エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


ランチア・フルヴィア クーペ ラリー1.3 シリーズ1 1968年式
車検 一時抹消(車検2016年3月) 走行 14,989km 備考 イタリア並行車、国内ワンオーナー、CDI、シリコンプラグコード、RAMAIRエアクリーナー、ワンオフステンレス製エキゾーストマフラー
長さ 3950mm 1560mm 高さ 1300mm 重量 960kg 排気量 1290cc
取材日2019年8月13日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ランチア・フルヴィア クーペについて
―――――――――――――――――――
ランチア・フルヴィアは、1963年から76年まで製造・販売されたイタリアの小型乗用車です。ボディの種類は、ベルリーナ、クーペ、スポルトがありました。
フルヴィアの名を世界に知らしめたのはランチア・フルヴィア クーペ1600HFモデルのラリーカー、1972年にはWRCチャンピオンカーとなっています。
フルヴィアは、フィアットの傘下に入る前に設計された最後のランチアであり、そして伝統に恥じない高度なメカニズム、高い技術力、洗練されたスタイルを持ち合わせた車です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、シリーズ1のランチア・フルヴィア クーペ ラリー1.3です。
エンジンは挟角V4エンジンを搭載、4速マニュアルミッションとの組み合わせです。
現オーナーさん、かねてから憧れていたランチア・フルヴィア クーペを手に入れるため、イタリア車を中心に扱っている専門店に依頼します。そして数か月後、イタリア本国から輸入となりました。

新規で車検を取得、その際に不具合箇所を修理します。
以下がその内容です。
・RAMAIRエアクリーナー装着
・オイルキャッチタンク装着
・電磁式ヒューエルポンプ(ミツバ)装着
・CDI装着(永井電子製)
・シリコンプラグコード(ウルトラ製)
・ステンレスエキゾーストマフラー(ワンオフ)
・ウォーターポンプ

それから15年間、ワンオーナーとして所有します。
休日のドライブカーとして楽しんで来られましたが、しばらく前から他の趣味へ気持ちが移行、なかなか乗ることができなくなり、3年前に一時抹消として現在に至っています。
このまま、ご自身が持っていても乗る機会がないなと思い、エンスー車を多く扱うエンスーの杜への掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆外観
――――
しばらく、ガレージで保管しているため、埃が被っていましたが洗車すればきれいになると思いました。
ボディの造形は素晴らしいと思いました。特にフロント周りのラウンドしたデザイン、サイドのセンターのプレスライン、リヤの凝ったデザイン、当時の車に対する美学を感じました。
ボディは塗装のひび割れやパテなどの補修跡が見られました。塗装や補修はイタリア本国で行われています。
少し気になる箇所はフロント右コーナーに補修跡、少し凸凹しています。
塗装のひび割れは、ホイールアーチやトランクに見られます。
軽量化のため、ボンネット、ドア、トランクリッドにアルミを使用しています。
ホイールはカンパニョーロ製のマグネシウムホイール、タイヤサイズは185/65R14です。純正のスチールホイールとホイールカバーが4セットありますのでお付けします。

〓〓〓〓
◆内装
――――
ウッドパネルのインパネ、ブルーの内装色、お洒落なデザインです。
ウッドパネルは多少のひび割れが見られます。ダッシュパネルに割れはありません。
メーター類はVEGLIA製の5連メーター、左側からスピードメーター、燃料計、水温計、油圧計、タコメーターとなります。助手席の時計は不動です。
シートは珍しいファブリック、ドアの内張りもファブリックです。
ヒーター付きです。もちろんエアコンはありません。
エンジンスタートはイグニッションをONにし、プッシュするとエンジンが始動します。

〓〓〓〓
◆機関
――――
機関は、バッテリー上がりを除いて良好な状態です。
エンジンは45度傾斜したコンパクトながらトルクフルな狭角V4 DOHCエンジンを搭載、4速ミッションの組み合わせでFFとなります。キャブレタはソレックスのツインです。
◆エンジン仕様
・エンジン種類:水冷式挟角V4 DOCHエンジン
・総排気量:1298cc
・最大出力:87hp/6000rpm
・最大トルク:11.6kgm/4500rpm

〓〓〓〓
◆足回り
――――
サスペンションは標準仕様です。
◆足回り仕様
・ステアリング:ウォーム&セクター式
・サスペンション(前):ダブルウィッシュボーン+リーフ
・リヤサスペンション(後):リジット+リーフ
・ブレーキ(前後):ディスクブレーキ

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
以下は、残っているメンテナンスの記録です。
◆1999年3月
・エンジンオイル/エレメント交換
・ブレーキパッド交換
・ブレーキキャリパーオーバーホールkit交換
・ブレーキホース交換
・ブレーキバイパスホース製作
・ブレーキオイル交換
オーナーさんから今後のメンテナンスとしてブレーキキャリパーのOH(オーバーホール)が必要とお話しがありました。


更新記事(2019.10.3)

価格値下げ(320万円→300万円)を実施します。それと価格応談可としました。お問い合わせをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用(11,660円)は、別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 320万円→300万円(価格応談可)
画像クリックで拡大出来ます
シリーズ1のフロントグリルです 
凝ったデザインのテールエンド 
センターのプレスライン、いいですね! 
 
リヤフェンダーの造形美、いいですね! 
 
4灯式ヘッドライト 
 
シンプルなテールライト 
 
ランチアとラリー1.3のエンブレム 
フロント下回り 
砲弾型のアウトサイドミラー 
 
補修跡があります 
塗装のひび割れ(フェンダー部) 
塗装のひび割れ(トランク部) 
左サイドシル部 
右サイドシル部 
コックピット 
メーター類 
 
インパネセンター部 
フルヴィアのロゴがカッコイイ! 
 
長く伸びるシフトレバー 
ヒータースイッチとハザードスイッチ 
ABCペダル 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
リヤシート 
ヘッドライニング(汚れあり) 
 
 
ドアトリムLH 
ドアトリムRH 
エンジンルーム 
RAMAIRエアクリーナー 
CDI、オイルキャッチタンク、電磁式ヒューエルポンプ 
挟角4Vエンジン、取付けが45度傾いています 
ソレックスツインキャブ 
 
オイルパン部 
トランクルーム 
イタリアのオーナーさんの写真、ストックタイヤなど 
カンパニョーロ製のマグネシウムホイール 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
ステンレス製エキゾーストマフラー 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る