エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


モーガン 4/4 1999年式
車検 2023年4月 走行 37,204km 備考 ディーラー車(モーガンオートタカノ)、右ハンドル、1.8リッターフォードゼーテックエンジン搭載、5速マニュアルミッション、幌・トノカバー・ドアウインドウガラス有、ETC
長さ 389cm 156cm 高さ 129cm 重量 880kg 排気量 1790cc
取材日2021年9月10日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆モーガン 4/4について
――――――――――――――――
1936年にプロトタイプが発表された、モーガンシリーズでもっともベーシックなモデルが4/4。それまでのモーガン社の3輪車とは異なり、4気筒エンジン/4ホイール(ゆえに4/4)のスポーティモデルです。一時期プラス4が登場したのに伴い、製造が中止となりましたが1955年にプラス4のボデースタイルを踏襲して再デビューします。
再デビュー時のパワーユニットは1.2リッター・サイドバルブのフォード100Eユニットを搭載、1960年代には1.3リッターOHVのフォード105E、1963年には1.5リッター、1968年には1.6リッターとフォード“ケント”OHVユニット、1998年にはフォード“ゼーテック”ユニットを搭載、現在はフォード“デュラテック”ユニット搭載、時代とともにスケールアップしています。
フロントサスペンションは、モーガンならではのスライディングピラーと呼ばれるコイルスプリング式独立懸架が採用、リヤはリジットでリーフスプリング式です。
スリーホイラー時代から伝統のスライディングピラー式前輪独立懸架は、設計年次やスタイルのイメージを裏切って意外にもシャープな回頭性をもたらすそうです。そのドライブフィールには独特の魅力があり、現在でも世界中のエンスージアストを魅了し続けているもの頷けます。'60年代、'70年代はもちろん、エアバッグなどの安全装備の追加で21世紀にも伝承される、不朽のスポーツカーであることは間違いありません。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、フォードのゼーテックエンジンを搭載したモーガン4/4です。
モーガンの中でも一番スタンダードなモデルです。
車検は約1年半付いていますので、直ぐ乗れるモーガンです。

〓〓〓〓
◆外観
――――
大変コンディションのいい個体でした。塗装カラーは、シルバーメタリック、クリアもあり、きれいな状態です。
幌とトノカバーはブラックカラー、リヤスクリーンの透明度も高く、いい状態です。
ドアウインドウガラスはアクリル製、キズはありませんでした。
ホイールは、センターロックのワイヤーホイール、タイヤサイズは165SR15です。

〓〓〓〓
◆内装
――――
内装はレッドカラーをベースとした本革仕様です。
インパネはウッドパネル、高級感があります。ドライバーズシートに多少擦れがあります。ステアリングホイールは、モトリタの4本スポークのウッド製です。
ヒーター付き、エアコンは付いていません。

〓〓〓〓
◆機関
――――
エンジンの回転はスムーズでした。吹き上がりも軽い印象を受けました。
エンジンは一発で始動、アイドリングも安定していました。
エンジンを吹かすと迫力のあるエキゾーストノートが聞こえます。
トランスミッションは5速までありますので高速道路もらくらく走れます。
■エンジン仕様
種類:直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:114ps(84kW)/5750rpm
最大トルク:16.9kg・m(165.7N・m)/4500rpm
総排気量:1798cc
燃料供給装置:電子制御燃料噴射式

〓〓〓〓
◆足回り
――――
特に問題はありません。
■足回り仕様
ステアリング形式:ラックアンドピニオン
フロントサスペンション形式:独立スライディングピラー/コイル
リヤサスペンション形式:固定リーフ
フロントブレーキ形式:ディスク
リヤブレーキ形式:ドラム(リーディングトレーディング)

法人登録の為、消費税がかかりますが掲載価格は消費税込みの価格です。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 498万円
画像クリックで拡大出来ます
1936年から変わらないデザイン
伝統的なフロントマスク
 
ロングノーズのショートデッキ
背中にスペアタイヤを積む伝統のスタイル
一目でモーガンとわかるリヤビュー
 
モーガン4/4のエンブレム
ヘッドライトLH
ヘッドライトRH
ウインドシールドスクリーン、ワイパーは3本
テールライトLH
テールライトRH
幌を被せたときのモーガン
 
 
幌を被せてもカッコイイですね
 
幌のリヤスクリーンは透明です
 
トノカバー装着時
15インチワイヤーホイール
コックピット
 
ライト関係のスイッチ類
コンビネーションメーター
4連メーターとスイッチ
グローブボックス
シフトコントロールレバーとパーキングブレーキレバー
ダッシュパッド、きれいですね
ドライバーズシート
パッセンジャーシート
ABCペダル
左ドア内張り
右ドア内張り
エンジンルーム右側
モーガンオートタカノのシール
 
 
 
 
エンジンルーム左側
ゼーテックエンジンのロッカーカバー
 
 
エンジンオイルパン部
フロントサスペンション部
リヤサスペンション部
リヤディファレンシャル部
エキゾーストパイプ


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る