エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェボクスター(987型) 2007年式

車検 2024年3月

走行 170,617km 備考 ディーラー車、2.7Lエンジン、5速ティプトロニック、HDDナビゲーション、ETC
長さ 443cm 180cm 高さ 129cm 重量 1400kg 排気量 2680cc
取材日2022年11月3日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ポルシェボクスター(987型)について
―――――――――――――――――――
2004年の秋にパリサロンで発表させた第二世代のボクスター(987型)、911(997型)と並行して開発されました。シャシーは986型と同じです。ヘッドライトは涙目型ではなく、楕円形に変更されます。

フルモデルチェンジによりボディ剛性や足回り、内外装、全てにおいて先代986型よりグレードアップ、2005年に発売されたケイマンのベースとなっています。

電動ソフトトップの開閉は、50km/hまでなら走行中でも電動ソフトトップの開閉が行えるようになりました。(ただしロック操作は依然として手動)。
トランスミッションは、ボクスターSが6速MT、ボクスターが5速MT、ティプトロの5速ATです。

2007年モデルより可変バルブシステムと可変バルブリフトシステムを一体化したバリオカムプラスに進化します。エンジンの馬力も2.7Lは245馬力に、またボクスターSはケイマンSと同じ3.4L、295馬力エンジンを搭載します。

2008年モデルより2.7Lから排気量アップした255馬力の2.9Lと、ダイレクトフューエルインジェクション採用により310馬力へと出力アップした3.4L 水平対向6気筒ユニットが用意されます。6速マニュアルと、デュアルクラッチトランスミッション、ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)が組み合わされました。

2012年、3代目となる981型ボクスターが発表され、987型は後継に席を譲ります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は2007年モデルのポルシェボクスター(987型)、5速ティプトロニックです。
現オーナーさんは3年前に個人売買で購入します。
ポルシェは以前996型を所有していたそうですが、気が付くと残ったのがボクスターだったそうです。クーペよりボクスターの方が自分に合っているとお話がありました。
実はボグスターの他にポルシェ914を持っていらっしゃいます。
どうみても2シーターのオープンスポーツカーが好きなんだろうなと思います。
今回、車庫整理のため、エンスーの杜への掲載となりました。
ポルシェ914はパーツの杜へ出品予定です。
しばらくしましたらチェックをお願いします。

〓〓〓〓
◆外観
――――
ボディの状態は年式相応と思いました。
フロントバンパーは経年劣化による塗装のひび割れ、クリアの剥がれ、飛び石のキズなどが見られます。
右側サイドシルと右側ドアミラーには擦りキズ、右リヤフェンダーには凹みがあります。
幌にはキズが見られました。
幌の開閉はできるのですが、手で補助しないとできません。見る限り、幌のリンクが外れている個所があり、それが原因と思われます。
フロントガラスに小キズがありました。ヘッドライトレンズは多少のクスミが見られます。
リヤバンパー設置のバックカメラが外れかかっていました。カメラの機能は使用できないそうです。
アルミホイールはガリ傷がありました。タイヤメーカーはダヴァンティ、サイズはフロントが205/55R17、リヤが235/50R17です。

〓〓〓〓
◆内装
――――
ベージュの内装は、ラグジュアリーな感じを受けます。
本革仕様の内装、シートのセンター生地はアルカンターラです。
センターコンソールにはHDDのナビゲーションが装備されています。
内装パーツは物により塗装の剥がれが見られました。
エアコンスイッチ類は塗装の剥がれがあり、エアコンの液晶パネルにドットの欠けが見られました。

〓〓〓〓
◆機関
――――
走行距離は多いですが、機関の調子はいいようです。
特に不具合はありません。
◆エンジン仕様
・種類:水平対向6気筒24バルブ
・総排気量:2687cc
・最高出力:245ps(180kW)/6500rpm
・最大トルク:27.8kg・m(273N・m)/4600〜6000rpm
※トランスミッションは5速ティプトロニックです。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
足回りはノーマルです。
特に不具合はありません。
◆足回り仕様
・ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):マクファーソンストラット
・サスペンション形式(後):マクファーソンストラット
・ブレーキ形式:ベンチレーテッドディスク

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンスについて
―――――――――――
以下の整備記録が残っていましたのでご紹介します。
◆2007.7 一般整備 5,152km
・SRS警告点灯、フォルトメモリー消去
◆2007.8 一般整備 6,127km
・左右バニティミラー交換
◆2008.2 1年点検 11,191km
・A/Cフィルター交換
・フロントワイパーブレード交換
◆2009.1 1年点検 18,279km
・ブレーキオイル交換
・バッテリー液補充
・左ストップライトバルブ交換
・左ストップライトバルブ交換
◆2009.7 一般整備 21,056km
・水温センサー交換
◆2010.1 車検 21,990km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・ブレーキフルード交換
・A/Cフィルター交換
・フロントワイパーブレード交換
・フロントブレーキパッド交換
・フロントブレーキディスク交換
・バッテリー交換
・発煙筒交換
◆2012.11 1年点検 38,415km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・フロントワイパーブレード交換
◆2013.11 車検 60,749km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・ブレーキフルード交換
・フロントワイパーブレード交換
・エアクリーナーフィルター交換
・A/Cフィルター交換
・ドライブベルト交換
・ローラー一式
・スパークプラグ交換
◆2017.11 車検 122,577km
・エンジンオイル交換
・ブレーキフルード交換
・フロントブレーキパッド交換

※14万キロ走行時にウォーターポンプを交換しています。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 140万円
画像クリックで拡大出来ます
ボクスターのフロントフェイス 
ボクスターとわかるリヤビュー 
 
 
サイドスタイル 
ミッドシップレイアウトのリヤビュー 
 
 
幌クローズ時のフロントサイドビュー 
 
幌クローズ時のサイドビュー 
幌クローズ時のリヤサイドビュー 
 
 
前後のアンダーボディ部 
擦りキズ、凹み 
幌の擦れ、フロントバンパーのひび割れ 
ヘッドライト 
 
テールライト 
 
左サイドシルアンダーボディ部 
右サイドシルアンダーボディ部 
純正アルミホイール 
コックピット 
 
コンビネーションメーター 
センターコンソール部 
 
フロアコンソール部 
エアコンスイッチ部 
助手席カップホルダー 
ドライバースシート 
パッセンジャーシート 
 
 
右ドア内張り 
左ドア内張り 
ペダル類 
幌の内側 
ロールバー部 
幌の左リンク部 
幌の右リンク部(左と比べるとリンクが外れています) 
フロントラゲージルーム 
ジャッキ、タイヤエアコンプレッサー 
リヤラゲージルーム 
エンジン下部(左側) 
エンジン下部(右側) 
各サスペンション部 
取説書、整備手帳など 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る