エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


モーガン 4/4 シリーズ1 1950年式
車検 2021年12月 走行 不明(メーター読み:57,485km) 備考 並行車、レストア済、右ハンドル、希少モデル
長さ 3450mm 1450mm 高さ 1220mm 重量 680kg 排気量 1260cc
取材日2018年11月5日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆モーガンについて
―――――――――
モーガンは、イギリスを代表する少量生産のスポーツカーメーカーです。
1913年にイギリスのウスターシャー州にあるマルヴァーンにて創立され、現在も同地で存続する家族経営の会社です。イギリスで唯一他の会社の資本が入っていない自動車製造会社です。

モーガン社の車づくりは1910年にオリンピアモーターショーにて発表された3ホイーラーから始まり、この車の成功より、経営の地盤が築かれます。

1936年、顧客の要求に応えるため、モーガン初の4輪車を発表、モーガン4/4が登場します。4/4とは4気筒エンジンを搭載、4輪車ということで名付けられます。
エンジンは、4気筒(1122cc)のコベントリー・クライマックスが搭載されます。
以降は年代、シリーズによって搭載されるエンジンは違ってきますが4気筒エンジンというところは変わりません。現在は4気筒DOHC(1595cc)のフォードシグマというエンジンが搭載されています。

モーガンの大きな特長はメインモデルが一度もフルモデルチェンジされなく、伝統を引き継いでいるところです。
現在も木材のフレーム(現在は内装の部分のみ)を使用、ボディや内装などはほぼハンドメイドで製作されています。

サスペンションは3ホイーラーより引き継がれたスライディング・ピラー式フロントサスペンションと、リジットアクスル&リーフスプリングを組み合わせたリヤサスペンションを採用しています。

モーガンはその他のモデルに+4、+8、ロードスターなどがありますがスタリングはシリーズ2以降に概ね準じています。また、2000年にアルミボディのエアロエイト、2011年には3ホイーラーが現代流にリバイバルして登場しています。

今もなお古典的ブリティッシュスポーツカースタイルをそのまま残すモーガンは、現在のエンスー車のベストテンに入る一台と思います。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介するモデルはモーガン4/4のシリーズ1です。
シリーズ1の特長はラジエターグリルがフラットグリル(現行は流線型)、リヤのスペアタイヤは2本背負っています。サイズは現行より小ぶりですが、相対的なスタイルは変わっていません。
ボディ、内装、機関、足回りに手が入ったモデルです。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
ブラックに再塗装、レッドのパイプラインを入れたお洒落なボディです。
ラジエターグリルは特長のあるフラットグリル、メッキの状態もピカピカです。
幌は新品を使用、リヤウインドウのビニールも透明です。
ホイール&タイヤは全て新品を使用しています。スペアタイヤを2本搭載しているのはシリーズ1のみです。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
シンプルで、きれいなインテリアです。
メーターはインパネセンターに集合、そのレイアウトは現在までも続いています。
シートはベンチシート、ボディと同様にレッドのパイプラインがあります。
エンジンスタートはキーON、スターターノブを引くことでエンジンがかかります。

〓〓〓〓
◆機関
――――
エンジンは1.2リッターのスタンダードモーターのOHVエンジンを搭載、トランスミッションは4速マニュアルミッションです。
エンジンの始動性は良好、アイドリングも安定していました。
◆エンジンの仕様
エンジンの種類:OHVエンジン
総排気量:1267cc
燃料装置:ソレックスシングルキャブレター
最大出力:41PS/4300rpm
最大トルク:86Nm/2300rpm

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの足回りです。
ステアリング形式:ボールナット式
サスペンション形式(前):独立スライディング・ピラー+コイル
サスペンション形式(後):半楕円リーフスプリング
ブレーキ形式:ドラムブレーキ
タイヤサイズ:4.50-17


更新記事(2019.12.25)
オーナーさんから期間限定で値下げをしてくださいと依頼がありました。期間限定の大幅値下げです。期間は2020年1月15日までです。よろしくお願いいたします。

車は愛知県にあります。
法人登録の為、消費税がかかりますが掲載価格は消費税込みの価格です。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 商談中
画像クリックで拡大出来ます
シリーズ1のフロントフェイス 
リヤフェイス 
 
どこから見てもモーガンですね 
レッドのパイプラインがお洒落ですね 
幌の形状もカッコイイ 
オープン時のフロントフェイス 
 
 
 
 
幌を被せた状態のサイドビュー 
オープン時のサイドビュー 
ヘッドライト右 
ヘッドライト左 
伝統のモーガンのエンブレム 
カーバッヂが付いています 
ボンネットもきれいですね 
テールライト左 
テールライト右 
幌のフロント部 
幌のリヤ部 
スペアタイヤは2本、グランドツアラーです 
幌の内側 
幌の畳んだ状態 
フレーム左 
フレーム右 
コックピット 
 
油圧メーター、水温メーター 
お洒落なスピードメーター 
電流メーター、燃料メーター 
 
 
 
シート、レッドのパイプラインがお洒落ですね 
ABCペダル 
ドアトリム左 
ドアトリム右 
エンジンルーム 
 
 
 
 
 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
純正のスチールホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る