エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ロータス・ヨーロッパ スペシャル 1973年式

車検 2025年9月

走行 126,511マイル 備考 中古並行車、デロルトツインキャブ、ビッグバルブエンジン、5速マニュアル、車高調ショックアブソーバー、電動ウォーターポンプ
長さ 396cm 163cm 高さ 108cm 重量 770kg 排気量 1550cc
取材日2024年7月3日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ロータス・ヨーロッパについて
―――――――――――――――
ロータス・ヨーロッパは、1966年12月ロータスセブンの後継として、その名が示すようにヨーロッパ大陸での販売を主目的としたロードゴーイングカー(公道を走れるスポーツカー)として誕生しました。その為、シリーズ1、2では、フランスのルノーよりエンジン、ミッションの供給を受け、その他にバンパーやディスクブレーキなども他の車の流用品を用いコストパフォーマンスを追及したので、ヨーロッパ大陸では大いに人気を得たようですが、後に発売された英国内では非力さが祟って、大陸ほどの人気は得なかったようです。そして1971年10月シリーズ3(実際はシリーズ3とは、言わずTC(ツインカム)と呼びますが)ではロータス製ツインカムエンジン、更に1972年(昭和47年)最終型では、ビックバルブエンジンのSP(これもシリーズ4作目ですが、シリーズ4とは言わずにスペシャルと呼んでいます)まで進化し、およそ9230台が生産されたようです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介します車両は、ロータス・ヨーロッパスペシャルです。
約20年前に関東のショップで購入されます。
中古並行車(初年度1999年)ですが、ロータス社より出所証明書を発行してもらっています。
書類には1973年モデルと記載がありました。

ご自身でDIYをしながら楽しんで来られましたが、車庫事情により売却を決意されます。
可愛がって頂ける次のオーナーさんを探すため、エンスーの杜へ掲載となりました。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
約2年前に全塗装(ブラック→ホワイト)していますので、外装は大変きれいな状態です。カラー名はコルベットホワイトと聞きました。
ただし、内側は手塗りです。塗装時の写真がありますので見て頂くことは可能です。
塗装後、リヤの右側をガレージでコツンと当ててしまい、小さいですがひび割れが入り、タッチペイントで補修しています。
ピンストライプは塗装時に現オーナーさんがDIYでは貼り付けています。
そのため、きれいな曲線が出ていない個所がありました。
前後のメッキバンパーは輝きがあり、きれいな状態でした。
ロータス・ヨーロッパ特有のドア落ちはないようです。
ドアのウェザストリップも現オーナーさんがDIYで張り換えています。
リヤガラスは通気性をよくするため、ポリカボネート製で作成、取外しが可能となっています。もちろん、純正のリヤガラスはあります。
ホイールはパナスポーツ、タイヤサイズは前後共に185/60R13です。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
車高が低いため乗り降りが大変なのですが、コックピットに収まるとジャストフィットする感覚はヨーロッパならではのものと思います。低い計器盤、太いセンタートンネル、運転席から見る景色は他車とは違い、特別なものを感じます。
メーターパネルはウッド、シフトノブはアルミ製、モトリタ本革ハンドル、定番の仕様です。タコメーターはスミス製、10,000rpmの表示です。
メーターの照明灯は点灯しません。
インパネウッドはきれいな方だと思いますが多少のヘアラインがありました。
シートの内側、ドアトリム、リヤパネルは現オーナーさんがDIYで張り替えています。
オーディオは作動しません。
そのため、ラジオ用のアンテナを撤去しています。
天井に垂れはありません。

〓〓〓〓
◆機関
――――
ロータスツインカムビックバルブエンジン、デロルトツインキャブ、5速マニュアルミッション仕様です。
ウォーターポンプにも水漏れが出てきたため、電動ポンプに交換しています。
その時、エンジンをオーバーホールしています。オーバーホール時の写真がありますので見たい方はお問い合わせください。
エンジンオイル漏れが多少あります。
◆エンジンの仕様
・エンジン種類:直列4気筒DOHC8バルブ
・総排気量:1558cc
・最高出力:126ps/6500rpm
・最大トルク:15.6kgm/5500rpm
◆駆動方式
・ミッドシップ
◆トランスミッション
・5速マニュアルトランスミッション

〓〓〓〓
◆足回り
――――
フロントにダブルウィッシュボーン式、リヤにラジアスアームとロワートランスバースリンク式を組み合わせたヨーロッパ専用のサスペンションです。
前後のショックアブソーバーは約2年前にプロテックショックのアジャスタブルショックアブソーバーに交換しています。
フロントスタビライザーをドロップリンクに変更しています。
ステアリングギヤボックスは、ラック&ピニオン式、フロントディスクブレーキ、リヤドラムブレーキです。

