エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


NA8C ユーノス・ロードスター Xスペシャル タイプII 1994年式
車検 2021年3月 走行 不明(メーター読み:203,862km) 備考 ディーラー車、エンジン&トランスミッション載せ替え(NB8C用、6速)、車高調サスペンション(RSファクトリーSTAGEオリジナル)、ブレーキ(ENDLESSローター&パッド)、ETC、ポータブルナビ
長さ 3950mm 1670mm 高さ 1230mm 重量 990kg 排気量 1830cc
取材日2019年4月3日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ユーノス・ロードスターについて
―――――――――――――――――
"ユーノス・ロードスター"は1989年にマツダの新しい販売チャンネル・ユーノスから発売されます。アメリカでは一足早く"ミアータ"という名前でデビュー。コンパクトなボディにリファインされた1.6リットルDOHC16バルブエンジンと5速マニュアルトランスミッションを搭載、サスペンションは4輪ともダブルウィッシュボーン式を採用、その軽快でプリミティブなロードスターは運転の楽しさを教えてくれる一台として広く愛されることになりました。またライトウェイトカーの聖地である英国を始めとするヨーロッパ諸国でも歓迎されて、一大ロードスターブームの火付け役となり、各メーカーからこぞってロードスターモデルが登場しています。今もその人気は衰えず、年々進化しているロードスター、クルマとひとつになって駆ける「人馬一体」の走りの楽しさは他に追従を許さない本物のスポーツカーと言えるのではないでしょうか。
2003年からは、マツダ・ロードスターとなり、現在まで30年の歴史を持ちます。
デザインは時代と共に変化しますが、走りの楽しさは変わらない車、一度は所有したいスポーツカーと思うのは私だけでしょうか。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、NA8Cユーノス・ロードスター、Vスペシャル・タイプ2です。
Vスペシャル・タイプ2は、1.8リッターエンジンを搭載、ネオグリーンのボディカラーとタンカラー内装のコンビネーションに、NARDI製のステアリングとシフトノブを装着したクラシカルな雰囲気が漂うグレードです。

現オーナーさんは、スリーオーナー目の方ですが、セカンドオーナーの方が長く所有していたらしく、その方より約5年前に譲り受けます。

そのセカンドオーナーさんが色々とモディファイされましたので、以下に内容をご紹介いたします。
●エンジン載せ替え(NA8C BP-ZEエンジン:130ps → NB8C Sr.3 BP-VEエンジン:160ps)
●同時にT/M載せ替え(NA8C 5速 → NB8C 6速 後期、シフトフィール改良品)
※10万キロ時に載せ替えです。
●コンピューター交換(NB8C Sr.3 純正品)
●サイドシル部ウレタン注入
●エキゾーストマニホールド(マキスムワークス 4-2-1 NB8C用)
●ヘッドライト(H4バルブ交換タイプに換装)
●フロントバンパー(NA6用、ナンバープレート取付け穴なし)
●エアフィルター(M'sスーパークリーナー)
●ブレーキ(ENDLESSローター&パッド)
●ブレーキホース(ステンレス製)
●サスペンション
・RSファクトリーSTAGEオリジナル、KONI&ショコラ&NBバンプ&NBアッパーKIT
・フルブッシュ
●ダッシュボード交換
●ブレーキライプLED化
●室内灯LED化
●フロントスピーカー(カロッツェリア カスタムフィットスピーカー交換)

購入してからは通勤や休日のドライブに出掛けたそうですが、家族構成の変化により乗る機会が少なくなり、それでは好きな方に乗って頂いた方がいいと思い、エンスーの杜への掲載依頼となりました。

NB8C用のエンジン&トランスミッションへの載せ替えは、ステップアップのためです。不具合のための載せ替えではありません。コンピューターもN8BC用、ノーマルの仕様です。
足回りはスーパーチョコバナナ、張り付き脚でよく動き、ブレーキングドリフトなどもしやすいというロードスター界では名の知れたサスペンションです。

