エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ダイハツコペン 2004年式
車検 2021年7月 走行 9,089km 備考 ツーオーナー、特別仕様車「ファーストアニバーサリーエディション」、5速マニュアル 、タンレザーシート、シートヒーター、MOMO製のウッド&レザーステアリングホイール、ETC
長さ 339cm 147cm 高さ 124cm 重量 830kg 排気量 650cc
取材日2020年12月18日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ダイハツコペンについて
―――――――――――――
車名は『Compact Open』がベース、日本独自の規格である軽自動車のKからコンパクトカーのCに変え、Copen(コペン)となります。

エンジンは660cc、64馬力/11.2kgmの直列4気筒ツインカムICターボ、ミッションはマニュアルチェンジが可能なスーパーアクティブシフト4速ATとショートストロークタイプの専用クロスレシオ化した5速マニュアルの設定がありました。

グレードは、電動格納式ハードトップ付きの「アクティブトップ」仕様、樹脂製の着脱式トップを備える「ディタッチャブルトップ」仕様(アクティブトップより約30kg軽い)があります。
また、自由に装備を組み合わせることができる「アルティメットエディションS」、特別仕様車「10th アニバーサリーエディション」などもありました。

初代モデルは2012年に生産終了となり、コペンの歴史は一度途切れるのですが1年10カ月の期間を経て2代目モデルが復活します。
現行モデルは街中を走っている姿をちょくちょく見かけるのですが、初代はなかなか見かけなくなりました。初代は可愛らしい姿をしているのですが、見た目の可愛さとは裏腹に、走りの性能はスポーツカーです。私も何回か助手席で試乗しましたが、ちょっと驚きます。
ぜひ、乗って頂きたいオープンカーです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
ご紹介する車両はダイハツコペンの特別仕様車「ファーストアニバーサリーエディション」です。
特別仕様車「ファーストアニバーサリーエディション」は、アクティブトップをベースに本皮製スポーツシート(タン)、専用ドアトリム、オプションであるMOMO製ウッド&レザーステアリングホイールを特別装備しています。
また、その他にブーストコントローラ、スポーツフィルター、リヤスポイラー、シートヒーター、ウッドパネルなど盛りだくさんの装備となっています。
そして、なんといってもこの車両のセールスポイントは1万キロを切る走行距離、外内装のコンディションの良さです。もちろんエンスーには必修の5速マニュアルトランスミッション仕様です。
現オーナーさんも、ここが魅力で購入した車です。
しかし、そろそろ車の整理をしようと思い、エンスーの杜への掲載となりましたが、所有していたいと思う気持ちもあり、心は揺れ動いているそうです。

〓〓〓〓
◆外観
――――
新車ではないかと思うほど大変きれいな状態です。
アクティブトップは正常に作動していました。動画もありますのでそちらを見てください。
ボディに凹みが2個所ありますが言われなければ気付きません。
オプション装備のリヤスポイラー、エキゾーストヒートカバーが付いていました。
ホイールは純正のアルミホイール、タイヤサイズは165/50R15です。
タイヤは新品と交換、タイヤ山は8〜9部山あります。

〓〓〓〓
◆内装
――――
きれいな状態です。ヤレ感はまったくありません。
シートは本革のタン仕様、シートヒーター付きです。
ステアリングホイールはMOMO製のウッド&レザーのコンビです。
シフトノブはウッドに交換しています。元のシフトノブもありますのでお付けします。
オーディオは純正のCD&MDデッキが装備しています。
エアコンは一度修理をしています。現在エアコンはよく効くそうです。
ETCとブーストコントローラはグローブブックス内にあります。

〓〓〓〓
◆機関
――――
4気筒DOHCターボ付きエンジンを搭載、5速マニュアルトランスミッションとの組み合わせです。
ターボ圧は、ブーストコントローラにより設定値を変更できます。
でも現オーナーさんは操作したことはないそうです。
エアクリーナーのフィルターをスポーツタイプに交換しています。
特に不具合はありません。
◆仕様
種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量:659cc
最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
最大トルク:11.2kg・m(110N・m)/3200rpm

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの足回りです。
特に不具合はありません。
◆仕様
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前):マクファーソン・ストラット式コイルスプリング
サスペンション形式(後):トーションビーム式トレーリングアーム
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ドラム(リーディングトレーディング)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンスについて
―――――――――――
以下の整備の記録が残っています。
◆2004/7 1カ月点検 358km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
◆2005/4 1年点検 958km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・ワイパーゴム交換
◆2006/5 2年点検 1267km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・ワイパーゴム交換
◆2017/7 車検 2194km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
・クーラント交換
・ブレーキオイル交換
・ファンベルト一式交換
・バッテリー交換
・ワイパーゴム交換
・フロアマット交換(新品)
◆2018/2 一般整備 3000km
・ISCVガスケット交換
・電子スロットルボディガスケット交換
・冷媒ガス充填
・電子スロットルボディ交換
◆2018/8 一般整備 3000km
・エアコン修理
・エキスパンションバルブ交換
・Oリング交換
・冷媒ガス充填
◆2019/6 車検 6043km
・法定点検
・エアクリーナー清掃
・ウインドウォッシャ液補充
・タイヤローテーション
・ブレーキメンテナンスキット交換
・ミッションオイル交換
・発煙筒交換
・エアコンフィルター交換
・エキゾーストテール、パイプセット交換
・バッテリー交換
◆2019/8 一般整備 6398km
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換

屋根付き車庫に保管。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 145万円
画像クリックで拡大出来ます
純粋のスポーツカーです 
フロントマスクは可愛らしいですね 
 
 
前後のデザインはよく似ています 
 
 
ハードトップを被せた状態 
 
 
 
 
ヘッドライトLH 
ヘッドライトRH 
テールライトLH 
テールライトRH 
リヤスポイラー付き 
エキゾーストマフラー 
左サイドシルアンダー部 
右サイドシルアンダー部 
ロールバー 
コックピット 
コンビネーションメーター 
センターコンソール部 
 
 
ブーストメーター 
フロアコンソール部 
ブーストコントローラとETC 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
 
ABCペダル 
左ドアトリム 
右ドアトリム 
エンジンルーム 
 
 
 
エンジンオイルパン部 
トランスミッション下部 
ハードトップを格納したとき 
トランクルーム 
ハードトップを覆うオープニングカバー 
パンク修理キット 
純正アルミホイール 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
取扱説明書、メンテナスノートなど 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る