エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


Austin Mini Cooper 1275S Mk-I Racing Modified 1965年式
車検 公認車検取得(現在検査切れ) 走行 84,751km(不明) 備考 公道使用可能公認改造レーシングモディファイド車 1965年オリジナルパーツ全付属 シャーシNo. C-A2S7-676519 オリジナルエンジンNo. 9F-SA-Y. 36447
長さ 305cm 142cm 高さ 135cm 重量 680kg 排気量 1330cc
取材日2021年8月2日

「余程の勇気が無いと今からは出来ない・・・本物クラシックミニ・クーパー1275S、最強で極上の楽しみ方・・・」

 

ゴーカートライクなミニは、いつ乗っても楽しい、男心くすぐる素敵なクルマです・・・!
それがどの年式であれ、ノーマルの個体から、個性的にカスタムされた個体まで、「走る・止まる・操る・・・」という基本的な「自動車に乗るという事」がこれほど「楽しい!」と思わせてくれるクルマの存在も稀有な事ではないでしょうか・・・。

数々のエンスー車を乗り継いで来られた百戦錬磨のエンスージアストの多くが、人生上がりの車にスペシャルな「ミニ」をチョイスされるのも頷ける事です・・・。

その「ミニ」の中でも最上級に位置する超希少車・・・1964年から1967年にジョン・クーパーが手がけた1275S Mk-Iを、当時のオリジナルパーツを全てストックしながらも、お気に入りの峠やワインディングを、壊れる心配を余所に思いっきり走れる・・・エンスージアストにとって夢のような提案が本日ご紹介する車両です・・・!

 

 

「コレクターズアイテムと化してしまった、1965年式 Austin Mini Cooper 1275S Mk-I・・・」

 

すでに周知の通り、ミニは1959年の誕生以降ほぼ半世紀に渡り、世界中のエンスージアストの心を掴み続け、2000年にその生産が終了するまで実に5,387,862台が産み出された開発者サー・アレック・イシゴニスの傑作です。

モンテカルロラリー・チェルニ峠におけるポルシェとの伝説のバトルを制したクーパー1275S・・・。小さなクルマが大排気量スーパースポーツを背後から迫り抜き去る「ジャイアント・キラー伝説」に熱狂し、世界中のエンスージアストが、まさに「崇拝の対象」とした、究極のミニクーパー“S” は、Mk-IからMk-IIIまでトータル27206台のみが存在し、1964年から1967年の僅か3年間に製造されたMK-Iに限ると、14313台・・・。すでに製造から54年経過した今日現在、その現存個体数の減少も含めて、希少性は全世界でうなぎ登りの程を表しており、その価格を含めまさにコレクターズアイテムとして憧憬の的となっています・・・。

まさに究極のコレクターズアイテムと化したMini Cooper 1275S Mk-I・・・

「フロントエンブレム上に“S”のバッジが付いたクラシックルックな「本物クーパー1275S Mk-I」を、ガレージの中で夜な夜な想いのままにモディファイし、週末のワインディングに峠に・・・究極はクラシックカーレースに参戦出来たらさぞかし痛快・・・!」
と思いを馳せるエンスージアストはきっと世界中に大勢いらっしゃる事でしょう・・・!

しかしながら・・・

すでにコレクターズアイテムと化した「貴重な個体」にあれこれ手を入れるのは相当勇気のいる事・・・ではないでしょうか・・・。

 

 

「まさにプライスレスな価値、前オーナーが25年向き合った個体・・・」

 

さてお待たせいたしました・・・本日は、前オーナーが25年という長い年月をかけ、じっくり向き合い、理想に向けコツコツ仕上げたからこそ産まれた、エンスージアストの「人生の夢を現実に変えてくれる・・・楽しみ満載本物1965年式オースチン・クーパー1275S Mk-I」をご紹介します・・・。

まさに・・・時間の経過と共にあまりにも貴重になり、こうしたくても・・・出来なかった一台・・・!ちょっと普通じゃない“S”付き本物クーパーMk-Iで週末の峠を楽しみ、マッチング1275エンジンを含む貴重なオリジナルパーツの数々をガレージに配して鑑賞し、その気になればいつでもオリジナルのMK-Iに戻すこともできる・・・そんな究極仕上がったレーシング・クーパー1275S Mk-I・・・!なのです・・・!

