エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ 928 S4 1991年式
車検 2023年8月 走行 286,172km 備考 ミツワ正規輸入車・車体番号 WPOZZZ92ZMS801174 ・型式 E-928 ・原動機の型式 M284 ・初年度登録平成3年11月 ・左ハンドル ・4速AT ・2オーナー車 ・ノーマル車 ・レストア履歴無し
長さ 451cm 184cm 高さ 133cm 重量 1630kg 排気量 4950cc
取材日2022年11月8日

「あのデザイン革命から早40年・・・自動車史を変えたネオ・クラシックを今日乗りこなすのはクール以外何物でも無い事・・・!17年間連れ添い、オーナー様との意気投合感が素晴らしい熟成期91年式928 S4は、次の進化が楽しみな一台・・・!」

 

今となっては考えられませんが、ポルシェ928は、911に取って代わるはずだったクルマです・・・。これを読まれる諸賢の方々には周知の事ですが、幸いにもそれは実現しませんでした・・・。
今日仮に・・・、象徴的存在にまで進化したポルシェ911を、「フロントにV8エンジンを搭載したグランドツアラーに置き換える・・・」という考えを、声に出して言えばどうなるだろうか・・・と悪戯に思うところですが、70年代後半に、まさにそれが計画され実行されたのです・・・!

1960年代後半までに、ポルシェは高性能スポーツカーのメーカーとしての地位を確立していましたが、1970年代のオイルショックの影響を受けた911シリーズ販売不振は、ポルシェの経営を震撼させ、オーナーのフェルディナンド・ポルシェ氏を含む経営陣は、当時のフラッグシップモデルである911のポテンシャルが限界に達しているという懸念から、会社の将来は「飛び抜けたスポーツカー」ではなく、「グランドツーリングカー」にあると結論付け、急速に進む1980年代を生き抜くための先駆的なフラッグシップモデルとして、革新的デザインと最高峰の技術を詰め込み、グランドツアラーである928を開発しました・・・。

ボディは、アナトール・ラピーヌの指導の下、ウォルフガング・メビウスがデザインしたもので、メインは亜鉛メッキ鋼板製ですが、ドア、フロントウイング、フロントフェンダー、ボンネットは軽量化のためアルミ製で構成されます・・・。
911には存在しなかったラゲッジスペースも大きく確保・・・、大きく開くハッチバックからのアクセス可能としました・・・。またスチール製バンパーがまだ当たり前の時代に、当時目を見張った新開発のポリウレタン製弾性バンパーは、ノーズとテールに美しく組み込まれ、ボディと同色で塗装され、見た目の美しさと空気抵抗の低減に大きく貢献・・・。加えて最も特徴的な、ポップアップ式ヘッドランプがフロントウイングに組み込まれましたが、これはランボルギーニ・ミウラの機構をベースに考案された物だったのです・・・。

928はまた、計器類の視認性を最大限に確保するため、メータークラスター全体が、調整可能なステアリング・ホイールとともに移動するという世界初の技術を取り入れ、他にも、旋回中のブレーキング時の安定性を高める為、機械的パッシブに後輪操舵を2度行う、世界初後輪操舵システム「ヴァイザッハ・アクスル」や、軽量化と高い耐久性を実現した新設計全合金製M28型V8エンジンを搭載するなど、非常に高い技術と革新的アイデアの結晶として生み出されました・・・。

911に取って代わる為の初めての水冷V8エンジンの開発・・・。持てる技術を惜しげもなく投入して開発された“全合金製M28型V8エンジン”は、複数の特異な特徴を持っています・・・。ボア間隔が122mmもあるのは、厚いアルミ製のシリンダーバレルを使い、鋼鉄製のライナーを用いない事で成り立ちます・・・。その為ウォータージャケットは非常に大きく、これはポルシェがこのエンジンをレースでも使用することを想定していたと言われており、さらにボンネット・ラインを低く保ち、空気抵抗を減らす目的から、エンジンはエアフローを優先して設計されており、スパークプラグはヘッド上部に配置され、ベアリング自体は、大型のロアブロック一体構造で支持され、この部分にアルミ鋳造のオイルパンがボルトで固定されるという、ユニークなアイデア満載のものでした・・・。

これら928にかけるポルシェの設計と開発の努力は、ヨーロッパ主要メーカーのハッチバック、セダン、サルーン・カーが主流のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、BMW 7シリーズなどの高級セダンを抑えて1978年にグランプリアワードを獲得します・・・。実はこのアワードで、グランドツアラーがグランプリを獲得したのは、後にも先にもポルシェ928だけ・・・!この事実は、如何にポルシェ928が先進的・革新的であったかを証明するものです・・・。

メーカーの維新をかけて開発されたポルシェ928は、あまりにも高額な販売価格ゆえ、販売台数においては“大ヒット作”とはならないまでも、ここまでのポルシェの作り込みとデザイン的革新は、全世界で熱狂的なファンを獲得するのに十分なものでした・・・!

