エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


日産 セドリック ワゴン V20E SGL 1987年式
車検 2020年8月 走行 109,648km(実走行) 備考 4速AT 定員7人 ツーオーナー  外装 白
長さ 4690mm 1690mm 高さ 1500mm 重量 1430kg 排気量 1990cc
取材日2019年8月

■■■6代目Y30型系シリーズについて■■■
1983年(昭和58年)長年にわたり搭載されていた直列6気筒のL型エンジンに代わり、日本初のV型6気筒エンジン(VG型)を搭載して発売されました。ハードトップとセダン、ワゴン・バンのフルラインナップの最後のモデルとなりました。
1987年セダンとハードトップがY31型にモデルチェンジした後もバン・ワゴンは日本国内専売車両として1999年まで生産が継続されました。
1985年(昭和60年)6月マイナーチェンジで一部モデルを除きフェイスリフトを行いました。ヘッドランプとテールランプが変更されコーナリングランプ、フォグランプ(ハードトップ、ワゴンのみ)が装着されました。
ワゴンのフロントマスクはハードトップと共通になりました。バンパーの形状が変更され、主力の5ナンバー車は大型カラードバンパーが装着されました。
「ワゴンV20E SGL」、「ワゴン280D−6 GL」、「セダンSGLの6気筒LPG仕様」が追加されました。
1987年(昭和62年)6月セダンとハードトップが販売終了しましたが、ワゴン/バンはそのまま継続販売となりました。同時にバンに2LのV6エンジン搭載車を追加されました。
1999年(平成11年)8月バン・ワゴンの販売終了。
Y30は、当時のアメリカの影響を強く受けた四角い角張ったボディが大きな魅力でウッドパネルが似合うところも魅力のひとつでした。
ステーションワゴンの定員の多くは5名にも関わらず、ラゲッジスペースの下に格納されたサードシートを使用してさらに2名の乗車が可能です。

■■■今回紹介のモデル■■■
1987年4月(昭和62年)初度登録のモデル(型式:E−WY30)になります。
前オーナーさん及び現オーナーさんとも車庫保管で完全禁煙車です。
フルノーマルのオリジナル車両です。
事故、修復、板金修理歴はありません。

2007年9月(平成19年)にファーストオーナーさんから購入しました。
購入時の走行距離は、78,600kmでした。
前オーナーさんは、オリジナルに拘り、購入当時まだ後部と補助座席には新車時のビニールが掛かっていて大切に管理して来た様子が伺えるほど綺麗な状態でした。
前オーナーさんは、「年齢的にコンパクト車に乗り換えたい」と、「大切に乗ってくれる人に譲りたい」との事で共通の知人から紹介して頂き、縁があって購入し現在に至っています。
車両取得してから約12年間ですが、年間2,000〜3,000km程度しか乗らず車庫に入っている時間の方が長い状況です。
現在まで約30,000km使用しましたが、高速もエンジンの吹き上がりも良くて全く問題ない機関は絶好調です。

因みに、現オーナーさんの思い出としては、約1年半前に京都まで、約2年前に日光まで長距離の旅行を快適に出来た事だとのことです。

今回、オーナーさんは、現車をまだ手放したく無いお気持ちがある様ですが、今後他に乗りたい旧車購入予定があり車庫確保の為、手放す事を決断されました。
是非大切に乗って頂ける方にお譲りしたいとのことです。

【外装の状態】
・板金塗装修理歴はありません。
・フロントバンパー右コーナー部にタッチペイントの補修跡があります。
・ボディに錆の腐食はありません。
・塗装の状態は、水垢等も無く艶、光沢が有り綺麗で良好なコンディションです。
・外装の状態は、エクボ程度の凹みが1〜2ヶ所ありますが、全体的には30年を経た車両としては、大変に綺麗な個体だと思います。
・ホイールキャップにキズ等無く光沢が有り綺麗な状態です。
・右フェンダーミラーのカバーに良くみると一部クラックが有りますが気にレベルでは有りません。

【内装の状態】
・全体的に綺麗でコンディションは良好な状態です。
・シートには破れなど無く綺麗で良好な状態です。
・ルーフラインニング天井の垂れも無く良好な状態です。
・ドアトリムの状態は、左右フロントドアの内張、アームレスト部の角の表面が擦れていて破れていますが、その他は、綺麗で状態が良好です。
・ダッシュボードに後付けのカーナビ取付け時の擦り傷がありますが、それ以外に割れ等はありません。
・後部のサイドウィンドウが開きません。

【機関の状態】
・現在特に気になる箇所は無くコンディションは良好です。
・A/Cのガス漏れも無く正常に機能します。
・タイミングベルト交換済み。

【整備履歴】
■今まで修理と呼べる修理歴はありません。機関もこれまでトラブルは無く車検整備程度です。

■車検証記載事項
[走行距離計表示値]108,400km(平成30年8月10日)
[旧走行距離計表示値]102,000km(平成28年4月27日)

■車検整備記録
<平成20年4月>71,972km
・エンジンオイル 交換
・ブレーキフルード 交換
・エアエレメント 交換

<平成22年5月>77,552km
・エンジンオイル 交換
・オイルエレメント 交換
・Rカップキット 交換
・ワイパーゴム 交換
・バッテリー液 補充

<平成24年5月>88,888km
・ブレーキフルード
・Frキャリパーシールキット
・Frアイドラーアーム

<平成26年5月>95,369km
・エンジンオイル
・オイルエレメント
・プラグ
・タイミングベルト
・タイミングベルトテンショナー
・ウォーターポンプ
・カム、クランクシール
・クランクスプロケット
・ワッシャー
・サーモスタット
・ホース3本
・ワイパーゴム
・リアワイパーゴム

<平成28年4月>102,095km
・A/Cベルト 調整
・Rrカップ 交換
・Frハブ 調整

【その他】
・純正ラジカセも正常に機能します。
・当時のカタログがあります。

<取材後の感想>
生産終了から30年以上経った現在でも現代のクルマにはない角張ったデザインと、クラシカルな雰囲気を感じられるこの年代のセドリック ワゴンは、若い世代から当時を知る世代まで根強い人気があります。

現車確認、見学については、オーナーさんも多忙な為、購入を前提とした上でご連絡をお願い致します。
個人売買の為、消費税、諸費用はかかりませんが、リサイクル料(¥8,390−)と、月割りの自動車税(年額¥45,400−)のご負担をお願いいたします。現状渡しのノークレームとなります。

実車は、静岡県にあります。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
85万円(応談可)
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小さいエクボがあります。 
タッチペイントの補修跡があります。 
カバーに一部クラックが有ります。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
角部の表面が擦れていて破れています。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カーナビ取付け時の擦り傷があります。 
 
純正ラジカセも正常に機能します。 
走行 109,648km(実走行)。 
 
 
 
格納されたサードシート。 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 静岡
TEL/070-6533-8928(スグロ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthu.no.mori.shizuoka@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る