 

 

「1965年式 Austin Mini Cooper 1275S Mk-I Racing Modified・・・この車の概要」

 

前オーナー様がこの「1965年式オースチンクーパー・1275S MK-I」を手に入れられたのは、今から25年前の事・・・。手に入れられた時は、オリジナルの状態でした。当時の雑誌を紐解いてみてもわかりますが、今ほどクラシックカーとして価格は高沸していた訳でもなく、手に入れやすかった時代だったのです。

手に入れてから10年間ほどこのオリジナルの状態で、趣味のドライブに、週末のワインディングに・・・と楽しまれた前オーナー様でしたが、15年程前に公道での走行では物足らず、サーキット走行へとその場を移します・・・。

目指されたのは・・・近郊のサーキットへ自走で向かい、目一杯走って楽しみながらも「壊れない」マシンを目指されたとの事・・・。

15年の歳月をかけて「じっくり楽しみ、作り込んで来られたマシン」は、筑波サーキットで開催されるクラシックカーレースに出走できる仕様に完全昇華しています・・・!(JCCA仕様)

現在の仕様概要は以下の通りです・・・

・キャブレター 45Φスプリットウエーバー
・ヘッド ケントGT15 ビッグバルブ
・ローラーロッカー ケント
・ピストン アルミ製JEピストン+60 1330cc
・クランク・コンロッド ローバー製
・ケース ローバー製
・トランスミッション リモートミッション・クロスギア・ストレートカット
・LSD クスコ 1.5ウエイ・デファレンシャル
・国産オルタネータ
・セルモーター ローバー製
・ドライバー・ナビシート マイクロセル

エンジンは最も信頼のおける近年のローバー1300へスワップ、1330ccまでJEオーバーサイズピストンにてボアアップ(公認車検取得)、安心して回せる、そして壊れない内容に仕上がっています。
ストレートカットのギヤボックスも独特の異彩を放っており、普通で無い感満載なのです・・・!

キャブレターも当然極めたもので、45口径ウエーバーをツインで装着、しかもスプリット・・・!セッティング含めてこだわった内容になっています。
ワイヤーを使わない、アクセルペダルからスプリットウエーバーのリンケージが見事な造形でリンクされ、右足親指のほんの僅かな動きにも瞬時に反応する・・・アクセルレスポンスが超絶素晴らしい・・・!と思わせる物です・・・!

ハイパワーなスターター、ダイナモ変更近年の国産オルタネーター化、そして同時点火システムはもちろん、冷却系も近年の物に変更済みです。

レースの安全性と軽量化の為に、スライド式サイドウインドウ、ラッチで開閉できるサイドウインドウともポリカーボネート製に交換してあります。

足回りもクスコ製1.5ウエイ・リミテッドスリップデフ、強化スタビライザー、4ポッドディスクブレーキなど完全武装。程よくローダウンされた車体と、オーバーフェンダーいっぱいまで小気味よく納まるブラックアウトされたミニライトの10インチホイールに、165/70R10アドバン-032Rが素晴らしく戦闘的なイメージを醸し出しています。

そして・・・センターマフラーからはミッドレンジがブーストされた実に素晴らしいサウンドが・・・!
そのシャープなサウンドが、1万回転まで刻まれたスミス製タコメーターの針を踊らせながら、実に官能的なハイノートを奏でるのは、どんなに素晴らしい音楽さえも「いらない・・・!」と思う程、エンスーマインドに響くのです・・・!!!

これらが素敵な要素が、ノスタルジックでクラシックムードいっぱいのオリジナルMK-Iボディから表現出来るのは実に愉快・爽快・・・!見る物の眼を釘付けにするスーパーなオーラを周囲にプンプン漂わせながらパワフルに佇むのですから堪りません・・・!!!

