エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


日産フェアレディZ 200ZR-U 2by2(PGZ-31) 1987年式
車検 一時抹消登録 走行 89,262km 備考 4AT
長さ 4600mm 1690mm 高さ 1310mm 重量 1420kg 排気量 1990cc
取材日2018年7月28日

Z31型フェアレディZは昭和58年9月、それまでのS130型からフルモデルチェンジされ三代目となるフェアレディZとして発売されました。ロングノーズショートデッキのフォルムは継承され、2シーターと2by2のボディにV6−3リッターモデルとV6−2リッターモデルがラインナップされました。
その後、昭和60年にはRB20型、直列6気筒ツインカム+セラミックターボ搭載の200ZR系が追加発売され、昭和61年には、専用ボディのグラマラスフェンダーと呼ばれるブリスターフェンダーとなり多くファンを魅了させました。その後2リッターシリーズは車種整理が行われV6系が消滅しRB20DET搭載のZR系のみとなり、直列6気筒搭載、最後のフェアレディZとなりました。(今後、直6搭載のZが発売されなければ・・・)

今回紹介するのはフェアレディZ 200ZR-U 2by2(PGZ-31)4AT Tバールーフ クリスタルホワイト1987年式(昭和62年)です。
オーナーさんは平成18年7月に、友人の紹介により自動車整備工場を営む方から個人売買にて購入されました、購入後は休日にドライブを楽しむ程度に使用しスポーツ走行等の過酷な使用はしておりません。
また、平成19年に車検取得し平成21年検査切れ以降は継続検査を受けておらず車庫にて保管状態となり、年に数回エンジンを始動させるか、ボディを磨く(眺める)程度で公道走行はしておりません。
平成29年5月と平成30年5月には仮ナンバーにて、それぞれ約80km程度の公道走行をしています。
また、購入当初より雨天は未使用です。

外装・内装ともに丁寧に扱われてきた事が伺える車両で全体的に良い状態を維持しております。
外装については数ヶ所タッチペンによる補修と浅いヘコミみがありましたが目立つものではありません、オリジナルの塗装は色艶良好です。
内装については天井内張に剥がれがありましたがダッシュボードや座席シートなどの状態は良好です。
エンジン、足回り、ボディに内装など基本的にはオリジナルの状態で、チューニングやドレスアップ等による社外品への部品交換は、オーディオのみでエンジン・足回り等は新車時からのパーツがそのまま装着されています。購入時にも完全オリジナルのノーマル車と聞いております。

最近の整備や部品交換について
・マフラー(最後部のタイコ部分)を純正部品にて交換
・オーディオの交換(中古品にてナカミチ製MDデッキ+CDチェンジャー+スピーカー)
・左右のドアにDIYにてデッドニングを施工
・リヤウィンドゥ・リヤハッチウィンドゥに断熱フィルム施工
・左フロントフェンダーにヘコミ・キズがあったため、板金塗装と同時にリヤバンパーのオーバーライダー部をボディと同色に塗装(プロに依頼)
・ワイパーをDIYにて塗装
・平成29年5月、エンジンオイル・エレメント交換、パワステオイル補充、タイヤ4本新品交換(中国製)
・平成30年5月エンジンオイル交換、パワステオイル補充

現在解っている不具合箇所について
・ヘッドライトのライズアップ不動(長期保管のため接点不良?)
・ボンネットとリヤハッチのダンパーヘタリ(ストッパーをお付けします)
・左右ドアが閉まりにくい(ヒンジ部ガタの可能性、調整で改善しそうです)
・スピードメーター、オドメーター、トリップメーターが不動です。
・4速ATで4速オーバードライブにシフトアップしない。
・Tバールーフのロックつまみ折れ
・内装、天井の内張剥がれ
・パワステオイル漏れ(オイルラインホースの繋ぎ目付近から)
・バッテリーの劣化(交換必要)
以上が現在解っている不具合箇所です、ATミッションの4速オーバードライブにシフトアップしない不具合については、スピードメーター不動という事もあり車速信号が無いためと思われますのでスピードメーターの修理にてATの不具合も解消する可能性が高いと推測されます。
また、メーター不具合によりオドメーターの距離も進んでいませんが平成21年以降の車検が切れたあと保管中に起こった不具合のため現在メーター読み走行距離との差は数百キロと思われます。

現車はオリジナルの状態を保っており、現存のZ31では珍しい個体と思います。
このまま不具合箇所を整備後、車検を取得しオリジナルの状態を楽しむことも出来ますし5速マニュアルに載せ替えてスポーツ走行を楽しむなど、自分好みのZ31に仕上げる事が可能です。

車は岡山県岡山市にあります、個人ですので消費税などかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
80万円→60万円
画像クリックで拡大出来ます
塗装の色艶良好です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下回りもサビは少なく良い状態です。 
 
数ヶ所タッチペン補修跡があります。 
 
 
 
タイミングベルトはH11年65000km時に一度交換されています。 
 
 
 
 
 
 
シートやダッシュボードなどの状態も良好です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天井の内張に剥がれがあります。 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 岡山
TEL/090-1330-9113(フクダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
fukuda-y@abelia.ocn.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る