エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


MGミジェット1500 1979年式
車検 2020年4月 走行 不明(メーター読み:7,822km) 備考 ディーラー車(日通商事物)、ウェーバーキャブ(45Φ)、マニュアル4速トランスミッション、バンパーレス、幌カバー有、13インチアルミホイール(フォーミラーワン)、CDデッキ、ポータブルナビ
長さ 3360mm 1420mm 高さ 1220mm 重量 760kg 排気量 1490cc
取材日2019年2月11日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆MGミジェットについて
――――――――――――
英国を代表するライトウェイト・スポーツカーであるMGミジェット。1961年にオースティン・ヒーレー・スプライトがマークIIへ発展する際、バッジエンジニアリングによってMGの軽量スポーツの伝統的愛称であるミジェットの名を復活させたモデルです。
機構は旧式ながら低い重心と軽量さがもたらす軽快な乗り味、小気味よいシフトフィールによって人気はなかなか衰えず、79年まで20年近くも生産された車です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回紹介する車両は、最終モデルのMGミジェット1500、エンジン/ギアボックスはトライアンフ・スピットファイアと同じ直列4気筒OHVエンジン(1493cc)を搭載、4速ギアボックスとの組み合わせです。
本来は、樹脂バンパー(ブラックバンパー)が前後にあるのですが購入時にはバンパーレス(カフェレーサー仕様)となっていたそうです。
オリジナルに拘る方もいらっしゃいますがMGミジェットの樹脂バンパーは非常に重く、MGミジェットの軽快な走りを半減させます。ライトウェイト・スポーツカーであるMGミジェットを思う存分楽しむには現在の仕様の方がいいと個人的に思います。
現オーナーさんは約4年前に購入しますがコンディションがあまり良くなかったので整備を行なっています。
そのおかげで現在は機関の調子はよく、ドライブを楽しんで来られましたが車庫事情により、売却を希望され、エンスーの杜への掲載依頼となりました。
銘板を見ますと1980年4月納車とあり、販売元が日通商事株式会社大洋モータース支店とありますので当時の日本での正規取扱店だったと思われます。しかし、ネットを探しても出てきませんので定かではありません。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
ボディカラーはレッド、ボディスタイルは購入時からバンパーレスの仕様です。フロントスカート部、テールライト部は板金にてきれいに処理をされていました。
全体的には、きれいな塗装ですが所々塗装の割れ、塗装の欠け、錆などが見られます。
幌は良い状態です。幌カバーは若干縮みがありました。
フロントグリルはオースチンヒーレースプライトのグリルとなっています。
アルミホイールは13インチサイズのフォーミラーワン、タイヤサイズは165/70Rです。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
きれいな内装です。フロントシートはマーク2仕様になっています。
計器類やスイッチ類に不具合はないそうです。
オーディオはCDデッキを装備しています。ただし、あまり聞くことはないそうです。(エンジン音と風の音で消されてしまうからですね)
ステアリングホイールは、ウッド製の3本スポークホイールを装備しています。
インパネセンターにはポータブルナビをマジックテープで取り付けていました。

〓〓〓〓
◆機関
――――
キャブレター(45Φ)は、ウェーバーのサイドドラフトに換装しています。購入当時は、アイドリングが高く、空燃比も濃かったそうですがキャブ調整(ジェットの交換など)をして、現在は調子がいいそうです。他の機関にも不具合はありません。
◆エンジンの仕様
形式:直列4気筒OHV
排気量:1493cc
最高出力:66HP/5500rpm
最大トルク:10.6kg-m/3000rpm
トランスミッションは、4速マニュアルです。小気味よく、ギヤチェンジができます。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの足回りです。
特に不具合はありません。
◆足回り仕様
・ステアリング形式:ラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):ウィッシュボーン+コイル
・サスペンション形式(後):1/4楕円リーフ+コイル+ラディアス・アーム
・ブレーキ(前):ディスクブレーキ
・ブレーキ(後):ドラムブレーキ