その後18年間にわたり1995年まで生産されたポルシェ928・・・。あれから40年近く経った今日、後世の自動車デザインに大きく影響を与えた名車として・・・今、新たにネオ・クラシックとして世界中の注目を集める存在にまで昇華したのです・・・。

 

 

 

「17年間にわたる928との蜜月は、“クルマと人との絶妙な関係性”を生み出した・・・。愛情たっぷりに接してこられたオーナー様と91年式ポルシェ928 S4・・・。」

 

こうして日々希少なクルマを取材〜執筆活動していますと、不思議に思うことが多々あります・・・。
様々な事情から手放す事を決意された筈なのに・・・、インタビューしていると我が子の事の様に目をキラキラ輝かせて、手放す雰囲気など全く無く、笑顔満面に愛車自慢頂くオーナー様達・・・。
貴重な個体を元気に走らせる為、走行中は音楽など皆無・・・。車の発する聞き慣れない異音に耳をすまし不具合を神業的に事前に察知・・・。国内にパーツがなければ、ネットを駆使して海外までパーツを収集・・・。ご自身で可能な限り手を入れるも、対応出来ない部分はメカニックに依頼・・・。そのメカニックに預けている間は、我慢の日々を悶々としてやり過ごす・・・。そんな苦労の連続で長年我が子の様に大切にされ、今まさに絶好調の段階で手放すことを決意される・・・。
今回の928に並々ならぬ愛情を注いでこられたオーナー様も、まさにこの様なエンスージアスト様でいらっしゃいます・・・。

91年式の特徴としては・・・1シリンダーあたり4バルブを備えたS4としての最終型・・・。エアインテークを備えた丸みのあるフロントエプロンが印象的かつワイドになったテールライト・・・、そしてボディから分離された大型リアスポイラーが、見る者の視線を引きつけ、さらにM28型エンジンが5.0リッターDOHCと進化・・・、最高出力320PSを誇った熟成期のモデルです・・・。

「サーキットの狼」世代のオーナー様・・・。劇中に登場したポルシェ928に少年時代の心を奪われ「いつかは必ず・・・」と誓われたとお話しして下さいました・・・。その後2005年に大病されたことがきっかけとなり、“後悔しない人生を・・・”との気持ちで探しに探し、エンジンの吹け上がりがダントツに良かったこの91年式ポルシェ928を、とあるポルシェ専門店から購入されます・・・。

それから17年間・・・。近距離〜遠距離ドライブはもちろんながら、ある時期には往復150kmの高速道路を利用した通勤にも使用・・・、現在までに28万キロを走破されてこられましたが、それはポルシェ928のクルマとしてのクオリティを存分に味わう事ができる“大変羨ましい乗り方”でおられ、コレクションとして飾っているだけでは絶対に感じられない、分からない部分であり、ともすれば「故障すれば大変・・・」と普通は考える部分をものともせず・・・!消耗部品をことごとく交換しながら928と向き合い、独特の感性をクルマと共に磨いてこられた・・・と感じ、その姿勢に敬服するほど深いメッセージを頂く取材をさせて頂いたのです・・・!

 

 

 

「何もせずに乗っていられるクルマではありません・・・消耗品を交換し、耳を傾けじっくり乗っていると・・・クルマが具合の悪いところを教えてくれる・・・そんな感覚があります・・・。」

 

まめなオイル交換、ブレーキパッド交換、そしてATF交換などはご自身でなされるオーナー様・・・17年間で信頼できる各地の専門店と良好な関係を築いてこられた事を、過去の修理履歴・整備記録など数十枚に及ぶ整備の記録と共に語って頂きました・・・。

夏場のエアコンを良く効かせる為に、ヒーターバルブの温水を強制的に遮断するデバイスをご自身で工夫して装着されたり、時折補充が必要なACガスを補充しやすいようにエクステンションパイプをエンジンルームに設けたり、雪のシーズンは乗らない為、バッテリーのカットオフスイッチを設けたりと、より快適に乗れる為の工夫も随所に見られます・・・。

