エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


マツダ・オートザムAZ-1 (E-PG6SA) 1992年式
車検 2020年1月 走行 55,490km(実走行!) 備考 複数オーナー/右ハンドル/5速MT/エアコン/社外オーデォオ/ETC/100馬力仕様/リヤスポイラー/マジョーラパープル全塗装/定員2名/低走行車両!
長さ 3290mm 1390mm 高さ 1150mm 重量 720kg 排気量 650cc
取材日2019年3月17日

●マツダ・オートザムAZ-1につきまして●

AZ-1は1992年9月に発表され、同年10月に発売されました。
スモール・フェラーリを彷彿させるスポーツカーらしさを演出している特徴的な外観を持ち、そして、なんといっても軽自動車で唯一のガルウイングドアを採用しているのが最大の特徴でしょう。
外装にはFRPを多用した軽量ボディで構成されており、車重は720 kgに抑えられています。
また、トヨタ・セラと同様グラスキャノピーデザインを採用し、ルーフ部のガラスに光の透過率を30%に抑えたセラミック処理を施していますが、晴天時の車内はそれなりに高温となります。
走行性能はまさに本格的スポーツカーであり、アルトワークスと共通で、F6A型3気筒DOHCターボエンジンをキャビン後部に搭載しているミッドシップです。
ステアリングのロックトゥロックが2.2回転という機敏な操作性と軽量ボディとの組み合わせによって、当時は「究極のハンドリングマシーン」といわれていました。

●今回ご紹介するお車につきまして●

他にもエンスー車を所有するオーナーさんは2年ほど前に、このお車を手に入れられました。
購入時から数々のカスタムが施されており、コンピューター交換、タービン交換等により、
100馬力仕様に高められた動力性能で、その軽快な走りを存分に楽しまれてきました。
過走行車両が多いAZ−1の中で、実走行5万キロ代は大変貴重であり、現在も抜群 のコンディションです。
大変気に入ってらっしゃいましたが、今回他に欲しいお車が見つかったため、車庫事情により売却を検討されています。

●外装●

見る角度により色が変わって見えるマジョーラパープルに全塗装されています。
原色は赤だったようですが、専門店の施行により、細部までキッチリと塗装され、原色はボンネット裏の一部にその面影を残すのみです。
屋根付きの車庫保管であり、塗装の層が厚いマジョーラ色のため大きなキズやヘコミ等はなく、小さな塗装の浮きや飛び石痕はございますが、全体的に綺麗な状態です。
後部にはウイング形状のリヤスポイラーがバッチリ決まっています。
アンテナも現代風のショートタイプのものに交換しております。
各フードの開閉、そしてもちろんガルウイングドアの開閉等も一切問題なしです。
事故や修復歴はございません。

●内装、電装関係●

内装も綺麗に保たれています。
シートは純正バケットシートです。運転席ややや使用感がみられますが、綺麗な状態です。
テアリングはMOMO製に交換されており、オリジナルはございません。
社外オーディオとETCを装備しています。
また、走りを楽しむ車のキャラクターのためか、ターボタイマーとブースト計が追 加されています。
エアコンは問題なく効いています。

●機関、足回り等●

F6A型3気筒DOHCターボエンジンは好調を維持しております。
取材時も1発始動で、エンジンのアイドリングも安定していました。
ECUはスズキスポーツN2に交換され、タービン交換により強化されたエンジンは100馬力を発揮します。
ミッションはフロアシフト5速MTです。
マフラーはフジツボ製のものに換装されており、うるさ過ぎないほどよい低音を奏でます。
足回りはショックをKYB製のものに交換したばかりです。
レイズ製の軽量ホイールとあいまってスポーツ走行を支えます。
ヨコハマ製のタイヤのヤマはまだ十分あります。
現状、一切不具合はないとのことです。

●直近の整備履歴の抜粋●

(2018年1月)
オルタネータ容量UPの新品に交換

(2018年2月)
ショック(KYB製)交換
フロントブレーキパッド(DIXELレーシングタイプ)交換
リヤブレーキキャリパーOH
ギアオイル交換 カロッツェリアにスピーカー交換

(2018年7月)
4輪アライメント調整

(2019年1月)
車検整備:48,500km

●取材者私見●

撮影場所までの移動時に助手席で同乗走行させていただきました。
一言でいって、速い!かつ、とっても楽しい車です。
ステアリングのクイックレスポンス、軽量、100馬力まで高められたハイパワーはまさに走りを楽しむには最高です。
また、リヤウイングがバッチリ決まった小型スポーツカーのルックスとガルウイングドアは注目度満点でした。
今後、軽自動の維持費でここまで楽しめる車はでてこないでしょう。
年式と車のキャラクターから10万、15万キロ超えの過走行車が多い中、5万キロ 代の走行距離(実走行)は大変貴重だと思います。
今は絶版のコンピューターによりハイパワー化されている点や、暑い日差しを防ぐ希少な純正の脱着式サンシェード(かなり効果がありました!)が付いている点もおすすめです。
走行距離が少なく、コンディションのよいライトウェイト・スポーツをお探しの方 はぜひご検討ください。
コンディション維持のために定期的に走行しますので、走行距離が多少増えることをご了承ください。

個人売買のため消費税はかかりませんが、リサイクル料金・自動車税月割分相当をご負担いただきます。

現車は東京都内にあります。


【平成31年4月更新】
価格を引き下げました。

上記は取材者の私見に基づくところもございますので、ご購入に際しては必ず現車をご見学の上でご納得されてからご検討ください。
なお、オーナー様ご多忙のため、ご見学については購入検討の方のみに限らせていただきます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
222万円→198万円
画像クリックで拡大出来ます
注目度抜群のガルウイングドア 
見る角度で色を変えるマジョーラパープル 
バッチリ決まったリヤウイング 
フェラーリを彷彿させるリヤスタイル 
 
 
コンパクトながら完全スポーツカーのサイドシルエット 
 
 
 
 
 
重くはないが開閉にはコツがあるガルウイングドア 
運転席サイドにやや使用感 
細部までキッチリ施された塗装 
使用感の少ない助手席シート 
走行は55,000km超 
シフトは5速MT、社外シフトノブ装着 
社外オーディオ 
純正エアコンの効きは問題なし 
ブースト計を追加 
ターボタイマー 
ETC 
ダッシュの状態も良好 
綺麗に塗装されたドアキャッチ部 
シート後部の荷物置きスペース 
ミッドシップのため、ドア後部にエアインテーク 
ボディ同色に塗装されたサイドミラー 
コンピューター交換とタービン交換により、100馬力を発揮するF6A型3気筒DOHCターボエンジン 
エンジンフード裏 
フロントにはタンク類 
フロントフード裏に原色の面影 
 
 
レイズ製アルミホイール、14インチにインチアップ 
KYB製ショック 
解放感を演出するグラスルーフ 
 
ウインドー開閉部分はわずか 
フロントエアインテーク 
社外ボス 
予備の新品エンブレムをストック 
いい焼け具合のフジツボ製マフラー 
下廻りの状態も良好 
  
 
脱着式サンシェードを付けた状態(外側) 
脱着式サンシェードを付けた状態(内側) 
希少な純正脱着式サンシェード(表面) 
希少な純正脱着式サンシェード(裏面) 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-8492-1168(イイダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
hiroiida@mvi.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る