エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


フィアットX1/9 1981年式
車検2023年6月 走行 12,100km 備考 5MT
長さ 374cm 157cm 高さ 117cm 重量 950kg 排気量 1500cc
取材日2022年11月

フィアットX1/9のご紹介になります。

X1/9は、1972年11月に1300ccのエンジンをミッドシップに搭載してデビューしました。ハンドリングもパッケージングも極めて優れ、バランスの良い実用にも耐える量産スポーツカーであり、特に北米では大成功を収めました。
ルーフは脱着式であり、フロントのトランクスペースに収まり、オープン感覚も味わえます。78年にマイナーチェンジを行い、リトモ1500の1.5リッター・85馬力、5速ミッションが追加され、82年からはベルトーネ ブランドでセールスを行うようになりました。X1/9は元々カロッツェリア・ベルトーネ工場で生産を行っていたので、基本的にはエンブレム等若干の違いのみとなります。

今回ご紹介の個体は1500ccの後期モデルになります。訳あってガレージに10年近く眠っていたワンオーナーもの個体を現オーナー様が手に入れられました。少しボディがヤレてきてはいますが、運転席フロア意外はノンレストア車両になります。

ガンディー二デザインのリトルミウラはリトラクタブルライトでMRオープン、私の中でX1/9はスーパーカー以外の何物でもありません。
昨今では国内の現存台数も数える位になってきてしまい、車の希少価値も非常に上がって来ております。
スーパーカー世代の方、X1/9はまだ何とか手の届く価格でもありますので、雲の上に行く前に是非ご検討頂ければと思います。

◆外装
ところどころ錆の発生箇所はありますが、先ずはレストアを施されていないボディと言う事が一番かと。
初代カウンタックLP400と同じ純正カラーと言うところもポイントが高いです。
バンパーは前後共にレス仕様になりますが、車検もこのままで問題無いそうです。オーナー様は現在の仕様で車検場に持って行き、継続車検を取られております。(タイヤ、ホイール、運転席シート交換とブローバイホースの簡単な取り回しが必要です。)
車高がスプリングの交換により少し落とされていますので、佇まいが良いです。
ライトの開閉もスムーズです。バルブはLEDに変更されております。

◆内装
外装同様にレーシーな雰囲気にモデファイされております。
ステアリングとシートが変更されております。(オリジナルあります)
ボタンスターターに変更や、各種スイッチ類の移設、スイッチ変更があります。
ラジオ、アンテナ、スピーカー、フロアマット除去(オリジナルあります)

◆機関
熟練メカニックでもあるオーナー様のお車でしたので、エンジン、ミッション、足回りと機関の調子はすこぶる良い状態です。
オーナー様が手に入れてから施した主だった直近内容を下記に記載しておきます。

触媒付きマフラーをワンオフにて作成
電動ファン、S/W、リレー
IGコイル交換、(電圧降下対策施工済み)
キャブレターOH (ジェット、ベンチュリー変更にてセッティング)
タイミングベルト交換
B/RキャリパーOH
スターターモーターをリダクションタイプに変更
クラッチ3点セット新品交換
ドラシャ左ブーツ交換
フューエルゲージ修理
etc...

◆備考
詳細は是非動画をご覧ください。

乗って楽しむオーナー様ですので、美観と言うよりも機能、機関を重視しております。
以前ワンオーナーものだった事を考えると実装距離かもしれません。
車検用のホイールJWLマークありが4本ありますので、希望で有ればお付けできます。

他にも以下の新品スペアパーツをお付け出来ます。

クーラントホース
サスペンションブッシュ
スリット付きブレーキディスク
スパルコスペーサー&ロングボルト

fiatの部品はこちら。
【パーツの杜】
https://partsno-mori.com/

※ 筆者は静止画、文章より格段に情報の多い動画をメインに紹介しております。
これは昨今の画質やインフラ、スマホ等のネット環境向上により、静止画や文章よりも格段に情報量が多く、なおかつオーナー様の雰囲気や声も入る事によって、この車のオーナー様の人となりも見えてきますので、買う人にとってはより具体的にイメージが出来る事ができます。
是非youtube動画を最後までご覧頂ければと思います。

個人売買の為に車両本体に消費税はかかりませんが、月割の自動車税とリサイクル券代金が別途必要になります。
車両は神奈川県横浜市に御座います。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
198万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-2634-6120(クリハラ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
kurizou2001@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る