エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


BRE DATSUN 510仕様 ブルーバード 2ドアセダン 1970年式
車検 切れ(2016年2月) 走行 不明(メーター読み:51,649km) 備考 BRE TransAM510仕様、並行車、左ハンドル、L18型エンジン、ソレックスツインキャブ、5速マニュアル、ステンレスマフラー、車高調サスペンション
長さ 4100mm 1620mm 高さ 1280mm 重量 950kg 排気量 1770cc
取材日2019年5月30日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆510型ブルーバードについて
―――――――――――――――
510型ブルーバードは1967年に三代目として登場します。直線的でスポーティーなラインを取り入れた『スーパーソニックライン』と呼ばれるデザインで話題となりました。
技術面では当時吸収合併したプリンス自動車の技術を取り入れ、L型エンジンの搭載、日産初の4輪独立懸架の採用、『技術の日産』をアピールすると共に、510型ブルーバードは大ヒット作となりました。
日本国外でも欧州車並みに高度なスペックを備えた魅力的なセダンとして「プアマンズ・BMW」との評されました。また、モータースポーツでも活躍、初めて北米市場でヒットした日本車となりました。
当時の米国では高校生が初めて乗るクルマとして人気を博し、その世代の米国人にとっては思い出深いクルマのようです。続いて開発された初代フェアレディZと共に、北米輸出市場における日産(ダットサン)の躍進を実現した存在ともいえます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は北米向けのPL510型ブルーバード、ベースモデルは1600DXのようですが現在の仕様は『伝説のチャンピオン BRE TransAM510』と変貌しています。

◆BRE TransAM510について
1970年、ピート・ブロック率いるBRE(Brock Racing Enterprises)はBRE240ZでSCCAプロダクションCクラスを舞台に大活躍していました。当時のUSAニッサン社長片山豊氏は彼らにセダンである510ブルーバードを使用したレース参加を要求します。
それに答えたBREは翌1971年開催のTransAM2.5に参戦を表明し、同じくTransAM2.5に参戦を表明したアルファロメオ・BMWに勝つためにダットサン510をベースにしたBRE TransAM510の開発を開始します。ボディを薄く加工しロールケージでフレームを形成して徹底的なボディの軽量化を図りBRE240Zに搭載されていたL24型エンジンをTransAM510に搭載するために3分の2のサイズに縮小したL16型エンジンを開発、後の1972年にはさらに馬力の大きいL18エンジンを搭載します。
そして開幕した1971年のTransAM2.5シリーズでは、BRE TransAM510にジョン・モートンのセンスと情熱溢れるドライビングが合わさり優勝を重ねていきます。しかし強力なライバルとしてホルスト・クウェッチのアルファロメオが立ちはだかり、タイトル争いは一進一退を続け決着はシリーズ最終戦のラグナセカまで持ち越されました。最終的にBRE DATSUNは、アルファロメオの奇策に遭いながらも見事勝利し、BREは片山豊にDATSUN史上初のマニュファクチュラーチャンピオンを贈りました。そしてジョン・モートンはドライバーズチャンピオンに輝き、栄光のダブルタイトルを獲得、翌1972年、BRE TransAM510にはさらなるチューンナップが施されパワーアップし、2年連続のダブルタイトルを獲得します。こうしてBRE TransAM510は、21世紀にも語り継がれる伝説のチャンピオンとなりました。

◆当時の映像が『YouTube』にありましたのでご紹介します。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=212&v=U5XAP4pCRps

現オーナーさんは、このBRE TransAM510仕様の車両(セダン2ドアモデル)を再現したくなり、探していたところ旧車を扱っているショップにあることがわかり、即購入となります。
購入した車両はDX改のモデル、左ハンドル、ボディカラーはブルー、前後のオーバーフェンダーを装着、L18型エンジン搭載、レカロシート、レース仕立てのインパネ、車高調整サスペンションなど、BRE TransAM510を再現するにはいい個体でした。
そこから手を入れていきます。

