エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フォード マスタング ファストバック GT350仕様 1965年式
車検 一時抹消
(車検2020年4月)
走行 57,209 miles 備考 中古並行、日本でレストア、289コブラエンジン、5速マニュアル、MDS、ボディ新品オールペイント、FRPボンネット、内装張り替え、パワーステ付き、エアコン(ビンテージエア製)、ETC
長さ 460cm 175cm 高さ 130cm 重量 1380kg 排気量 4720cc
取材日2021年3月3日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆フォードマスタングについて
――――――――――――――
1964年に登場したフォードのマスタングはスペシャリティ・カーというジャンルを開拓し、その後カマロなど多くのライバル車を産み出すきっかけとなりました。

既存車種のコンポーネンツを流用しながらもスタイリッシュかつ4人乗員の2ドアクーペ&コンバーチブルという車種構成、高い動力性能、低価格の設定など魅力ある商品構成に発売直後から多くのファンを掴みました。

4月に発売が開始されたマスタングは、1ヶ月後の5月末にはアメリカ最大のレース・インディ500のペースカーに選ばれるという栄誉を受け、その後も半年で12万台ものセールスを記録、社会現象的な大ヒットとなりました。

1964年はクーペとコンバーチブルの2種類のボディ構成でしたが、翌1965年にはきれいなルーフラインを持つファストバック・モデルが追加となります。
マスタングは5年間で200万台を売るという大ヒット作、多くのメーカーに影響を与え、フォード自身も同じコンセプトのマスタングを30年後にリバイバルさせています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、フォード マスタングの中でも人気の高いファストバックです。
そして何と言ってもこのカラーリングから誰もがわかるシェルビーGT350仕様の個体です。
シェルビーGT350は、キャロル・シェルビーがフォードモーターから依頼を受けてレース用に開発したモデルです。そしてSCCAトランザムシリーズで3度のマニュファクチュアラータイトルを獲得しています。

現オーナーさんは、約5年前にお知り合いの方から譲り受けます。
前のオーナーの方がシェルビーGT350と同じパーツを使用し、一から仕上げたそうです。
◆その内容は
・ボディは新品を購入、日本で全塗装して組立
・FRPボンネット交換
・ラバー類交換
・バンパー、エンブレム交換
・フロントガラス新品交換
・カーペット・モール類、内張り交換
・アルミ製大容量ラジエター交換
・289キュービックインチエンジン(GT350と同じ)
・アルミインテークマニホールド
・ホーリーキャブレター
・大容量のエンジンオイルパン(GT350と同じ)
・MDS点火システム
・5速マニュアルトランスミッション
・ステンレス製エキゾーストパイプ(両サイド出し)
・アメリカンレーシング トルク スラスト D ホイール 15 X 7
・タイヤメーター:BFグッドリッチ Radial T/A
・タイヤサイズ フロント:P205/60R15 リヤ:P225/60R15

当初はエアコンが無かったため、社外製のエアコンシステム(R134ガス)を数年前に取付けています。旧車ですが夏も快適に街中を走行できます。

オーナーさんは、コレクションとして保有していましたが車庫整理のため、エンスーの杜への掲載となりました。 ガレージ保管、雨天時は乗っておりません。

〓〓〓〓
◆外観
――――
青いラインは塗装、サイドのGT350のデカールとストライプはカッティングシートです。
サビも見当たりませんのでしっかりと下地作業を行なってから塗装したものだと判断できます。
ボディは、コンクールコンディションの状態です。
ボンネットはFRP製です。

〓〓〓〓
◆内装
――――
きれいで清潔感があり、いい状態です。内装がきれいな車は、気持ちがいいですね。
インパネセンターには、シェルビーGT350と同じメーターを装備しています。
フロントピラーには水温計と電圧計を装着しています。
リヤシートは折り畳みができます。
パーキングブレーキは本来ステッキタイプですが、レバータイプに変更しています。
旧車であろうと必需品と言ってもいいクーラー付きです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
エンジン始動も一発、アイドリングも安定しています。不具合はありません。
迫力のあるエンジン音は、アメリカの古き良き時代を彷彿させます。吹き上がり、加速感は最高です。(加速のときは体がシートに押し付けられます、わくわくします)
トランスミッションは、マニュアル5速です。高速道路も負荷なく、気持ちよく走ることが可能です。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ブッシュ、ゴム類は交換済み、ショックも交換済みです。
ブレーキは、フロントがディスクブレーキ、リヤはドラムブレーキです。
ブレーキマスターバッグは大型に交換しています。

クラシックカー(骨董品)の部類になりますので現車確認をお願いします。
また、オーナーさんは、お忙しい方なので現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用は、別途清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 1290万円
画像クリックで拡大出来ます
GT350のブルーライン
トランクまでラインはあります
カッコイイですね
 
ファストバック、いいですね
 
 
ブラックのメッシュグリル
フロントアンダーから見えるコブラオイルパン
FRPボンネット
ボンネットピン
ヘッドライトRH
ヘッドライトLH
GT350アンダーライン
 
ドアミラー
リヤクォーターグリル
テールライトLH
テールライトRH
ヒューエルタンクは新品に交換
左サイドシルアンダーボディ部
右サイドシルアンダーボディ部
アルミホイール
コックピット
メーター
インパネセンター部のクーラーの吹き出し口
グローブボックス
タコメーターと油圧計
水温計と電圧計
シフトレバーとパーキングブレーキレバー
シェルビーアメリカンのサイドスカッフプレート
ドライバーズシート、シートベルトはシンプソン
パッセンジャーシート
リヤシート
リヤシートを折り畳んだ状態
 
天井
左ドアトリム
右ドアトリム
エンジンルーム
コブラのカムカバー
 
ホーリーキャブレター
大容量のエンジンオイルパン
左サイドエキゾーストパイプ
右サイドエキゾーストパイプ
トランクルーム
フロントサスペンション部
リヤサスペンション部
リヤディファレンシャル部


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る