エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ダットサン フェアレディ2000(SRL311) 1968年式
車検 2021年4月 走行 31,000km
(逆輸入、メーターOH等のため走行距離不明)
備考 5速MT 中古並行 左ハンドル
長さ 390cm 149cm 高さ 129cm 重量 970kg 排気量 1980cc
取材日2020年11月

1967年に「フェアレディ1600」に追加されるかたちで発売された「フェアレディ2000」(SR311型)の逆輸入モデルです。90ps(1600cc)から145ps(2000cc)と大幅にパワーアップされ、最高速度は205km/hで国産初の200km/hオーバーカーとなり、国内のレースで大活躍しました。

レースで幾多の勝利を手にし、さらに気品溢れるデザインを持つフェアレディは当時最高のスポーツカーで、若者にとって憧れの存在でした。
今回は、内外装、エンジン、足回り等、念入りにレストアされた極上車をご紹介させていただきます。

【外装】
このお車ですが、平成9年に日本に逆輸入され、国内の専門店でフルレストアされています。オーナー様は平成12年に専門店より購入され、国内ではオーナー様で2オーナーだろうとのことです。

ボディカラーは温かみのある白色(白〜アイボリーくらい)で、購入後はシャッター付きのガレージ保管、雨の日は乗らないとのことで、塗装は美しい輝きを放っています。
欠点を上げるとすればボンネット右角、トランク上部側左右2ヶ所、トランク1か所に小さな塗装のクラックがありましたが、その他は擦り傷等も見つけられませんでした。

メッキ類は全てピカピカでくすみも無いとても綺麗な状態。ラジエターグリルは新品に交換されたそうです。
幌もほとんど使っていないとのことで、状態も全く問題ありません。奇麗なトノカバーも付いています。

購入時、左サイドにFairladyのエンブレムが付けられていたそうですが、本来のDATSUNのエンブレムに交換されており、前のエンブレムを付けた際に開けられたと思われる小さな穴が開いています。
ボディの程度も良く、気になる錆や腐食も見受けられませんでした。下回りもとても綺麗です。ホイールもガリ傷等なく奇麗です。

通常、「古いお車ですから多少の欠点も見受けられます・・」ということで、悪い箇所も列挙するのですが、数か所の塗装の小さなクラック以外はここが悪いと思うようなところはありませんでした。とにかく綺麗なお車です。

【内装】
内装も可能な限り綺麗にされており、状態は上々です。
ダッシュボードカバーを付けられており、奇麗な状態です。
シートも切れや破れはなく、シートベルトやカーペット類等もどこもとても綺麗(シートのヘッドレスト無し。車検はこのままで通ります)。

ステアリングもダットサンコンペと交換されており、使用感も少なく綺麗です。
純正もあるとのことですので、一緒にお付けいたします。

内装も悪いと指摘するような箇所はほぼありませんが、ラジオはスイッチは入るけど使えないとのこと。
コンデンサーの劣化等でしょうが、年式を考えるとこれは仕方ないですね。

【機関】
エンジンはU20型の2000cc。このお車については海外仕様(SUキャブ、スチールオイルパン)ですが、国内仕様のソレックスキャブ、アルミオイルパンに変更されています。
エンジンは始動性も含めて非常に快調です。
エンジンルームもピカピカな状態で、オイル漏れも無いとのことです。足回り、下回りもかなり綺麗です。

足回りは社外のサスペンション、ショックアブソーバーに交換され、タイヤも小径にしているため車高が下がっており、ノーマルではやや腰高に見えるSRL311がとてもスポーティな印象となっています。
純正サスペンションもありますのでお付けいたします。
タイヤは純正サイズより小さめの前185/60R14、後195/60R14、アドバンネオバが装着されています。7分山程度でまだ使えますが2004、2005年の製造ですので気になる方は交換されてもいいと思います。ホイールはワタナベのアルミホイールとなります。
純正ホイールと、ほぼ10部山のタイヤのセット(2014年製)もありますのでこれもお付けいたします。こちらは車検時に使ったのみとのことです。

