エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


プジョー406クーペ 2006年式
車検 2021年5月 走行 143,000km 備考 並行車  5MT 左ハンドル
長さ 4610mm 1780mm 高さ 1360mm 重量 1420kg 排気量 2230cc
取材日2019年11月17日

406クーペは、1995年から生産されていたプジョーのミドル・レンジ、406シリーズのセダンをベースに開発された上級パーソナル・クーペです、スタイリングデザインのみならず生産までもピニンファリーナが手掛けたクルマでそのスタイリングはイメージこそ406セダンに似てはいましたがエクステリアはほぼ完全な専用設計。
またインテリアもダッシュボードやセンターコンソールぐらいしか共用と思しき部分が見当たらないという贅沢な作りがなされています。

今回紹介するのは正規輸入されていない、406クーペMT車です。
非常に希少な車かと思います、オーナーさんは3年ほど前に実車を購入されました。
・ボディはブラックから純正色の「ルガノグリーン」に全塗装済み、3年前に実施。
鮮やかで艶有り良い状態と思います。
ボンネット内やドア内側、トランク内側等は元の黒色です。
・エクボはドアに数か所あります。右側ボディ下のモール部分にヘコミあり。リアバンパーに薄いヒビ2か所あり。
飛び石や微細な傷等は有りますのでご理解ください。
・ボディについているピニンファリーナのバッジが反っています。
気になる方は外して両面テープ等で貼り直してください。
・ボンネットダンパーはヘタっておりますので、整備時はつっかえ棒等でご対応ください。
・タイベル/ウォーターポンプは前オーナーが10万キロくらいの時に替えたと聞きましたが記録なし。
・ギア/クラッチ問題ありませんが、高回転時3速から4速に入れるとき、5速から4速に落とすとき、 丁寧に扱わないとガリっという感触が来ます。操作には差し支えありませんが念のため。
・ホイールは色々変えましたが結局純正が一番と思い、純正ホイールをカバー取った状態でブロンズに塗装しました。タイヤはピレリのP6、交換したばかりの9部山です。
・ブレーキディスクとパッドは交換して2-3年ですがまだまだ持ちそうです。
・足回りは前後ショックをザックスに交換。アッパーマウントも交換。2017年7月。
・ヒーターコア交換済み。2017年7月。
・ラジエターファン交換済み。2019年1月。(オーバーヒートはさせておりません)
・ナビは付いていますが、車速信号を拾えないらしく地図を参考程度に見るくらいの状態。
 ラジオは調子が悪く聴けません。
・運転席シートの縫い目ほつれがあります。(写真確認下さい)
・天井が一部タレてしまいピンで留めております。暑さでやられたようです。
・シートヒーターが使用できない状態なのと、コンソールの液晶が見えない状態です。無くても困らないと思います。

全体的なコンディションは良好でエンジン・ミッション機関に現状不具合はなく好調を維持しております。
406クーペのMT車は日本未導入という事もあり国内で見かけることはほぼないと思われる希少車です。
程度良好な406クーペMTをお探しの方は一見の価値ありの車両です。

車は岡山県岡山市にあります。
個人ですので消費税はかかりません。

購入の際には月割での自動車税とリサイクル料のご負担をお願いいたします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
55万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
外見は全塗装済みで色艶良好です。 
 
 
 
右のドア下にヘコミがあります。 
リヤバンパーにヒビがあります。 
 
タイヤは215/55-15、9部山 
エンジンミッション機関良好です。 
 
 
 
 
 
 
 
運転席サイドにほつれがあります。 
 
 
 
 
 
 
 
走行距離は148300kmほど(取材時) 
天井は簡易的に補修してあります。 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 岡山
TEL/090-1330-9113(フクダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
fukuda-y@abelia.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る