エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


MGBトゥアラー 1974年式
車検 一時抹消(車検2017年4月) 走行 83,274マイル 備考 並行車、初年度登録1975年7月、左ハンドル車、メッキバンパー最終モデル、SUツインキャブ、ローダウン(バネのみ変更)、ETC
長さ 394cm 152cm 高さ 124cm 重量 990kg 排気量 1790cc
取材日2020年8月

〓〓〓〓〓〓〓
◆MGBについて
―――――――
英国を代表するスポーツカーのひとつであるMGBは、1962年に当時スポーツカーの入門書であったMGAに代わって登場したオープン2シーターモデルです。
1798ccの直4OHVのBMC・Bタイプエンジン、4速マニュアル、前ダブルウィッシュボーン/コイルの独立、後ろ半楕円リーフリジッドのサスペンションと基本コンポーネントは、MGAと変わりませんがボデーのフルモノコック採用が最大の変更点です。

1965年には2+2のファーストバック・クーペ、MGB-GTが加わります。リヤシートは、子どもが乗れる程度の広さですが、リヤシートを倒すことによりラッゲージスペースを有効的に使用できるスポーツワゴン的なモデルで好評を博します。

従来のオープンタイプは“トゥアラー”と呼ばれることになり、クーペと差別化されます。また1966年にはBタイプエンジンが5ベアリング化、1968年にはトランスミッションがフルシンクロ化、同時にオーバードライブやオートマチックも選択可能になりました。
最終的には1980年まで生産されるロングセラーとなり、シリーズ合わせて50万台以上が生産される大ベストセラーとなりました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、1974年前期に製造されたメッキバンパーの最終モデルのMGBトゥアラーです。
現オーナーさんは、岐阜県で有名なレストアショップで13年前に購入されます。
購入後、休日のドライブカーとして楽しんで来られましたが、環境などの変化により、乗る機会が少なくなり、3年前に一時抹消、そのうち車検を通して乗ろうと思っていたのですが、なかなかままならず、このままでは車に可哀そうと思いだし、エンスーの杜への掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆外観
――――
ボデーは、ブリティッシュホワイトに全塗装しています。元色はエンジ色でトランクリッドやボンネットのヒンジあたりに元色が残っている箇所がありました。
サイドシルやドア下のパネルに塗装の浮きはなく、しっかりと仕上げてあるという印象です。
メッキパーツ類は、再メッキしてあると思います。メッキの輝きがあり、くすみはありませんでした。それでもリヤバンパーには若干の細かいサビが見られました。
ビニール製の幌には、破れやほつれはありませんでした。リヤウインドウにもくすみはありません。
当初フロントグリルは、ハニカムタイプのメッシュグリルでしたがオリジナルの縦グリルに変更しています。メッシュグリルは、欲しい方にお付けします。
ヘッドライトは、ハロゲンタイプに変更しています。
ホイールは、スペアタイヤを含め、ワイヤータイプです。
タイヤサイズは165/80R14、ホイールはワイヤーホイールが付いています。
ジャッキ、スペアタイヤは揃っています
やはりイギリス車にはワイヤーホイールがよく似合います。

〓〓〓〓
◆内装
――――
オリジナルの状態を保っています。インパネ上部にはパッドが敷いてありました。
ステアリングホイールは、ナルディ製の革巻きステアリングホイールです。
メーター類は、マイル表示です。
ステアリングコラムの上には、クラシック調の時計が装備されていました。
シート、ドアトリムは張り替えています。
オーディオは、装備されていませんがJBL製のスピーカーは2個ありました。

〓〓〓〓
◆機関
――――
キャブレターは、SUツインキャブです。
プラグコードはシリコンタイプ、燃料ポンプは電動タイプに変更しています。
ラジエターの前には電動ファンが装備され、室内のスイッチで作動できます。
エンジンの調子はいいようです。始動は一発、エンジンの回転も滑らかでした。
オイルのにじみは多少あるようです。イギリス車ですね。
エキゾーストマフラーはANS製です。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
バネを交換し、車高を少し下げています。
元のバネもあるそうです。欲しい方にはお付けします。
◆足回り仕様
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前):ダブルウィッシュボーン(コイルスプリング)
サスペンション形式(後):マクファーソンストラット(コイルスプリング)
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ディスク

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンスについて
―――――――――――
以下はオーナーさんが実施した整備内容です。
◆2011年4月車検
・ブレーキマスターシリンダーASSY交換
・リヤブレーキホイールカップ交換
・クラッチマスターシリンダーカップ交換
・クラッチレリーズシリンダーカップ交換
・ファンベルト交換
・ヒーターホース交換
・フロントスプリング交換
・フロントロワーアームブッシュ交換
・フロントスタビブッシュ交換
・フロントバンプストップ交換
・ポイント交換
・スパークプラグ交換
・プロペラシャフトリヤスパイダー交換
・エンジンオイル交換
◆2013年4月車検
・リヤハブオイルシール交換
・リヤドラムブレーキライニングSET交換
・リヤドラムブレーキシュー交換
・スパークプラグ交換
・ロッカーカバーガスケット交換
・ポイント交換
・ディスビローター交換
・コンデンサー交換
・ラジエターホース交換
・キャニスター一式交換
・ブローバイパイプ交換
・エアクリーナーケース交換
・エンジンオイル/フィルター交換
◆2015年4月車検
◆2016年1月一般整備
・サスペンションブッシュ交換
・タイヤ新品交換

車は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用は、別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 180万円
画像クリックで拡大出来ます
メッキバンパーがいいですね 
メッキバンパーの最終モデルです 
リヤのフェンダーラインもカッコイイ 
 
オリジナルのフロントマスク 
 
サイドビュー、素敵です 
幌を閉じたときのフロントビュー 
 
幌を閉じたときのリヤビュー 
 
幌を閉じたときのサイドビュー 
ヘッドライト 
テールライト 
メッキ、きれいです 
 
 
サイドシル部 
アンダーボディRH 
アンダーボディLH 
幌上部 
幌リヤウインドウ部 
コックピット 
コンビネーションメーター 
 
 
 
 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
ABCペダル 
ドアトリム 
幌を畳んだとき 
エンジンルーム 
 
 
 
 
エンジンオイルパン部 
トランスミッション下部 
トランクルーム 
 
定番のワイヤーホイール 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
アンサーマフラー 
リヤディファレンシャル部 
オクタゴンのエンブレム 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る