 

そして気がついたのは・・・

今なら貴重な個体をここまで手を入れるのは精神的抵抗があれど・・・

前オーナー様が、このクルマに掛けた時間は、まさにプライスレス・・・

しっかり仕上がったクラシック・レーサーで非日常感を積極的に楽しみ・・・

「いつでも元に戻せる極上の価値・・・」を手元に置くことができる・・・!

まさに「クラシックミニ・クーパーS、最強で極上の楽しみ方・・・」と思った次第です・・・!

 

 

「このスペシャルな本物Mk-I・・・乗らせて頂きました・・・!

 

素晴らしいクラシックカーを後世に脈々と伝えて行きたい・・・そんな想いで執筆活動させて頂いておりますが、「堀川さんに原稿書いてもらうのだから、十分に楽しんでインプレッション書いて・・・!」と言われるのがとても幸福な事です!

現オーナー様が、きっちり仕上げられた外装は、写真でご覧の通り素晴らしく美しい状態です。言うまでも無く、すでに製造から56年経過しており、修復され仕上げられたことは大前提ですが、前オーナー様から履歴では、完全密封ガレージ保管と言う事もあり、ミニ特有のサビも無く、凹み、傷等は見当たりません。下回りも同様で、スタビライザー、ダンパーも美しく、レースで酷使された印象ではありませんでした。ブラックで塗装されたルーフも直近で仕上げられたとの事、緑の木々が美しく映り込む写真・動画で状態ご覧いただければと思います。
https://youtu.be/ABywcWnP_Mo (外観動画)

独特のヒンジが機能するドアを開け車内へ乗り込みます。雰囲気のよくあるクラシックなバケットシートに座ると、通常のミニより低くセッティングされたレーシーなポジションであることに瞬時に気がつきます。定番のステアリング・ハイトアジャスターでポジションはバッチリ・・・!左手をスッと落とした自然なポジションにシフターがあり、普通で無いミニに乗ったことに気がつきます・・・。
必須である後付けスミス製タコメータを除けば、クラシックMk-Iそのもののセンターメーターに落ち着きを感じるものの、イグニッション・オンで目覚めるエンジンサウンドでまたもや、普通でないミニに乗った事に気がつく次第です・・・!

エンジンの始動性は抜群によく、むずかることなくローバー1300改ユニットは目を覚まします・・・!
特筆すべきはそのピックアップのシャープな吹け上がりです・・・!
絶妙に・・・実に絶妙にアクセルに反応する45口径スプリット・ウエーバー・・・!高回転を好むセッティングですが、アイドリングもむずかる事なく安定した物でした・・・。
でも・・・やはり男心です、ブリッピングを十分に楽しみ(笑)、スッとクラッチをミートさせると、頭を持っていかれる痛快な加速で立ち上がって行きます・・・!

普通で無いのがやはり走行サウンド・・・!

ストレートカットのギヤボックスが独特のサウンドを奏でます・・・!

この「普通で無い感が素晴らしい・・・!」と陶酔できるのです・・・!

https://youtu.be/PwBolsTBUg0 (走行動画)

「速い・・・!軽い・・・!楽しい・・・!」などの言葉が、脳内で浮かんでいたと、後で想い出されました・・・。

現在はLSDのセッティングがサーキット向けとなっていることもあり、どこまでも真っ直ぐ・・・一直線に進む感じ・・・トラクションを加えた高速コーナーはめちゃくちゃ楽しいだろうな・・・!などもクルマを降りて感じたイメージ・・・(笑)実に集中してひとときのドライブを堪能させて頂きました。

「サーキットもともかく、LSDのセッティングをもうちょっとマイルドにして・・・、〇〇峠に持って行ったら・・・きっと最高に楽しいだろうな・・・!雰囲気は最高だなぁ・・・」などとぶつぶつ呟いていた筆者が明らかに居たのです・・・!

