関係●

内装もきれいに維持されています。

純正のレカロのシートは、綺麗な状態です。

ステアリングはMOMO製のものに交換されており、綺麗な状態です。

純正ステアリングも保管されているそうです。

ETCが追加されている以外はノーマルのままのエアコンもオーディオもないスパルタンな仕様です。

キルスイッチの調子がよくないため、お乗りにならない時はバッテリーのコネクタを外しているそうです。取材時には問題なく一発始動しておりました。

斜め後方に跳ね上がるドアは軽く開閉は簡単ですが、サイドシルが大変厚いため、乗り降りにはややコツがいるようです。

 

●機関、足回り等●

16Vの2,000ccDOHC16バルブ四気筒エンジンは好調を維持しております。

一発始動でアイドリングも安定しております。

オーナーさんが自らオーダーしたパナスポーツ製のワンオフのアルミホイールが バッチリ決まっています。

タイヤはBS製ポテンザが組み合わされ、走行距離が少ないためタイヤのヤマも 十分です。

ノーマルホイールとタイヤの組み合わせも保管しておりますのでご希望によりお譲りいたします。

マフラーは現在装着しているノーマルのものの他に触媒レスのルノースポール製 スピーダートロフィー(通称「スピトロ」)レース用のものもございますので、こち らもご希望によりお譲り致します。

 

●取材者私見●

低く構えたボディに斜めに跳ね上がるドアはまさに存在感抜群です。

その外観のデザインは全く古臭さを感じさせず、マクラーレンを彷彿させるようなまさにスポーツカーといいったルックスです。

色褪せが目立ちやすいイエローのボディカラーも屋内保管のため、20年が経過しているとは思えないほどきれいな状態を維持されていいます。

 

オーナーさんのご厚意により同乗走行させていただきました。

2リッターのエンジンは現代車と比べて決してハイパワーではありませんが、960キロの軽量ボディを強烈に加速させてくれました。

また驚いたのが乗り心地のよさです。この手の車とは思えないしなやなさでスポーティな中にもフランス車の乗り心地は健在でした。

また搭載されるダブルウィッシュボーンのサスペンションは、ピロボールでジョイントされるプッシュロッド式というフォーミュラマシンさながらの仕組みであり、フロントがそのままクイット向きを変えていくまさにF1カーのようなコーナリングを味わえます。

取材当日は秋晴れのオープンカー日和だったこともあり、至上の時間を過ごさせていただきました。

まさに究極の趣味車といった印象でした。

総生産台数がレースカーを含めて2000台程で、日本に正規輸入されたのが200台程度、現存している車体もごく僅かかと存じます。

歴代オーナーさんにより大切に扱われ、現在も外装、内装、機関ともに好調を維持されている貴重なお車です。車検も継続されたばかりでたっぷり残っていますので、このまま乗り出せます。お探しの方にはおすすめの1台です。

ぜひ大事にしていただける方に引き継いでいただき、今後も維持していっていただきたいお車です。

 

現車は東京都内にあります。

 

上記は取材者の私見に基づくところもございますので、ご購入に際しては必ず現車をご見学の上でご納得されてからご検討ください。

なお、オーナー様ご多忙のため、ご見学については購入検討の方のみに限らせていただきます。

コンディション維持のため、走行距離が多少増えることをご了承ください。

個人売買のため消費税はかかりませんが、リサイクル料金・自動車税月割分相当をご負担いただきます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
商談中
画像クリックで拡大出来ます
レーシングカーのようなフロントマスク 
コンパクトなリヤスタイル 
ボディカラーはイエロー 
 
斜め後ろ上方に開くドア 
 
レーシーなサイドシルエット 
 
フルオープンの状態 
 
 
 
軽く上がるドア 
純正レカロの状態も良好 
 
 
MOMOステアリング 
 
 
シフトは5MT 
 
 
 
 
エンジンフード裏 
2,000ccDOHC16バルブ四気筒エンジンを搭載 
フロントフード裏 
深さのあるフロントトランクルーム 脱着式のトレイは外しています。 
パナスポーツ製ワンオフホイール 
 
ヘッドライトレンズの状態も良好 
 
リヤレンズ類の状態も良好 
 
 
 
 
 
 
フロントの飛び石痕 
 
 
ドアキャッチ部も綺麗な状態 
 
下廻りの状態も良好  
 
専用オーダーのボディカバー、 社外マフラー 
トノカバー、専用幌 
 
マニュアル、メンテナンスブック等 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-8492-1168(イイダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
hiroiida@mvi.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る