〓〓〓〓
◆ボディ
――――
リヤバンパー、リヤマッドガード、リヤフィニッシャーパネル、ボンネット、トランク、リトラクターカバー、左フェンダー、に塗装の劣化があったため、再塗装しています。
全体的にはきれいな状態です。幌は少し色が落ちているようですが破れなどはありません。ボディのキズは多少ありますが、目立つキズはありません。
ホップアップ式ヘッドライトが、たまに閉じないときがあるそうです。
助手席ドアのアウターハンドルを引いてドアを開けた後、アウターハンドルが元に戻らないため、ドアを閉じるときはアウターハンドルを元に位置に戻して、ドアを閉じる必要があります。そのままドア閉じても閉めることはできません。
アルミホイールはRSワタナベホイール、タイヤサイズは185/60R14です。
現在履いているタイヤは、そろそろ交換時期です。
純正のメッキアルミホイール+タイヤ(スタッドレス)がありますのでお付けします。

〓〓〓〓〓〓
◆インテリア
――――――
タンカラーのインテリア、きれいな状態です。シートは純正のボディソニック付きのシートを装備、オーディオは純正品ですが、CDが作動しません。トランクルームにFMモジュレーター設置、OFF時はラジオ、ON時にナビのSDカードの音楽が聴くことができます。
ステアリングホイールはナルディのウッド、シフトノブ(NB8C用に変更)、パーキングブレーキレバーもウッドです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
NB8Cのエンジン、トランスミッションに載せ替えています。コンピューターもNB8C用を使用しています。載せ替えたエンジン、トランスミッションの走行距離はわかりません。
エアクリーナーはM'sスーパークリーナー、エキゾーストマニホールドはマキスムワークスを装備、吸気音が最高です。
ラジエターはマルハモータース製です。(ロードスター専門店)
エアコン作動中に信号で止まると、たまにエンジンがストールするときがあるそうです。エアコンを付けないときは、エンジンがストールすることはないそうです。ディーラーの方に聞いたのですが、症状が頻繁に出るわけではないので、様子をみましょうと言われましたのでそのままにしています。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
サスペンションはRSファクトリーSTAGEオリジナル、KONI&ショコラ&NBバンプ&NBアッパーKITを装備、ブッシュ類もすべて交換しています。車高は街乗りを考慮し、2〜3cmのローダウンです。

◆足回り仕様
サスペンション(前):独立マクファーソン・ストラット/コイル
サスペンション(後):独立 ストラット、ウィッシュボーン/コイル
ステアリング形式:ラック&ピニオン
ブレーキ形式:前後ディスクブレーキ

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
メンテナンスの記録は前オーナーさんも含めてファイリングしてありました。
現オーナーさんが行った整備内容をご紹介します。
・ワイパーモーター交換
・点火プラグ交換
・バッテリー交換
・タイミングベルト&ウォーターポンプ交換
・ヒーターコア交換
・ラジエター交換(マルハモータース)
・外装の塗装
・14インチRSワタナベホイール装着換

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 商談中
画像クリックで拡大出来ます
一目でわかる初代ロードスター 
特長であるリトラクタブルヘッドライト 
 
リヤスタイルも素敵ですね 
 
 
フロントミッドシップとわかるサイドビュー 
幌を被せた時のフロントビュー 
 
 
リヤウインドウガラスはクリアです 
 
幌を被せた時のサイドビュー 
幌の汚れ 
リトラクタブルヘッドライト 
 
テールライト 
 
引っ掻きキズあり 
サイドシル部LH 
サイドシル部RH 
クラシックなコックピット 
コンビネーションメーター 
 
センターコンソール 
フロアコンソール 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
 
ドアトリムLH 
ドアトリムRH 
幌を畳んだ状態 
ABCペダル 
エンジンルーム 
 
エキゾーストマニホールドのバンテージ 
M'sスーパークリーナー 
 
マルハモータースのラジエター 
 
トランクルーム 
ジャッキ、工具 
フロントサスペンション部 
リヤサスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
エキゾーストマフラー 
RSワタナベのアルミホイール 
純正のアルミホイール 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る