エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ポルシェ912 1965年式
車検 2020年4月 走行 不明 備考 国内登録昭和40年 右ハンドル
長さ 4160mm 1610mm 高さ 1320mm 重量 940kg 排気量 1580cc
取材日2019年11月15日

ポルシェが356Cから、911にモデルチェンジした際に生まれたのがこの912です。

911になったことで販売価格が上がったため、911のボディに356Cのエンジンを搭載し、価格を抑えたモデルとして登場しました。

生産台数3万台ほどで、日本での正規販売は100台と言われています。

この912は、おそらく正規モデルの車両だと思われます。

右ハンドルで国内登録が昭和40年になっており、型式も912となっています。

詳細を知りたい方は、車台番号やエンジン番号の写真もありますので、ご連絡をください。

オーナーさんが行きつけのショップの倉庫に眠っていたというこの912.

オーナーさんが気に入り、譲り受けました。ホコリをかぶっており、内装の痛みもありましたが、ベースは良さそうだったので、購入をしました。

購入後、

・ダッシュボード張替
・シート革で張替
・エンジン調整
・タイヤ交換

を行いました。

オーナーさんの見立て通り、エンジンも多少の修理で、現在のような良好なコンディションに復活しました。

ボディはホワイトです。
塗装時期は不明ですが、元色からホワイトだったと思われます。

大きな傷、目立つようなヘコミ、錆はありません。全体的に光沢もあり、そのまま乗ることが出来ます。

メッキ部分に錆が少々ありますが、これも気にならない範疇だと思います。

ウインカーなども、色あせの具合から、当時物と思われます。
ウインカーやメッキパーツを全て交換すれば、ピカピカになると思いますが、オーナーさんは、今の少し年代を感じる雰囲気が好きで、この状態で乗っておられます。

ホイルはアロイホイル。タイヤは新品に交換しています。

内装は、シートとダッシュボードに痛みがあったので張り替えたそうです。

天井や内張、ステアリングは、当時物と思われます。

メーターなど、計器類は作動します。

バックモニター用のモニターを後付けしています。

右ハンドルですので、街乗りも楽だそうです。

エンジンや機関は良好です。

車は千葉県茂原市にあります。

個人の為、消費税はかかりませんが、リサイクル料と、月割りの自動車税のご負担をお願いします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
1200万円
画像クリックで拡大出来ます
外観は911と同じです 
 
 
多少、錆が出ています 
 
ウインカーの色あせもいい雰囲気 
塗装状態は良好 
タイヤも4本交換済み 
 
 
ウインドウのゴム 
 
 
 
ドアウインドウのサッシ 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダッシュは交換しました 
計器類 
 
 
 
シートも交換ずみ 
 
ドア内張 
 
 
リアシート 
天井 
 
 
 
運転席側ドアゴム 
 
エンジンフードのオープナー 
 
エンジンは356の1600t 
 
  
 
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/043-498-2322(カナモリ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
kanamori-t@msg.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る