エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


マツダ・キャロル360 デラックス 1966-1970年式
車検 一時抹消 走行 80,790km 備考 初代モデル、4ドア、4速マニュアル、オリジナル
長さ 2990mm 1290mm 高さ 1320mm 重量 560kg 排気量 350cc
取材日2019年9月11日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆マツダ・キャロルについて
―――――――――――――
マツダ・キャロルは現在でも販売していますが、今はOEM生産の軽自動車(スズキ「アルト」)、唯一マツダの自社生産の軽自動車は初代モデルだけです。

初代マツダ・キャロルの特長は、そのスタイル、英国フォードのアングリアによって広められた「クリフカット」と呼ばれる、逆に傾斜したクォーターピラーが特徴です。
エンジンは、水冷直列4気筒・4ストロークのOHVエンジン、軽合金材料や高剛性の5ベアリングのクランクシャフト、半球型燃焼室とクロスフロー配置の吸排気弁など、当時の小型乗用車と比較しても極めて高水準な設計でした。

エンジンの搭載位置は車両後部にあり後輪駆動車となります。ラジエターはエンジンに接して装備され、走行による風圧を利用できないため、エンジン駆動の強制冷却ファンによって側面から冷却気を導入します。

足まわりは、トーションラバースプリングとトレーリングアームによる四輪独立懸架で、車高調整が可能でした。ステアリングはラック・ピニオン、ブレーキは四輪ドラム、当時は高級とされていたアルフィン・ドラム(フィンを切ったアルミ製)で、冷却性の向上とバネ下重量の軽減を図っていました。

当時の軽自動車の中では、デザイン、構造、機関とも最上級の技術を継ぎこんだマツダ・キャロルでしたが、その分重量が増え、他のモデルの動力性能に及びませんでした。
また、他社は新しいモデルを登場させ、動力性能やスペース効率、価格の面で優位に立ち、マツダ・キャロルは取り残されます。
マツダ・キャロルは起死回生を狙い、ロータリーエンジン採用の案がでますが、実現できませんでした。それによりマツダ・キャロルは生産を終了しました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、初代マツダ・キャロル360 デラックス、4ドア仕様なので後期モデルです。

〓〓〓〓
◆外観
――――
凝ったボディスタイルとツートンカラーは、お洒落でモダンな感じを受けます。
また、ボディの各所にメッキパーツを多く使用していますので高級感もあります。
フロントドアウインドウガラスには三角窓が付いています。
ボディの状態は年式相応と思います。メッキパーツは多少のサビが見られます。
ホイールキャップはマツダマークが入るメッキ製キャップ、タイヤサイズは145/80R10です。タイヤは交換したばかりです。

〓〓〓〓
◆内装
――――
外装と同じように白と赤のツートンカラー、お洒落な空間となっています。
シートはセンター部にモケット、両サイドはビニールレザーです。張り替えてありますので破れや擦れはありません。
インパネは上面にパッドが装備、メーターフードもあり、乗用車並みの仕様です。
ステアリングホイールはエボナイト製、純正ものです。
シフトノブは社外品のウッドノブが付いていました。
天井もきれいです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
ノーマルの仕様です。カムカバーは青色で塗装してありました。
◆エンジンの仕様
エンジンの種類:直列4気筒OHVエンジン
総排気量:358cc
最高出力:20ps/7,000rpm
最大トルク:2.4kgf·m/5,000rpm
※駆動方式:リヤエンジン・リヤドライブ

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの仕様です。
◆足回りの仕様
ステアリング形式:ラック&ピニオン式
サスペンション形式(前):トレーリングアーム/ラバー
サスペンション形式(後):トレーリングアーム/ラバー
ブレーキ形式:ドラムブレーキ

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
以下は、現オーナーさんが実施したメンテナンスです。
・4輪ブレーキホイールシリンダー交換
・4輪ブレーキライニング張替え
・新品タイヤに交換(4本)
・ウォーターポンプ交換
・ブレーキマスターシリンダーインナーKit交換
・クラッチレリーズシリンダーインナーKit交換

車は愛知県にあります。
法人登録車両ですが消費税込みの価格です。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 160万円
画像クリックで拡大出来ます
可愛いフロントマスク 
凝ったデザインのリヤビュー 
 
 
クリフカットのクォーターピラー 
 
ノッチバックスタイルですね 
ヘッドライトRH 
ヘッドライトLH 
特長的な「CAROL」のエンブレム 
丸型のサイドターンシグナルライト 
 
リヤウインドウガラスも逆スラント 
三角窓 
角型のテールライト 
 
両サイドにあるエンジ冷却用グリル 
クロームメッキ仕様 
マツダマークのエンブレム 
「Carol」のエンブレム 
「Deluxe」のエンブレム 
右サイドシル部 
左サイドシル部 
コックピット 
コンビネーションメーター 
 
 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
リヤシート 
ABCペダル 
天井 
フロントドアトリム 
リヤドアトリム 
エンジンルーム 
縦置きのラジエター 
 
 
キャブレター 
エンジン下部 
ドライブシャフLHトインナー側 
ドライブシャフトRHインナー側 
フロントボンネットルーム 
バッテリー、ヒーターなどが配置 
燃料タンク 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
10インチスチールホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る