エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フェアレディZ 2シーター 300ZX Tバールーフ(Z32) 1991年式
車検 2020年2月 走行 85,567km 備考 ディーラー車、ツーオーナー、スポーツマフラー、BBSアルミホイール
長さ 4310mm 1790mm 高さ 1250mm 重量 1430kg 排気量 2960cc
取材日2018年12月24日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆フェアレディZ(Z32)について
―――――――――――――――――
1989年7月に4代目のフェアレディZ(Z32)が登場します。従来のデザインの特長であるロングノーズ・ショートデッキからロー&ワイドボディのデザインとなります。
ルーフのラインがリヤまで続く美しいシルエットを持ちつつ、膨らんだフェンダーを含めて一体感のあるボディ、そして力強く、優美さを備えるスポーツカーへ変貌を遂げます。
当時のキャッチコピーは『スポーツカーに乗ろうと思う』です。
ボディタイプには3ドアファストバック(2シーター)、3ドアファストバック2by2(4シーター)、Tバールーフ、そして2ドアコンバーチブルがありました。
エンジンはV6型3.0リッターを採用、自然吸気のVG30DE型(230ps)と新開発されたツインターボチャージャー仕様のVG30DETT型がありました。中でもVG30DETT型エンジンは日本の自動車メーカーで初めて最大出力280PSに達成したエンジンです。
また、マルチリンクサスペンションの採用、電子制御式4WSであるスーパーHICASがツインターボモデルに装備、より理想的なコントロール性能を実現、スポーツカーらしい運動性能を確保します。
2000年12月に販売終了、フェアレディZは30年の歴史にいったん幕を下ろし、2002年7月の5代目(Z33型)発売までは一時的に絶版車種となりました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介するモデルは3ドアファストバックの2シーター、Tバールーフの300ZX、オートマチックモデルです。
現オーナーさんは約4年前にお知り合いの方から購入します。お知り合いの方はファーストオーナーさん、現オーナーさんがセカンドオーナーとなります。
ファーストオーナーさんが平成22年に車検を切り、ガレージ保管していたこのモデルを平成26年に現オーナーさんが購入します。
現オーナーさんは若い頃に憧れの車だったそうです。
購入後は趣味の車として楽しまれてきたそうですが、他にも面倒を見ないといけないバイク(バイク好きの方です)があり、 手放されることを決心、エンスーの杜への掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
ボディは大変きれいな状態でした。約10年前に同色で全塗装しています。
カラーはブラックメタリック、周りの風景が映り込むほど、きれいな状態でした。
社外品のワイヤレスリモコンドアロックを装備しています。
リヤクォーターパネルのコーナー部にクリアの剥がれがありました。
リヤスポイラーの一部ですが少し波打っているところがありました。
アルミホイールはBBSのRSです。一時期、一世を風靡したBBSです。
タイヤサイズは225/50R16です。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
インテリアは清潔感があり、落ち着いた雰囲気の感じるコックピットです。
モノトーンの配色とシートの生地が大人のクーペであることを主張しています。
スイッチ類は、コンビネーションメーターの左右に集中させたサテライトスイッチを採用しています。
オーディオは社外のCD/MDデッキを装備しています。
エアコンは現オーナーさんがACコンプレッサーを交換し、エアコンガスをR134aに変更していますので長く使用できると共によく効きますとお話していました。
唯一、時計が不良で、止まったり、遅れたりするそうです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
エンジンはVG30DEのノーマルアスピレーションの3.0リッターV6エンジン、トランスミッションは4速オートマチックの組み合わせです。
エキゾーストマフラーをアペック製に交換、車検対応マフラーです。
◆エンジン仕様
種類:V型6気筒DOHC24バルブ
総排気量:2960cc
最高出力:230ps(169kW)/6400rpm
最大トルク:27.8kg・m(272.6N・m)/4800rpm

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの足回りです。
2005年にショックアブソーバーを交換しています。(純正品)
◆足回り仕様
サスペンション(前):マルチリンク式
サスペンション(後):マルチリンク式
ステアリング形式:ラック&ピニオン(パワーアシスト付き)
ブレーキ(前):ベンチレーテッドディスク アルミキャリパー対向4ポット
ブレーキ(後):ベンチレーテッドディスク アルミキャリパー対向2ポット

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
整備の記録が残っているものを以下に記します。
◆前オーナーさんの履歴
1991年4月 新車1ヶ月点検 1340km
1991年7月 新車6ヶ月点検 6223km
1992年12月 6ヶ月点検 26250km
1994年3月 車検 42088km
1994年9月 6ヶ月点検 46225km
1995年3月 6ヶ月点検 50491km
1996年3月 車検 55608km
1998年3月 車検 61753km
2000年3月 車検 63957km
2002年4月 車検 69607km
2004年4月 車検 70600km
・フロントディスクブレーキパッド交換
・フロントディスクブレーキローター交換
・ラック&ピニオンブーツ交換
・チャコールキャニスター交換
・プラグ交換
・ファンベルト一式交換
・クーラント交換
・エアエレメント交換
2006年4月 車検 73796km
2008年10月 車検 77214km
・リヤディスクブレーキパッド交換
・ブレーキオイル交換
・クーラント交換
・ワイパーカバー交換
・リヤワイパーブレード交換
◆現オーナーさんの履歴
2016年3月 車検 80941km
・ブレーキオイル交換
・エンジンタペットカバー交換
・ファンベルト一式
・タイミングベルト交換
・タイミングベルトテンショナー交換
・タイミングベルトアイドラプーリー交換
・ウォーターポンプ交換
・クーラント交換
・ホース類交換
・ガスケット類交換
・ファン交換
・エンジンオイル交換
・ブレーキオイル交換
・オートマチックフルード交換
・デフオイル交換
2016年5月 修理 81308km
・ACコンプレッサー交換(リビルト)
・レトロキット
・エアコンガスチャージ(R134a)
2016年7月 修理 81711km
・右ドアアウターハンドル交換(元のパーツあり、分解組み立て塗装済)
2016年8月 一般整備
・ルーフモール交換
・ウインドウモール交換
・ルーフルック交換
2016年12月 一般整備
・オーディオ交換(CD/MDデッキ)
・フロントスピーカー交換
2018年3月 車検 84107km
・エンジンオイル交換換

車は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 98万円
画像クリックで拡大出来ます
オーバーフェンダーということがわかるフロントビュー 
センターには300ZXの文字があります 
スラントノーズ 
 
美しいクーペボディ 
 
サイドビュー、カッコイイですね 
クリアレンズはディアブロにも採用 
 
フォグライトとサイドターンシグナル 
 
ワイパー下のカバーは新品と交換しています 
お洒落なクォーターウインドウ 
洗練されたデザインのテールライト 
 
Tバールーフ 
クリアの剥がれ 
リヤスポイラーが波打っている個所 
サイドシルアンダーボディLH 
サイドシルアンダーボディRH 
コックピット 
コンビネーションメーター 
サテライトスイッチLH 
サテライトスイッチRH 
センターコンソール 
フロアコンソール 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
小物入れ 
天井 
 
フットレストとペダル類 
ドアトリムLH 
ドアトリムRH 
エンジンルーム 
 
 
 
 
 
ラッゲージルーム 
純正毛バタキとルーフカバー 
スペアタイヤとジャッキ 
エキゾーストマフラーLH 
エキゾーストマフラーRH 
リヤディファレンシャル部 
取説、整備手帳、ワイヤレスリモコン 
BBSアルミホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る