取材中大変印象に残ったお言葉が・・・「何もせずに乗っていられるクルマではありません・・・消耗品を交換し、耳を傾けじっくり乗っていると・・・クルマが悪いところを教えてくれる感覚がだんだん芽生えてきました・・・。928は車としてのクオリティが本当に素晴らしい・・・!クルマは飾って置くものではないので、その様な向き合い方をしていると、この様な走行距離にまでなりました・・・。」とおっしゃった事です・・・。

またはっきりと「海外のサプライヤー含めてパーツの心配は一切ありません・・・」とおっしゃって頂いたのも、深い向き合い方をなさってこられたからこそ発せられる一言と感じた次第です・・・。

17年間で数十枚におよぶ整備の記録と修理の記録の数々・・・。車を気持ちよく走らせたいお気持ちから、アライメント調整を頻繁になさっておられるのが印象的でした・・・。
消耗品類の妥協なき交換とこの様な車との向き合い方の恩恵で現在調子は絶好調との事・・・。
一切の妥協なく乗ってこられた証として外観に飛石痕は散見され、写真でご覧頂けるようにフォグランプにも飛石によるクラックが見られますが、それら直そうとすればいつでも直せる部分がこの個体の「味わい」に見える程、十分に知り得た個体は、オーナー様のお心を反映し非常に魅力的に映った次第です・・・。

消耗品交換の数十枚に及ぶ記録は、是非実写見学時にご確認ください・・・。
尚、内装写真に写る、CDチェンジャーとナビゲーションは取り外してお渡しいたします事、夏タイヤは付属しない事ご了承ください。

 

 

 

「1991年式ポルシェ928 S4 取材後書き・・・」

 

取材場所は高速サービスエリアの隣接した公園・・・紅葉が見事な公園を一歩出ると、そこはクルマ好きなら皆心躍る適度なアップダウンを含む峠道でした・・・。動画のカメラを片手に助手席に・・・オーナー様のドライブで928のドライブを取材時に堪能させて頂く事ができたのです・・・。

アウトバーンを疾走する928のイメージは容易に想像するも、タイトなコーナーが続く、日本ならではの峠道をオーナー様のポルシェ928は、マッシブなイメージを一切感じる事なく、まさにヒラリ・・・ヒラリと素晴らしい身のこなしで進みます・・・!
「928のV8エンジンはフラットな特性・・・アクセルペダルの真裏にエンジンがある感覚で、コントロールが実に楽しい・・・!」とはドライブ中のオーナー様の歓喜のお言葉・・・!17年間夢中で向き合われた真意を汲み取らせて頂きました・・・。

「あのデザイン革命から早40年・・・自動車史を変えたネオ・クラシックを今日乗りこなすのはクール以外何物でも無い事・・・!17年間連れ添い、オーナー様との意気投合感が素晴らしい熟成期91年式928 S4は、次の進化が楽しみな一台・・・!」

今日世界中が注目するネオ・クラシックとして昇華したかつてのポルシェ928のイメージ・・・、あのデザイン革命から40年近く経過した今、ポルシェ928 S4はかつてないほど美しく、現代のほとんどのクルマの存在を凌駕する存在です・・・。

愛情いっぱいに注がれた個体・・・。驚愕のメンテナンスリスト・・・。
オーナー様の向き合い方に共感できる素敵な見学に長野県まで是非お越し下さい。

 

この「1991年式 ポルシェ 928 S4」は現在、長野県にあります。

本車両は、個人様からの出品依頼ですので、消費税や諸費用等はかかりませんが、自動車税月割計算並びにリサイクル預託金精算が別途必要となります。
搬出並びに陸送等は購入者様の方でご手配をお願いいたしますが、筆者の業務でも、クラシックカー輸送業務を取り行っております。ご希望がありましたら是非ご相談ください。

【お問い合わせに際して・・・】
このページの車両は、車の個人売買情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナー様のご依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

過去の整備記録や修理歴など含めて現オーナー様から詳細ヒアリングを実施、事故歴の有無含めて取材しております。大きな事故歴があった場合、また現オーナー様の所有歴が極端に短く詳細がわからない場合は取材をお断りし、購入されるお客様に可能な限り安心をお届けする工夫を実施しております。

