エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ジェンセン・インターセプター 1975年式
車検 2026年2月 走行 55,769km 備考 ディーラー車 3AT ツーオーナー
長さ 472cm 175cm 高さ 134cm 重量 1800kg 排気量 7190cc
取材日2024年3月

ーーーーーーーーーーーーーーーー
映画の中のクルマとの偶然の再会
ーーーーーーーーーーーーーーーー

車との出会いは、人が車を選んでいるように思えますが、実際には車がオーナーを選んでいるかのような瞬間があります。

オーナー様にとって忘れられない一台がありました。
それはイギリスの映画で見かけたクルマで、名前もよくわからないけれど、その洗練されたデザインに心を奪われました。
しかし映画で見たクルマだし、手に入らないだろうと諦めていました。

ところがある日、偶然ある車屋さんでこのクルマで見かけました。
それが今回、ご紹介するジェンセン・インターセプター MkIIIです。

日本に数台しか輸入されていないモデルでもあり、このチャンスを逃したら2度と手に入れるチャンスはないと思い、オーナー様は一目惚れで購入を決めました。

購入時には、エンジンとミッションもしっかり整備して納車されました。

エンジンの始動を確実にするためにMSD BLASTERを取り付け、ヘッドライトをLED化しました。

元々のボディカラーは美しいブルーでしたが、80万円以上をかけてマットブラックにラッピングしました。
ラッピングが劣化した場合は、手で剥がせるようです。

内装も特に美しくレストアされており、皮張りシートや天井はほぼ当時の状態に再現され、美しさを保っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
当時の世界最高のコラボレーションの結晶
イギリスでも再評価された究極のGTカー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジェンセン・モーターズは、もともとは1934年に設立されたコーチビルダーです。

つまり、車台(シャシー)に車体を架装する自動車のボディー製造からその歴史をスタートさせています。

映画俳優クラーク・ゲーブルから、フォード・V8のシャシーをベースにしたカスタムカーの製作を依頼されたことをきっかけにジェンセンの名があまねく知られることになりました。

そのジェンセンで最も成功したモデルが、今回ご紹介する高級スポーツGT(グランドツーリングカー)のジェンセン インターセプター(Jensen Interceptor)です。

もともとシャーシーと製造を得意とするジェンセンが、当時最強のパーワーを誇ったクライスラーのOHVエンジンとイタリアのデザインを組み合わせたモデル。

世界最高の技術を持った国境を越えたコラボレーションが、究極の高級スポーツGTを生み出したのです。

近年、ジェンセン・インターセプターは特にイギリスで再評価されています。

熱心なファンによって当時の工場が買い取られ、現在もパーツを製造する工場が運営されているためか、新品パーツの90%が手に入る(2016年当時)そうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
007の新作小説のジェームズ・ボンド、
レッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムの愛車
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レッド・ツェッペリンのドラマー、ジョン・ボーナムやバイクレーサーのフィル・リードなど、多くのセレブもオーナーとして名を連ねています。

また、
イアン・フレミングの007シリーズ第1作『カジノ・ロワイヤル』から60周年を記念して出版された公式007小説(ウィリアム・ボイド著『 Solo』2013年刊行)ではジェームズ・ボンドが、ジェンセン・インターセプターに乗っているという設定になっています。

アストンマーチンと肩を並べるグランドツーリングカーであるとの評価の表れでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
流麗かつ力強いデザインは、イタリアのカロッツエリア
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このインターセプターの前身にあたるモデルのC-V8は、快適な長距離ドライブを可能にする、究極のGT(グランドツーリング)カーとして登場しました。

担当したのは社内デザイナーで、ずんぐりした奇抜なデザインで、GTカーとしてのデザインにマッチしていなかったこともあったのでしょう。
乗り心地はよく、速かったのにもかかわらず、販売は伸びませんでした。

そこで、経営陣は社外のデザイン、しかもイギリスでなくイタリアのデザイナーに白羽の矢を立てたのです。

社内は大騒ぎになったようですが、この決断が新たな名車を生む結果につながりました。

インターセプターのデザインを手がけたのはイタリアのカロッツェリア、トゥーリング。

そのチーフデザイナーはフェデリコ・フォルメンティで、アルファ・ロメオ1900CSSやアストン・マーティンDB5のデザインを担当しているそうです。

この大胆な取り組みが身を結び、大ヒット。

1969年に登場したジェンセン・インターセプターはMk.I/II/IIIまでシリーズが続き、合計6408台が製造されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
米国の「ビッグ3」の中でも最強
7.2リッターマッスルカーエンジン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

