エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ダイハツ ミラウォークスルーバン 1994年式
車検 2023年10月 走行 105,617km 備考 4速AT 乗車定員1人(2)
長さ 329cm 139cm 高さ 194cm 重量 710kg 排気量 650cc
取材日2021年10月

■■■今回紹介のモデル■■■
1994年(平成6年)初度登録のミラウォークスルーバン(折戸バックドア)モデルになります。
2013年3月(平成25年)に中古車販売店より購入されました。
購入時には、付属品の項目に記載されている15インチのタイヤ・ホイールとKYB製のショックアブソーバ&スプリングを装着していましたが購入後に乗降性と乗り味を考え純正品に戻しました。
タイミングベルトは、交換済み。(以前のオーナーさんが実施されていてエンジンルームに交換済みのシールが貼られていますが記載文字が薄れている為時期等が不明確です。)
エンジンをセダン用ターボエンジンに載せ換え、ミッションもセダン用のATシフトレバーの為に少し短くなっています。運転席シート高が高い為にシフト操作に少し違和感を感じるかもしれません。
今回、車両入れ替えのため売却されます。

■■■3代目ミラウォークスルーバンについて■■■
ミラウォークスルーバンは、1984年(昭和59年)、初代ダイハツ・ミラのモデル末期にパネルバンボディを架装したミラ ウォークスルーバンが登場します。見た目のユニークさや実用性の高さ、そして何よりも軽規格内でのウォークスルー構造ということで、大きな話題となりました。
ミラウォークスルーバンは、軽量化と室内容積の有効活用のため、乗降用ドアは戸袋やスライドレールの不要な内開き式の折戸が採用され、左側のみに配置されています。バックドアには3枚折戸と上下開きの2種類があります。基本的には1人乗りで、助手席はオプションです。
荷室は、フラットフロアで助手席シートは、補助の折りたたみ式シートになります。
軽自動車規格の最大高は、2.0メートルが上限のため、室内高はやや低いものの、優れた設計で床の段差はできる限り小さくされており、小回りの効く外寸と共に使い勝手は良く、大きな成功を収めました。
生産は、荒川車体工業が行い改造申請の届け出をした上で納車となったため、車検証は、新車から『改』扱いになります。
1990年3月、3代目ミラ発売のタイミングで軽自動車の規格変更が行われ、排気量を550ccから660ccに全長が10センチ拡大されました。他車ライバルがマイナーチェンジで対応する中フルモデルチェンジして発売されました。
1994年9月に販売終了。

■■車両の仕様■■
◆車検証記載事項
・車名:ダイハツ
・車台番号:L200V−535***
・型式:V−L200V改
・原動機の型式:EF

【走行距離計表示値】105,500km(令和3年9月9日)
【旧走行距離計表示値】102,900km(令和1年9月3日)

◆エンジン/変速機
・ターボエンジンに載替え/4速AT

◆タイヤ
・155/65R13(DUNLOP ENASAVE EC203)

◆社外装備
・PIONEER製カロッツェリア(DEH−580)オーディオと5スピーカー。
・ECLIPSE(EP001)製ナビ。
・バックモニターカメラ付き。
・NARDI製のウッドステアリング。

■■特徴とお勧めポイント■■
・助手席ドアは、折戸式でワイドな開口部と低いステップで乗り降りは大変楽です。また、外折れ式の為車内のスペースが有効に利用できます。
・荷室は、タイヤハウスの段差を無くしたフラットフロアで開口部の高さと幅にゆとりが有り高さの有る荷物の積み降ろしが大変楽です。
・知人の大工さんに依頼して施行されたウッドフロアとサイドパネルは、大変綺麗な仕上がりです。
・オーディオは、5スピーカー(フロントダッシュ左右とリア荷室のサイドパネル左右にウーハーを運転席シート下に設置)で音楽好きにはとても喜ばれると思います。
・エンジンをターボエンジンに換装されているため走り味は力強さを感じます。

■■整備履歴■■
≪オーナーさん購入後の整備記録≫整備記録簿が確認できた内容
◆2013年9月(平成25年):<車検整備>90,323km

◆2016年1月(平成28年):<一般整備>92,920km
・バッテリー交換

◆2016年10月(平成28年):<一般整備>
・タイヤ4本交換:155/65R13(DUNLOP ENASAVE EC203)