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
前オーナーさんが実施した整備を以下に記します。
ただし、記録簿、修理明細などはありません。
◆ミション関係
・分解オーバーホール
・1速シンクロリング交換
・2速シンクロリング交換
・1、2速シンクロスプリング交換
・5速プッシュランジャー交換
・5速プッシュランジャースプリング交換
・デフサイドシール、Oリング、ベアリング交換
・コントロールシャフト、シール、ブーツ交換
・ベルハウジングシール、パッキン交換
・スピードメーターシール、ギヤ、Oリング交換
・リヤケースパッキン交換
・セレクター及びCシャフト部のボーリング&ブッシュ製作入れ換え
・セレクタースプリング交換
・ミッションケースブラスト、ペイント
・ミッションマウント交換(2個)
◆クラッチ関係
・クラッチ分解オーバーホール
・クラッチディスク交換
・クラッチカバー交換
・スピゴットベアリング交換
・レリーズベアリング交換
◆シフト関係
・シフトリンケージ分解オーバーホール調整
・シフトブッシュ交換
・ミッションtoブロックシールドプレート交換
◆その他
・フロント&リヤバンパークロームメッキ
・ステンレススロットルケーブルブラケット交換
・K&Nエアフィルター交換
・マスターバッテリースイッチ設置
・セルモータープシュスイッチ設置
・4点式シートベルト装着
・アルミホイール装着(パナスポーツ)
・ミツバ製電動フューエルポンプ装着
・フューエルストレーナー装着
・アズールフューエルライン制作
・ラジエターオーバーヒート対策コア入れ替え
・ラジエターホース交換
・強力電動ファン設置
・サーモスタットスイッチ設置
・トルグスイッチ設置
・TC SUS サブタンク設置
・ラジエターキャップ交換
・デロルトキャブフロート調整
・ルーカス43Dディビ+フルトラキット装着
・43D用ウルトラプラグコード装着
・国産スミスタコメーター交換(10000rpm)
・71℃サーモスタット&パッキン
・メーターパネルライトスイッチ修理
・アンメーター修理
・60Aダイナモ交換
・バッテリー移設
・ポメックバッテリー装着

現オーナーさんが譲り受けてからの整備記録がありましたので以下に記します。
全て揃っているわけではありません。
◆2004.4 車検 88,181マイル
・リヤブレーキホイールシリンダー交換
・右サイドワイヤー修理、スプリング追加
・ステアリングラックブーツ交換
◆2004.2 一般整備 86,851マイル
・エンジンオイル交換
・エンジンオイルフィルター交換
◆2004.6 車検
◆2004.10 一般整備 89,481マイル
・ステアリングジョイント交換
◆2004.12 一般整備
・ブレーキオイル漏れ修理
・ブレーキパイプ作成
・マスターシリンダー交換
・リザーブタンク交換
・ブレーキフルード交換
◆2005.6 一般整備 91,952マイル
・セルモーター交換
◆2006.6 車検 96,014マイル
・ブレーキフルード交換
・リヤブレーキライニング交換
・スパークプラグ交換
・ミッションオイル補充
◆2007.1 一般整備 98,576マイル
・エンジンミッション脱着
・デリバリーパイプ交換
・バイパスホース交換
・マフラー分解修正スタッド交換
・ブロック分解組付け
・スリーブ入れボーリング
・ヘッドガスケットセット交換
・ボトムガスケットキット交換
・ムーンラバー交換
・カムシール交換
・タイミングチェーン交換
・コンロッドベアリング交換
・スラストメタル交換
・メインベアリング交換
・ピストンリング交換
・ブリーザーチューブ交換
・ウォーターポンプリペアキット交換
・LLC交換
・サーモスタットハウジング交換
・リングギヤ交換
◆2008.5 一般整備
・ウォーターポンプ交換
・ヘッドガスケットセット交換
・ムーンラバー交換
・ボトムガスケットキット交換
・ホース類交換
・エンジンオイルフィルター交換
・フランジガスケット交換
・キャブレターインシュレーター交換
◆2008.6 車検 3,515マイル
・エンジンオイル交換
・LLC交換
・燃料漏れ点検修理
・燃料ホース交換
・燃料レギュレーターセットアップ
・シリンダーヘッド脱着
・サンプパン脱着
・フロントカバー脱着
・ウォーターポンプ抜き取り
・サーモスタット抜き取り
・エキゾーストガスケット交換
・電動ポンプ取付け
・水温センサー移動
◆2011.8 車検

◆付属品
・新品クラッチプレート
・スパックス製前後アジャスタブルショックアブソーバー(ジャンク品)
・コニー製前後アジャスタブルショックアブソーバー(中古品)

屋根付きガレージに保管、雨の日には乗りません。
車の調子を維持するため、たまに乗りますので走行距離が伸びることをご承知おき願います。

車は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 580万円
画像クリックで拡大出来ます
独特なフロントマスク 
リヤスタイルも個性的 
低いボディ、カッコイイですね 
リヤエンドまで流れるデッキは素敵です 
サイドビュー、カッコイイ 
 
リヤデッキは空力特性をアップ 
ヘッドライトLH 
ヘッドライトRH 
フロントサイドターンライト、砲弾型のミラー 
ロータス・ヨーロッパのバッジ、ドアハンドル 
リヤガラス、燃料タンクキャップは2個 
ピンライン、DIYです 
ボディのひび割れ 
サイドシルアンダーボディ部 
パナスポーツアルミホイール 
コックピット 
 
スピードメーター、タコメーター 
センターの4連メーター 
 
 
 
センターコンソール 
ヒーターユニット関係 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
リヤパネル 
天井 
シートベルトジョイント 
ポリカボネート、ナット1本で取外し可能 
電動ファン用コントローラー、新設したヒューズボックス 
ABCペダル 
ドアのウェザストリップ部 
サイドシル部LH(保護テープ貼付け) 
サイドシル部RH(保護テープ貼付け) 
フロントドアトリムLH(生地張り付け) 
フロントドアトリムRH(生地張り付け) 
 
エンジンルーム(ロータスビッグバルブエンジン) 
エンジン各部 
ボンネット裏 
エンジン下部、ドライブシャフト部 
シフトリンケージ部 
フロントルーム 
 
塗装、内側は手塗り 
フロントリッド 
各サスペンション部 
付属パーツ類 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

新規掲載開始より48時間、見学(購入希望)予約を受け付けます。
購入希望の方が複数いた場合は、現状の価格から入札になります。

※購入、商談については、早いもの順ではありません。
※48時間経過後は、お問い合わせ順にご案内いたします。

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る