 

 

「超貴重価値・・・!全て当時物、付属するパーツの概要について・・・」

 

前オーナー様が25年かけて交換されてきた貴重なオリジナルパーツは全て保存してあります。
全て「涙ものの貴重なパーツ類・・・」軽バンの荷台がいっぱいに成る程の量・・・
前オーナー様が、その時折収集なさった当時物パーツももちろん含まれます・・・
これだけの物を現在収集しようとすると、数百万はかかると思われます・・・!

これらの付属パーツ類について、この車の主治医である堀田自動車、堀田社長による説明動画で是非ご確認ください。
https://youtu.be/wbid33C3omU (付属部品説明動画)

 

 

「付属するオリジナルエンジンNo. 9F-SA-Y. 36447について・・・」

 

英国資料によるとエンジンNo.32378以降の物で、Purolator社製フィルターを使用した閉回路式ブリージングオイルライトスイッチ付きの物であった事が分かります。

最強のクーパーのためのレーシングユニット、BMC AタイプOHV 4気筒1275cc・・・当時のレースカテゴリー1.3リッタークラスを想定するには1275ccの実現は必要不可欠でした・・・。
しかし当時のA型エンジンは1071ccが限界とされており、そこにボア・ピッチをずらすことによって1,071 cc が限界と見られていたA型エンジンの排気量を1,275 cc まで拡大する手法を思いついたのは、ダウントンのダニエル・リッチモンドです。そして今尚語り継がれるイシゴニス、クーパー、リッチモンドの協議により誕生したのがこの名機「1275クーパーS」です。

BMC AタイプOHV 4気筒1275ccエンジンは、オリジナルでは、ツインSUキャブレターと9.7の圧縮比によって、76ps/5900r.p.m.と10.9kg-m/3000r.p.m.を発生、650kgとライトウエイトなミニを最高速度160kmまで誘う純正レーシングユニットです・・・。

前オーナー様はこのユニットを15年前まで使用、レース等の酷使で壊してはいけない・・・という事で現在のローバー1300改ユニットにスワップ、オリジナルエンジンは専用の台車にのせて専用ガレージでディスプレイされておられました。

このエンジン、ガレージに飾りますか・・・?

それとも・・・載せ替えてオリジナルMk-Iを楽しみますか・・・?

この車には究極の楽しみが存在するのです・・・。

 

 

「取材後記・・・」

 

「ガレージにこんな子がいたら・・・夜な夜なさぞかし楽しい事に違いない・・・」
そう素直に感じる取材でした。

「人生の1/3をかけて存分に楽しんだクルマですが、魅力を十分に引き出して頂ける方にお譲りしたい・・・」との事で今回の掲載となりました。

非日常感満載・・・とはまさにこの事、ありきたりでは面白くない、そんな人と違った価値観をお持ちの御仁にはぴったりの人生プロジェクトではないでしょうか・・・?
人生上りのクルマとして、普通で無い「本物クラシックミニ・クーパー1275S」は彩り鮮やかに素敵な非日常を提供してくれるのです・・・。

「余程の勇気が無いと今からは出来ない・・・本物クラシックミニ・クーパー1275S、最強で極上の楽しみ方・・・」

取材後、すぐにこのタイトルが浮かんだのは言うまでもありません。
ぜひ「至福の見学」に群馬県までお越しください・・・。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この大変素晴らしい「1965年式 Austin Mini Cooper 1275S Mk-I Racing Modified」は現在、群馬県にあります。

現在検査切れですが、主治医の所で車検取得(公認改造車検)してお渡しも可能との事です、ぜひオーナー様へご相談ください。

個人間売買のため消費税・諸費用等はかかりませんが、リサイクル預託金のみご負担をお願い致します。また陸送等は購入者様の方でご手配をお願いいたします。

 

(お問い合わせに際して)
このページの車両は、車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物でオーナー様の依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