◆2017年9月(平成29年):<車検整備>98,521km

◆2018年12月(平成30年):<1年点検>101,564km
・ドライブシャフトブーツ交換(2個)

◆2021年9月(令和3年):<車検整備>105,564km
・エンジンオイル交換
・ブレーキフルード交換
・ファンベルト交換
・クーラーベルト交換
・ヘッドライトバルブ(H4)左右交換

■■外装の状態■■
・ブラックの外装は、大きな凹みやキズは、有りませんが細かい凹み及びキズは有ります。
・左サイドパネルと前後バンパー等にサビ及び浮きサビが有ります。
・フロントガラスに2ヶ所キズが有りますが、車検に通るレベルで問題有りません。
・現在装着されているアルミホイールに大きなキズは有りませんが右リアホイールに小さいガリキズが有ります。
・ボンネットの左前部にステッカーを剥がした跡が見られますがミガキ作業で綺麗になるレベルです。
・ボディサイドパネルにステッカーシールが施行されています。
因みに、『84 MIRA WALK THROUGH VAN』は、初代ウォークスルーバンが、発売された年になります。(今回の掲載車両は、1994年式の3代目になります。)

■■内装の状態■■
・全体的に良好な状態です。
・大工さんが施行されたウッドのフロアパネルとサイドパネルは大変綺麗で良好な状態です。
・シートの状態も破れ等無く良好です。
・ルーフライニングの垂れは有りません。
・運転席ドアのウッド調のシートの端にシワが数箇所有りますが気になるレベルでは有りません。

■機関の状態■■
・現在特に気になる箇所は無くコンディションは良好です。
・ACは、正常に機能しますが、ACとしての効きはあまり良くなく期待しないほうが良いでしょう。

■■付属品■■
◆タイヤ/ホイール
・165/55R15(KUMUHO ECSTA SPT)
・FABULOUS(ファブレス)ホイール

◆ショックアブソーバ&スプリング
・KYB製(NEW SR SPECIAL)

■■現在気になる点■■
・雨天に運転席ドア上部からサイドステップに少し水滴が垂れることが有りますが室内に入るレベルでは有りません。(ドアのウエザーストリップの経年劣化が原因かと思われます。)

<取材後の感想>
全体的にお洒落な雰囲気を醸し出しているウォークスルーバンです。
内装のウッドパネルは、オーナーさんのセンスの良さが感じられます。
仕事での実用性もあり遊びもお洒落に楽しめる一台ではないでしょうか。

現車確認、見学については、オーナーさんも多忙な為、購入を前提とした上でご連絡をお願い致します。
個人売買の為、消費税、諸費用はかかりませんが、リサイクル料(¥3,160−)のご負担をお願いいたします。現状渡しのノークレームとなります。
購入するお車の移動(積載車の手配)は、購入者さんご本人に行っていただきます。
購入するお車の名義変更(移転登録)は、購入者さんご本人に行っていただきます。
車検の無い車の車検取得費用は、購入者さんの負担になります。

実車は、静岡県にあります。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
70万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
助手席ドアは、折戸。 
 
左サイドパネル下部に塗装の浮き錆が有ります。 
リアゲートは、折戸。 
 
左上部にバックモニターカメラ付き。 
 
 
左テールライト上部に錆が有ります。 
 
 
フロントガラスに2ヶ所キズが有りますが車検に通るレベルです。 
 
大型ピラーミラー。 
 
 
 
運転席シート下にウーハースピーカー。 
NARDI製のウッドステアリング。 
走行 105,617km。 
PIONEER製カロッツェリア(DEH−580)AVとECLIPSE(EP001)製ナビ。 
 
 
 
乗用車用のATに載せ替えた為ATシフトレバーが短い。 
 
 
 
PIONEERのスピーカーを左右に取り付け。 
綺麗に仕上げられたウッド張りの荷室。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンジンは、ターボエンジンに載せ換え。 
 
KYB製(NEW SR SPECIAL)ショックアブソーバ&スプリング。 
15インチのタイヤとアルミホイールセット。 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 静岡
TEL/070-6533-8928(スグロ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu.no.mori.shizuoka@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る