本記事内容は、2022年11月8日11時より、晴天下の元約3時間の取材時間の中で、オーナー様へのインタビューと、助手席試乗体験したものを元に執筆作成したものです。かぎられた時間での確認につき、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があります、また執筆内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。 状態等のコメントも、あくまで取材時の天候、状況及び、筆者の主観によるものという事ご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで「購入を前提」として検討されているお客様のみとさせて頂きます。

何卒宜しくご検討下さい。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
340万円
画像クリックで拡大出来ます
1991年式 ポルシェ 928 S4 フル・ノーマル車 
車検は令和5年8月まで 走行286172km 取材時表示 
車体番号 WPOZZZ92ZMS801174 ・型式 E-928 ・原動機の型式 M284 
初年度登録平成3年11月 ・左ハンドル ・4速AT ・2オーナー車 ・レストア履歴無し 
あのデザイン革命から早40年・・・自動車史を変えたネオ・クラシックを今日乗りこなすのはクール以外何物でも無い! 
17年間連れ添い、オーナー様との意気投合感が素晴らしい熟成期91年式928 S4 
次の進化が楽しみな一台・・・! 
メインは亜鉛メッキ鋼板製、ドア、フロントウイング、フロントフェンダー、ボンネットは軽量化のためアルミ製 
フロントスポイラー・リアの分離型大型スポイラーがS4の外観的特徴 
17年間向き合われた個体、立ち姿も素晴らしい 
大型化されたリアのコンビネーションランプもS4の外観的特徴 
唯一無二とも言えるリア・クオーターエンドビュー 
グランドツアラーである意義、リアハッチからは911に存在しなかったラゲッジルームが存在する 
リア・古ンビネーションランプは綺麗な状態 
フロント・ウインカーレンズは白濁が見られる 
乗ってこられた証・・・ロックチップは散見されるもいつでも直せる部分 
ウインドウシールドは綺麗な状態 
ルーフの状態、ボディ全体に大きな傷、凹みは無い 
リアにかけての空気の流れが見えるような意匠が928の特徴 
大きく擦った痕跡は見られない、ロックチップは散見される 
飛石によるフォグランプカバーの割れあり 
乗ってこられた証とも言えるフロント衝撃吸収ウレタン・バンパーの様子 
ポルシェはなぜか飛石が多い・・・フロントフェンダーの乗ってきた証 
フューエルリッド右隅に少々錆痕あり 
オリジナルホイールは現在スタッドレスを履く、夏タイヤはご用意ください 
オリジナル・ホイールはガリ傷無く綺麗な状態 
非常に凝ったサスペンション造形が見られるリア下回り 
消耗品はことごとく交換されてこられ、手が入っていることが伺える下回りの印象 
使い込んだ味わいがあるステアリングホイールと包み込む様なインターフェイス類 
メータークラスターがステアリングのチルト機構と共に動く・・・ 
手が触れる部分も破損などなし、クルーズコントロール、タイヤプレッシャーセンサーなど全て正常作動 
全機能正常作動、CDチェンジャーとナビゲーションは取り外してお渡しします 
スラントしたセンターコンソールが包み込むイメージ 
パーキングブレーキの位置に特別感を感じ大いに憧れた時がありました 
先鋭的外観のデザインと相まって想像された宇宙船的イメージは非常に斬新だった 
とても大切に乗り降り去れるオーナー様、サイドサポートの皺も少ないイメージ 
シートの座り心地は健在・・・さすが純正レカロ製と頷く部分 
ナビシートは素晴らしく残る・・・とても良い状態 
911のものとは異なる928のシートデザイン 
リアシートは使用感無し、スピーカーが多数点在するのもグランドツアラーの証 
ラゲッジルームカバーがしっかり残るのも素晴らしい 
17年間向き合われたエンジンルーム・・・信頼感があるのが素晴らしい 
現在不具合なし、こまめにメンテナンスされ乗ってこられた証 
M284型32V V8エンジンは320PSを発生 
エアコンガス封入が容易な様にバルブをエクステンションしてある 
こちらがヒーターバルブをコントロールできるバルブ開閉コード 
知り尽くし、乗りこなされた91年式熟成期のポルシェ928  
ラゲッジルームカバーもしっかり残る 
オリジナル工具類とエマージェンシータイヤのエア・コンプレッサーも確り残る 
走行距離数が自慢になる一台です 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/070-6566-0829(ホリカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
kazuma_horikawa@icloud.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る