記事内容は筆者が3時間程度の取材時間の中で、オーナー様のコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。 状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
888万円→790万円
画像クリックで拡大出来ます
1965年式 Austin Mini Cooper 1275S Mk-I Racing Modified 
車検 現在検査切れ 走行84751km取材時表示ですが56年物につき不明とします 
公道仕様可能公認改造レーシングモディファイド車 1965年オリジナルパーツ全付属 
シャーシNo. C-A2S7-676519 オリジナルエンジンNo. 9F-SA-Y. 36447 
余程の勇気が無いと今からは出来ない・・・本物クラシックミニ・クーパー1275S、最強で極上の楽しみ方・・・ 
魅惑のサイドビュー、本物Mk-Iです 
このイメージが峠・ワインディングで疾走するのです 
本物オリジナルのMk-Iリアビュー、まさに憧憬の的 
56年経過したボディですがしっかり美しく仕上げてあります 
ミニは錆びますが、適切なガレージ保管でサビは見当たりません、大きな凹みや傷も見当たりません 
シンプル・レーシーなバンパーに変更済み、オリジナルバンパー前後付属します  
魅惑の“Austin Cooper”と“S”のエンブレム 
徹底して手が入った車両、グリルからMocal製オイルクーラーが覗く 
レース用4ポットブレーキキャリパー、ステンレスメッシュオイルライン、極太スタビライザー 
ブラックアウトされたミニライト10インチホイールにADVAN032Rを履く 
程よくローダウンされた車体はレーシーなイメージ 
Mk-Iの特徴あるドアヒンジは別に2セットあり・・・ 
センター出しマフラーからは官能的サウンドが・・・ 
リア下回り、強化スタビライザーが装着される 
クラシカルなリア周り、オフセットされたAustin Cooper Sのエンブレム健在 
オーバーフェンダーいっぱいまで張り出したイメージが男心くすぐります 
ポリカーボネート製に変更されたウインドウ類、オリジナルもちろん付属 
時代考証バッチリなブレットタイプミラーは、ブラックアウトされる 
直近で再度仕上げられたブラックのルーフは大変美しい 
Mk-Iならではのスライド式ウインドウはポリカーボネート製、オリジナル付属 
サイドミラーの取り付け部、当時の仕様そのまま 
クラシカルでレーシーなインテリアはテンション上げてくれる場所 
オリジナルライクなバケットに換装済、4点式ハーネスのみお好みでご準備ください 
クラシカルなサイドポケット付きドアインナー部、ステッカーが貼られる 
モトリタレーシングがチョイスされる、オリジナルを含む貴重なステアリング付属 
ベアリング付きリンケージでツイン・スプリット・ウエーバーをコントロールするスロットペダル 
ファイヤーエキスティングイッシャー装備 
オリジナルリアシート健在、状態よし 
レース公認仕様ロールバーはパッド付き 
ハーネス用アイボルトが覗くリアシート周り 
クラシカルなセンターメーターに落ち着きを感じるインパネ周り 
後付けされたスミス製タコメーター、最も重要なインターフェイス 
タペットカバーはオリジナル、現在鎮座するのは近年のローバー1300改 
オルタネーター、ラジエーターなど機能面は近年の仕様に、オリジナル付属 
同時点火システム搭載、オリジナルデストリビューター・点火系付属 
機能的に集約され、信頼性の高まった内容に・・・オリジナルダイナモ付属 
45口径スプリット・ウエーバーとリンケージのイメージ 
リアトランク内、燃料タンクは交換済み 
美しくクラシカルなトランクリッド、状態よし 
緑の中での全開の様子、純粋なイングリッシュホワイトとブラックのコーディネート 
当時物付属部品全体イメージ、25年間に渡り外した部品は全て揃っています 
この様に部位毎に区分され、油紙やウエスで巻かれ保存されています 
貴重なギヤ類も・・・全て保管・・・管理方法も素晴らしい 
大変貴重・・・オリジナルのステアリング、オリジナルのウインドウ類も・・・ 
オリジナルエンジンNo. 9F-SA-Y. 36447 付属部品動画ご覧ください 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 ながの
TEL/070-6566-0829(ホリカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
ptenthu@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る