◆その内容は
・ボディ塗装(エンジンルームのブルーを残し、レッドとホワイトでラッカー塗装)
・BRE DATSUNデカールの貼り付け(新規で作成)
・ゼッケンナンバー、各種ステッカーの貼り付け(一部アメリカのBREから取り寄せ)
・フロントサイドターンシグナルライト撤去(保管しています)
・リヤサイドリフレクター撤去(保管しています)
・トランクキーシリンダー撤去(保管しています)
・番号灯撤去(保管しています)
・内装の塗装(ブラック)
・リヤシート撤去(保管しています)
・運転席4点式シートベルト装着(純正3点式シートベルト有)

どこから見てもBRE TransAM510ですが、まだやり残している箇所があるそうです。
例えば、ロールゲージ、リブレー風ホイール、燃料タンクなど、しかしどうしても欲しい車が出てきたそうです。ここまで仕上げて手離すのは惜しいのですが、大切にして頂ける方に引き継いで頂きたいということでエンスーの杜への掲載となりました。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
塗装は大変きれいな仕上がりとなっています。塗装はラッカー塗装、オーナーさんは昔、塗装業に従事していましたので、塗装はオーナーさんご自身で行ったそうです。
ただし、デカールやゼッケンサークル、各種シールの貼り付けは知り合いの看板屋に依頼しました。プロにお願いしたということです。
ボンネット、フロントフェンダー、リヤのオーバーフェンダーはFPR製です。
リヤのオーバーフェンダーはボディパネルをカットし、錆などが出ないように溶接し、シール処理を行っています。
4灯のヘッドライトはホワイトに塗装、その上からシールを貼り付けています。
車検時にはヘッドライトの交換が必要ですが、ノーマルのヘッドライトを所有していますのでお付けします。
前後のバンパーは多少の凹みや塗装を施した跡が見られます。
ホイールはワタナベ、オーバーフェンダーに合わせてワンオフで作成しています。
タイヤサイズは、フロントが165/65R14、リヤが185/60R14です。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
ボディパネルのむき出し部分はブラックに塗装しています。
メーターは右からスピードメーター(キロ表示)、タコメーター、水温計、油圧計、油温計、燃料計、バキューム計、電圧計の8連メーターです。
バキューム計は針の振れがありました。
インパネパッドは割れがありましたのでシートを貼り付けています。
ステアリングホイールは、メタルフレークステアリングホイールを装着しています。
特筆すべきは室内ミラーがマルチルームミラーとなっています。
ヒーターはありません。

〓〓〓〓
◆機関
――――
L18型エンジンに載せ替え、ソレックスのツインキャブレター、タコ足のエキマニ、エキゾーストパイプはワンオフでステンレス製、トランスミッションは5速のマニュアルミッションです。
現在、トランスミッションの5速ギヤに入らない、または入れても抜けてくる不具合があります。原因はおそらくシンクロだとお話しがありました。その他のギヤはいいそうです。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
車高調のサスペンション、ローダウン仕様です。
ディファレンシャルはノーマルです。
特に不具合はありません。

車は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 330万円→298万円
画像クリックで拡大出来ます
510ブルーバードの顔です 
ヘッドライトは塗装してあります 
塗装の上にステッカーを貼り付け 
BRE TransAM510仕様 
左右フロントフェンダー、ボンネットはFRP 
トランクキーシリンダー、番号灯は外しています 
シンプルなテールライト 
 
リヤスタイル、カッコイイですね 
 
デカール、ステッカーはBREから一部取り寄せ 
フロントオーバーフェンダー(フェンダー一体) 
リヤオーバーフェンダー(リベット止め) 
バンパーの一部は塗装 
サイドターンシグナルを外しています 
BRE DATSUNデカールは新規で作成 
 
リヤサイドリフレクターを外しています 
ジョン・モートンのステッカー 
ルーフにもゼッケンナンバー 
左サイドシル部 
右サイドシル部 
銘板 
コックピット 
スピードメーター、タコメーター 
水温、油圧、油温、燃料、バキューム、電圧のメーター 
 
 
ドライバーズシート(レカロ) 
パッセンジャーシート(レカロ) 
リヤシートは外しています 
インパネパッドにシート貼り付け(割れあり) 
マルチルームミラー 
ドアの内張り、ブラック塗装 
 
ABCペダル 
 
エンジンルーム 
ソレックスツインキャブ 
車高調サスペンション 
エンジンオイルパン部 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
ステンレスエキゾーストマフラー 
トランクルーム 
ワタナベのアルミホイール 
ストックパーツ 
リヤシート 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る