エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


日産フェアレディZ Z33 ロケットバニー 2003年式

車検 2022年6月

走行 101,025km 備考 ディーラー車、3.5リッターX6 DOHCエンジン、マニュアルモード付5速オートマチック、ロケットバニーエアロパーツ、AIMGAINアルミホイール、ブリッツ車高調サスペンション
長さ 431cm 196cm 高さ 131cm 重量 1490kg 排気量 3490cc
取材日2021年5月13日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆フェアレディZ33について
―――――――――――――
2002年7月にフェアレディZの5代目となるZ33型が発売されました。
スカイラインと同じフロントミッドシップパッケージを採用、前後異径幅広サイズタイヤ、それに6MTまたはマニュアルモード付5ATが組み合わせられました。
メーターパネルはZ伝統の丸型メーターとし、センターコンソールの上にはドライブコンピュータ、油圧計、電圧計の丸型3連メーターが装備されます。
エンジンは3.5L V6の可変バルブタイミング機構付自然吸気ユニットを搭載します。
足回りは鍛造アルミ採用のマルチリンクサスペンションです。オプションとしてブレンボ製ブレーキの設定がありました。
バリエーションはベースモデルと、本革パワーシートなどの豪華装備を持つT、18インチアルミを装着したスポーティなS、豪華さとスポーティさを兼ね備えたトップバージョンにSTをラインアップしていました。
安全装備として全車にデュアル&サイド&カーテンエアバッグ、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト、EBD(電子制御制動力配分システム)、ABS、ブレーキアシスト、盗難防止イモビライザーを標準で装着していました。
発表時には「Zは毎年進化する」と宣言、その宣言通り2008年にZ34型にフルモデルチェンジされるまでに計4回のエンジンスペックの向上が行われました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は日産フェアレディZバージョンTです。
現オーナーさんは、実は特別Z33に興味があった訳ではなく、とあるショップで見たロケットバニーのエアロパーツに身を包んだZ33を見た瞬間、これだと思われたそうです。
そのショップに購入を申しでましたが、購入できなかったそうです。
それなら自分で作ろうと思い立ち、まずはベースとなるノーマルのZ33を購入します。
その次に各種パーツを揃えていき、ボディショップと車屋に製作を依頼します。

以下に装着したパーツを記します。
★ロケットバニーエアロパーツ
・前後オーバーフェンダー
・フロントエアロ
・リヤエアロ
・ダックテール
・リヤディフューザー
★トラストエキゾーストマフラー(GReddy)
★ヘッドライト(SONAR)
★リヤコンビネーションライト(SONAR)
★車高調サスペンション(ブリッツ)
★アルミホイール(ワンオフ、AIMGAIN、フロント10Jx19、リヤ12Jx19)
★フロントタイヤ(ポテンザS007A、255/40R19)
★リヤタイヤ(ポテンザS007A、285/40R19)
★WEBERSPORTSキャリパーカバー(ゴールド)

ボディは全塗装しています。ボディカラーはBMWカラーのミッドナイトグレーです。このカラー、光の加減で色が変化します。

仕上がりは、素晴らしいと思いました。通常のカスタムカーは個人的な意見ですがしっくりこないことがあるのですが、このカスタムカーはカッコイイ、これなら乗れると思いました。

因みに2017年に公開されたハリウッド映画の「ワイルド・スピード ICE BREAK」に登場した青いスバル・BRZは、ロケットバニーのオーバーフェンダーを装着していました。
ぜひ、この良さがわかる方にお譲りしたいとお話がありました。

〓〓〓〓
◆外観
――――
張り出したフェンダーは迫力がありますが、嫌なオーバーフェンダーではありません。
センスがあるというのでしょうか、素敵な車に仕上がっています。
前後のライト類もセンスが光ります。
ボディカラーはミッドナイトグレーにゴールドを入れています。
ホイールは深リムのアルミホイール、ワンオフで製作、ボディカラーと合うようにブラックとゴールドのコンビカラーとなっています。
ボディコーティングを2016年10月に施工しています。
フロントエアロにLEDライトがありますが、現在は点灯しないようにしています。

〓〓〓〓
◆内装
――――
オリジナルのままです。シートは本革、電動式パワーシートです。
シートヒーターが付いていました。冬期には欲しい装備ですね。
オーディオは純正AM/FMラジオ付きカセットプレイヤーを装備、オプションのDVDナビゲーション+テレビが装備していました。テレビは地デジ対応ではありませんので見ることはできません。
ステアリングホイールは、現在モモのバックスキンが付いていますが、これは譲ることができませんので他のモモのステアリングホイールに交換します。

〓〓〓〓
◆機関
――――
オリジナルの3.5リッターV6 DOHCエンジンを搭載、トランスミッションはマニュアルモード付5速オートマチックです。
エキゾーストマフラーはトラストの「GReddy」が付いています。
迫力のあるエキゾーストノートを聞くことができます。
機関に不具合はありません。
◆エンジン仕様
・種類:V型6気筒DOHC
・総排気量:3498cc
・最高出力:280ps(206kW)/6200rpm
・最大トルク:37.0kg・m(363N・m)/4800rpm

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ブリッツの車高調のサスペンションを装着しています。
助手席で試乗しましたが、街乗りの仕様となっています。
◆足回り仕様
・ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):マルチリンク式
・サスペンション形式(後):マルチリンク式
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンスについて
―――――――――――
残っているメンテナンス記録簿を以下に記します。
◆2016.6 車検(98,964km)
・タイヤ空気圧調整
◆2016.3 1年点検(98,890km)
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルエレメント交換
・クーラント補充
・ワイパーゴム交換
・スパークプラグ交換
◆2015.4 12か月点検(92,804km)
・エンジンオイル交換
◆2013.5 12か月点検(79,466km)
・左ステアリングラックブーツ交換
◆2009.6 12か月点検(31,075km)
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルエレメント交換
・クーラーベルト交換
・ワイパーゴム交換
・バッテリー交換
◆2004.7 12か月点検(8,195km)
◆2003.9 1か月点検(3,672km)

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 230万円→220万円
画像クリックで拡大出来ます
迫力のあるフロントマスク 
リヤスタイルも迫力があります 
何といってもオーバーフェンダーですね 
しかし、きれいな仕上がりです 
リヤから見るオーバーフェンダー、いいですね 
 
ヘッドライト 
テールライト 
 
 
ゴールドのラインがカッコイイ 
 
 
 
 
 
 
 
リヤスポイラー 
リヤディフューザー 
左サイドシルアンダー部 
右サイドシルアンダー部 
深リムのアルミホイール 
コックピット 
3連メーター 
こちらも3連メーター(初代Zを思い出します) 
センターコンソール部 
フロアコンソール部 
ヒータースイッチ 
 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
天井 
ABCペダル 
 
ドアトリムLH 
ドアトリムRH 
エンジンルーム 
 
 
 
ラッゲージルーム 
車高調サスの調整用ノブ 
スペアタイヤ、ジャッキ 
フロントサスペンション部 
WEBERSPORTSのキャリパーカバー 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
取扱説明書、メンテナンスノートなど 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る