【後付けパーツ】
ETC車載器。整備履歴もご参照ください。
パーツ類がいくつかあるとのことで、差し上げます。

【整備履歴】
整備記録簿記載の走行距離の履歴(購入当初の走行距離は参考まで)
H09 3,824km
H12 16,301km
H14 19,866km
H17 23,110km
H23 26,142km
H25 26,705km
H27 27,467km
H29 28,765km
現在31,000km

<純正からの主な変更箇所>
ダウンサス、コニーショック
ワタナベアルミホイール
レース用スタビライザー
LSD
スチールタコアシ(ヒートバンテージ施工)
純正タイプステンマフラー
プラグコード、イグニッションコイル、亀有フルトラ、ニスモ電磁ポンプ
フューエルレギュレーター、燃圧計
ICオルタネーター、リダクションセルモーター
ソレックス44(パワーポンプジェット)2017年にオーバーホール
アルミオイルパン
軽量加工フライホイール
7枚ファン
ダットサンコンペ、4点式シートベルト

<2020年8月〜主な新品交換部品、修理作業>
ブレーキマスターシリンダーASSY
クラッチレリーズシリンダーASSY
クラッチマスターインナーキット
クラッチメッシュホース
ウォーターポンプASSY

サーモスタット
バックスイッチ
亀有ミッション強化マウント
各部ネジ、ボルト、ナット
ミッション分解、FRオイルシール、チェンジシャフトOリング、G/K、交換
エンジン腰下分解、FRオイルシール、G/K、交換
シリンダーブロック、ラジエーター、各ブラケット、他、塗装

フルレストア車を購入され、その後、更にしっかり整備をされていらっしゃいますし、内外装も綺麗にされています。
オーナー様ご自身が車の整備の仕事をされていることもあり、気になる箇所は新品に交換されたり、ご自身で徹底的に整備されているとのことで、購入されてから今が一番良い状態とのことです。不具合箇所も無いとのことです。

使用状況ですが、普段の足としては使用されておらず、年に数度、晴れた日限定で趣味で乗るのみとのことです。保管は雨風凌げるガレージに入れられています。

【取材担当者からの一言】
半世紀前のお車ですから、今後、何もトラブルが無いとは断言できませんが、完璧主義のオーナー様が徹底的に整備されており、内外装もとても綺麗。購入後に何か手を入れ、お金をかけて補修を行う必要は無いと思います。
このレベルのSRL311はなかなか見つからないと思いますので、探されている方には是非抑えていただきたい、自信を持ってお勧めできるお車です。
日本の自動車史を語る上でも欠かすことのできない貴重な文化遺産。今のコンディションを維持していただける方に所有していただきたい一台です。

実車は福岡県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル委託料金、自動車税(月割り)がある場合は別途頂戴いたします。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントと取材をもとに作成したもので、わかる欠点なども含めて記事を作成しておりますが、不具合箇所、整備履歴、修復歴などに関して取材時に完全に把握することはできませんし、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。エンスーの杜より無理に購入を勧めることはございませんので、最終的にはご自身でご確認の上、購入をお決め下さい。

445万円
画像クリックで拡大出来ます
とても綺麗で美しいお車です
 
 
 
 
 
 
 
 
メッキ類もピカピカです
前のエンブレムを付けていた小穴あり
 
ボンネット角に塗装のクラックあり
トランク上部左右に塗装のクラックあり
ジャッキ、スペアタイヤもあります
ホイール4本とも綺麗です
 
 
 
内装も綺麗
 
 
 
ステアリングも美品です
 
 
シートも破れ等なく奇麗
 
ピカピカなエンジンルーム
 
 
下回りも綺麗でオイル漏れなし
 
 
 
美品のトノカバー
幌も美品
視界良好
保管状況
整備写真もあり


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 福岡支部
TEL/090-2965-4614(ムロハラ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
fza04621@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る