エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フォードマスタング コンバーチブル 1966年式
車検 2019年10月 走行 不明(メーター読み:14,777マイル) 備考 並行車、左ハンドル、5.0マスタングHOエンジン、3速オートマチック、4輪ディスクブレーキ
長さ 4610mm 1740mm 高さ 1360mm 重量 1500kg 排気量 4940cc
取材日2019年9月11日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆フォードマスタングについて
――――――――――――――
1964年に登場したフォードのマスタングはスペシャリティ・カーというジャンルを開拓し、その後カマロなど多くのライバル車を産み出すきっかけとなりました。

既存車種のコンポーネンツを流用しながらもスタイリッシュかつ4人乗員の2ドアクーペ&コンバーチブルという車種構成、高い動力性能、低価格の設定など魅力ある商品構成に発売直後から多くのファンを掴みました。
1964年4月に発売が開始されたマスタングは、1ヶ月後の5月末にはアメリカ最大のレース・インディ500のペースカーに選ばれるという栄誉を受け、その後も半年で12万台ものセールスを記録、社会現象的な大ヒットとなりました。
1964年はクーペとコンバーチブルの2種類のボディ構成でしたが、翌1965年にはきれいなルーフラインを持つファストバック・モデルが追加となります。
マスタングは5年間で200万台を売るという大ヒット作、多くのメーカーに影響を与え、フォード自身も同じコンセプトのマスタングを30年後にリバイバルさせています。

アメリカを代表する車であるフォードマスタング、一度は所有したい車ですね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は1966年モデルのフォードマスタングコンバーチブルです。
初年度登録が1994年、並行輸入された個体です。
エンジンは、フォードの5.0リッターHOエンジンを搭載、トランスミッションは3速オートマチックです。
内外装、機関とも程度のよいマスタングのコンバーチブルは少ないと思います。

〓〓〓〓
◆外観
――――
ペパーミントブルー(またはティファニーブルーともいいます)のボディは、大変きれいな状態です。幌は白色、破れなどはなく、電動式でスムーズに開閉ができます。
幌を格納した時に被せるカバーがあります。
バンパー、ラジエターグリルなどのメッキパーツは輝きがあります。
ホイールはディッシュタイプのアルミホイール、タイヤは、ホワイトリボンタイヤです。
タイヤサイズはP205/70R15です。

〓〓〓〓
◆内装
――――
外装色とコンビネーションされたインテリアは大変きれいな状態です。
インパネには5個のメーターがあり、スピードメーターはマイル表示です。
ステアリングホイールはディープコーンのウッド製が装着しています。
シート類に破れ、擦れはありません。
オーディオはグローブボックス内にCDデッキを装備していました。
クーラー付きです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
エンジンは5.0リッターのフォード製マスタングHOエンジンを搭載、トランスミッションは3速オートマチックミッションです。
燃料供給装置はEFI、キャブレターの気難しさはありません。
点火装置はMSDシステムを装備、安定した点火を供給します。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
サスペンションはノーマルですがブレーキを変更しています。フロント、リヤともベンチレーテッドディスクブレーキです。

車は愛知県にあります。
法人登録車両ですが消費税込みの価格です。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 480万円
画像クリックで拡大出来ます
ペパーミントブルー、似合いますね 
フロントの造形、カッコイイ 
 
ヘッドライトRH 
ヘッドライトLH 
マスタングは野生の馬の意味 
きれいなフロントアンダー部 
三角窓あり 
 
 
 
幌格納時の状態 
左右にテールフィンがあります 
 
 
テールライトLH 
テールライトRH 
燃料タンクキャップ 
きれいなリヤアンダー部 
左サイドシル部 
右サイドシル部 
幌を被せた状態 
 
 
幌の内側 
コックピット 
左のレバーが幌開閉用スイッチ 
5連メーター 
センターコンソール 
フロアコンソール 
 
CDデッキ 
 
フロントシート 
リヤシート 
フロントドアトリムLH 
フロントドアトリムRH 
エンジンルーム 
 
K&Nのエアクリーナー 
MSDシステム 
エンジンオイルパン部 
オートマチックオイルパン部 
トランクルーム 
スペアタイヤ 
ディッシュタイプのアルミホイール 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る