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
以下に現オーナーさんがメンテした記録をご紹介します。
◆2015/3 整備
・オルタネータ交換
・サーモスタット交換
・水温センサー交換
・クーラント交換
・ディスビキャップ、ローター交換
・プラグコード交換
・点火タイミング交換
・キャブ調整(P/J、EJ)
◆2015/9 整備
・クラッチレリーズOH
・クラッチレリーズリペアキット交換
・クラッチフルード交換
・プロペラシャフトジョイント交換
・ミッションオイルシール交換
・デフオイルシール交換
・ファンベルト交換
・アームレスト交換
・左右リヤホイールシリンダーOH
・左右ホイールシリンダーリアペアキット交換
・クラッチマスターOH
・クラッチマスターリペアキット交換
・左右リーフブッシュ交換
・リヤブレーキホース交換
・マフラーマウント交換(中間)
◆2015/10 整備
・リヤロアリングキット交換
・リーフパッドセット(ポリウレタン)交換
・リヤショックアブソーバー(オリジナルUSED)交換
・マーク1シート交換
・ドアストッパーLH修正
◆2016/4 車検・整備
・ミッション分解OH
・ミッションガスケット交換
・ファーストギヤ交換
・カウンターギヤ交換
・バックギヤ交換
・バックギヤアウターリング交換
・ボール&スプリングセット交換
・ミッションマウント交換
・ミッションオイル交換
・マニホールドガスケット交換
・リヤハブベアリング交換
・エンジンオイル交換
・デフオイル交換
・グリースアップ
・サスペンション脱着フレーム溶接修理
・左サスペンションブッシュ交換
・エンジンロッカーカバーパッキン交換
・ラジエターOH
・クラッチセット交換
・OLDタイプテールライト交換(USED)
・ハロゲンヘッドライト交換(USED)
・ライセンスプレートASSY交換(USED)
・ヘッドライトトリム交換
◆2017/4 整備
・マフラーパイプ溶接およびステー修理
・タイミングケースオイルシール交換
・オイルパンガスケット交換
・バックプレートオイルシール交換
・クランクオイルシール交換
・オイルパンガスケット交換
・エンジンオイル交換
・クーラント交換
・シリンダーヘッド面研磨
・ブロック上面研磨
・シリンダーヘッドガスケット交換
・ロアタペット、ブッシュロッド交換
・左右フロントフレーム先端溶接修理
・スタビライザーブッシュ交換
◆2018/4 車検・整備
・ミッションオイル交換
・ブレーキフルード交換
・デフオイル交換
・グルースアップ
・サイドブレーキブーツ交換
・ホイールシリンダーOH、リペアキット交換
・クラッチレリーズシリンダーOH、リペアキット交換
・ブレーキマスターシリンダー交換
・ウォーターポンプ交換

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 125万円
画像クリックで拡大出来ます
可愛いフロントマスク 
リヤも可愛いですね 
濃いレッドのボディカラー 
 
 
 
素敵なサイドビュー 
幌カバー 
幌をかけた状態(フロント) 
幌をかけた状態(サイド) 
幌をかけた状態(リヤ) 
幌の上部 
幌のリヤウインドウスクリーン 
幌の内側 
 
ヘッドライトRH 
ヘッドライトLH 
テールライトLH 
テールライトRH 
サイドシル部LH 
サイドシル部RH 
タッチペイント跡あり 
タッチペイント跡あり 
塗装の欠け 
塗装の割れ 
コックピット 
メーター類 
 
フロアコンソール 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
ABCペダル 
ドアトリムLH 
ドアトリムRH 
エンジンルーム 
 
 
ウェーバーシングルキャブ(45Φ) 
 
日通商事の銘板(一部番号を消しました) 
エンジンオイルパン部 
トランクルーム 
 
電磁式燃料ポンプ 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
エキゾーストマフラー 
フォーミラーワンのアルミホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る