搭載されているエンジンは、クライスラーの「ヘミ」エンジンです。
1960年代から1970年代にかけて、このエンジンは特にアメリカの自動車業界において大きな影響力を持っており、アメリカのマッスルカー文化の中で「最強」と見なされていました。

パワフルでありながら耐久性に優れ、修理がしやすいOHVエンジンの特性が、この車の魅力を一層引き立てています。

ジェンセン・インターセプターは、国境を超えた開発により、1960年代半ばから1970年前半にかけて爆発的な人気を博しました。

この時代、アメリカンマッスルカーが大きな注目を集めていた中で、ジェンセン・インターセプターはそのパワーと洗練されたデザインで際立っていました。

クライスラーのOHVエンジンを搭載したこの車は、アメリカの「ビッグ3」(GM、フォード、クライスラー)によるパワー競争の中でも、特に高い評価を受けていました。7,190ccの大排気量で、その時代のマッスルカー全盛期の中でも最強の性能を誇っていたのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画「ワイルド・スピード EURO MISSION」にも登場
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1970年に追加されたトリプルキャブレターの「SP」モデルは、285馬力から390馬力にパワーアップしました。映画「ワイルド・スピード ユーロミッション」で見せるパワースライドのシーンは、このSPモデルのようです。

ジェンセン・インターセプターは、ジェンセン・モーターズの最大のヒットモデルとなり、その製造数、デザイン、性能の全てで、当時としては画期的な存在でした。

そして、その魅力は今もなお色褪せることがありません。
ジェンセン・インターセプターのストーリーは、ただの自動車メーカーの成功例以上のものです。それは、異なる国々の技術とデザインが融合し、時代を超えた美とパフォーマンスを創出した物語です。

そして、それを愛する人々の情熱によって、今日もその伝説は生き続けています。

現在、この車の伝説を引き継ぐ、新しいオーナーを探しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【お問い合わせに際して・・・】
このページの車両は、車の個人売買情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナー様のご依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

過去の整備記録や修理歴など含めて現オーナー様から詳細ヒアリングを実施、事故歴の有無含めて取材しております。大きな事故歴があった場合、また現オーナー様の所有歴が極端に短く詳細がわからない場合は取材をお断りし、購入されるお客様に可能な限り安心をお届けする工夫を実施しております。

本記事内容は、オーナー様へのインタビューと試乗体験したものを元に執筆作成したものです。かぎられた時間での確認につき、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があります、また執筆内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。状態等のコメントも、あくまで取材時の天候、状況及び、筆者の主観によるものという事ご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで「購入を前提」として検討されているお客様のみとさせて頂きます。

何卒宜しくご検討下さい。

参考資料:
別冊CG『自動車アーカイヴ』vol.7 70年代のイギリス車編
ウイキペディア  https://en.wikipedia.org/wiki/Jensen_Interceptor
excite news    https://www.excite.co.jp/news/article/Octane_2106/

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
1488万円→1300万円
画像クリックで拡大出来ます
 
ブラック艶消しのラッピング 
 
 
 
ロングツーリング用大容量のリア 
 
垂直のバックミラー 
リアゲートの革新的デザイン 
 
 
 
 
レンズもブラック塗装 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モール部分も丁寧にラッピング 
 
 
 
 
 
革シートも前オーナーレストア済み 
 
天井も張り替え 
 
走行5万5769km 
 
懐かしい8トラックカセット 
 
 
 
 
7.2リッターOHVエンジン 
 
  
 
点火系を強化 
マフラー新品 
 
これだけでも貴重なハンドブック 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/080-6868-9898(カツヤマ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
katsu@redking.co.jp

新規掲載開始より48時間、見学(購入希望)予約を受け付けます。
購入希望の方が複数いた場合は、現状の価格から入札になります。

※購入、商談については、早いもの順ではありません。
※48時間経過後は、お問い合わせ順にご案内いたします。

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る