エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


日産 Be-1 1987年式
車検 2021年6月 走行 118,000km 備考 ハイドレインジアブルー 3AT 2オーナー ディーラー車
長さ 3630mm 1580mm 高さ 1390mm 重量 700kg 排気量 980cc
取材日2019年8月24日

猛暑だったこの夏の暑さのピークが終わり、爽やかな風が心地よい晩夏の午後のひとときに、元祖 パイクカーである「Be-1」の取材に、南信地域へ行ってまいりました。

今から約32年前の1987年〜88年に、10,000台限定で販売されたBe-1。
バブル期を知る私のような世代には、モーターショーに出品されたコンセプトカーがデザインを変更せず販売し、応募多数で抽選になったりと、印象深い存在でした。

お電話で得た事前情報は限られていたので、行くすがらに 色は? トランスミッションは?
キャンバストップ仕様?? と想いを馳せての道中での妄想を楽しみながら・・・。

そして、玄関前に佇んでいたのは、ブルーのBe-1。
「おおっ! このなんとも言えない暖かな丸いデザインがいいねぇ!!」と思わずつぶやいてしまいました。

前衛的なデザインが主流の最中に、時代回帰したレトロなデザインは愛らしく、東京・青山にオリジナルグッズを販売する期間限定のBe-1ショップを出店するなど、多くの話題を提供してくれました。

販売台数が一番多かったのが、パンプキンイエローでしたので、見かけるのは凡そイエロー。
このハイドレインジアブルーは、きっとその次に多かったボディカラーでしょう。

K-10('82) 初代マーチのシャーシをベースにし、フロントとリヤのエプロンとフロントフェンダーに、GMのフレックスパネルと言う、優れた樹脂素材を採用しました。

ハッチバックと思われがちですが、セミノッチダウン・セダンなので、後ろはトランクです。
リヤシートはトランクスルーになり、長尺物の積み込みに役立ちます。

ベースとなったマーチは60万円ほどの新車価格でしたが、Be-1は140万円ほどの価格。
かなり高価な価格設定です。
参考としてですが、ホンダ・プレリュードの一番安価なモデルが、約160万円でしたのでクラス、排気量、装備などで比較すると、質素なBe-1は、いいお値段です。

「元祖 パイクカー」のBe-1以降に、パオ、フィガロ、ラシーン、エスカルゴが市場に送り出されました。

そして、オーナーさんは、日産パイクカーシリーズを全て揃えた愛車遍歴をお持ちで、その時は、パンプキンイエローのBe-1でしたが、オーナーさんの日産パイクカー愛を感じずにはいられません。

撮影に適した場所へと移動のため、助手席に同乗をさせていただきました。

シンプルな内装と、広いガラスエリア。
少々不便だけど、ほぼ壊れる心配のない手巻きのドアガラスを少し開き、残暑で帯びた室内の熱気を逃がしながら、エアコンで室内が冷える前に、近くの撮影場所へ到着。

オーナーさんは、このBe-1を、初代オーナーである隣町在住の女性から、平成10年ごろに購入をされましたので、2代目のオーナーとなります。

いろいろと痛みが気になるので、3年前に外装を中心に手を入れられました。
全塗装に始まり、その際に、ウェザーストリップやガラスモール類など、新品で入手が可能な部品は全て交換をされております。

エアコンも不調だったので、こちらも手間と費用がかかりましたが、しっかりと主治医に修理をしていただいたそうですが、年代でしょうか、現行車のようには冷えないそうです。
(フロントのデザインが関係し、コンデンサーの冷却が困難なことも要因の一つのようです)

ショックアブソーバーが抜けていたので、そちらも4本、新品に交換をされております。
(色からの判断ですが、KYBの社外品と思われますが、詳細は不明です)

ホイールは、純正スチールを再塗装されており、とても綺麗な状態です。

タイヤの山も十分にあります。

フロントシート類は、画像には映らない汚れがあります。
リヤシートは、画像のシートベルトがある場所に、生地の変色が見受けられます。

フロアマットは、社外品と思われます。

ペダルは社外品がついておりますが、純正もお持ちとのことです。

オーディオは壊れたので外しており、現状オーディオは欠品です。

右リヤフェンダーのタイヤハウスの後側に、小指の先大の塗装の浮きがあります。

鍵は、純正キーが2本です。

貴重なノベルティーグッズなども付属! 
・カタログ
・プラモデル
・シガレットケース 注)落下させてしまい、フロントガラス(プラスチック)割れ)
・純正ブランケット

タイヤ付きホイールが、2セット付属します。
・アルミホイール(シルバー色の8本バナナスポーク)にほぼ新品の夏タイヤ 4本
・汎用アルミホイールに、中古スタッドレスタイヤ 4本

ETCと社外ナビ(バックカメラ付き)が付属します。

スペアタイヤ、工具類、取扱説明書もあります。

時代を感じさせる3速オートマですが、変速ショックなどは感じられませんでした。

エンジンも異音等はなく、快調とのことで、車体が軽いことも相まってキビキビと走るそうですが、僅かにオイル漏れが見受けられるとのこと。

タイミングベルトは、交換済みです。

販売時にパワステの設定がないため、所謂、重ステです。

標準ルーフなので、雨漏り等はないとのことです。

車検は受けたばかりなので、令和3年 6月までたっぷりあります。

オーナーさんからのご要望です。
・クルマが大好きで、大切に扱い、動体保存をしていただける次期オーナーさんを募集! 
・必ず現車の確認をしていただき、十分納得のうえのご判断をお願い致します。

オーナーさんは、16歳から単車に始まり、現在までの愛車遍歴は約50台。
いろいろな車を乗り継いだ履歴をお持ちで、車をこよなく愛されておられることをこの取材で緊と感じました。

多くのエンスー車両を保有されているため、ガレージ整理をしたいとのことです。

実車は、長野県・南信地域にあります。

板金履歴や補修等も含め、車体の状態について全ての確認が取れていませんので、現状優先となります。

外装、内装共に、画像にはうまく映らない詳細な部分等がありますので、必ず実車の確認をお願い致します。

性能維持のため、走行距離が増えることがあります。

リサイクル券(¥6,170)と、月割りの自動車税を別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。

このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものを掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。
なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配等は購入された方でお願いいたします。

98万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リヤシートのシミ(ベルトの下) 
左ドアのモールのズレ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左サイドステップのキズ 
 
 
 
 
 
 
 
エアクリーナー・ジョイントのキレ 
 
 
 
 
オーナーさんがオーダーし製作したBe-1ステッカー 
オーナーさんの過去のパイクカーコレクション 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/090−3030−6290(イノウエ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthuno-naganomori@ivory.plala.or.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る