エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


シトロエンC6 エクスクルーシブ 2007年式
車検 2022年1月 走行 47,942km 備考 ディーラー、3.0リッターV6エンジン、シーケンシャルモード付き6速オートマチック、フルオートエアコン、HDDナビゲーション、ETC
長さ 491cm 186cm 高さ 146cm 重量 1820kg 排気量 2490cc
取材日2021年8月15日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆シトロエンC6について
――――――――――――
シトロエンC6は、歴代シトロエンのフラッグシップとなるモデル「DS」、「CX」、「XM」に継ぐモデルとなります。日本仕様はエクスクルーシブと呼ばれる1種類のグレードのみです。
エンジンは3.0L V6(215馬力)を搭載、トランスミッションは、シーケンシャルモード付き6速ATです。シトロエン独特のハイドロニューマティックサスペンションシステムは、C6で新ハイドロニューマティック・アクティブサスペンションとなり、コンフォートとスポーツの2つのモードが選択可能となっています。車速110km/h以上になると自動的に12mm車高が下がり、高速走行モードとなります。
ステアリングコラムには電動チルト/テレスコピックステアリングを標準装備、ステアリングポジションの電動調整が可能になり、さらに乗降時にステアリングが自動的に上下する「イージーアクセス機能」も兼ね備えています。
C6は現代のシトロエンの中で最高峰の車両であることは違いありません。歴代シトロエンのフラッグシップモデルはフランス大統領の公用車として使われており、このC6もシラク大統領の公用車に採用されているそうです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両はC6エクスクルーシブです。ボディカラーはグリファルミネーターです。シートは本革、ベージュ(ワディビス)カラーの組み合わせとなります。

それにしてもC6のボディ形状は魅力的です。特にリヤウインドウガラスの曲線処理とテールランプの形状は女性の柔らかいラインを感じます。決して日本やアメリカ、ドイツでは生まれないデザインですね。
聞くところによるとC6チーフデザイナーは日本ひいきだそうです。テールランプが点灯したときの感じは行燈のイメージ、そしてリヤのクウォーターガラスにある数本のラインはかんざしをイメージしているそうです。

さて、現オーナーさんは一昨年このC6を購入します。昔からシトロエン好きな方で、今までの車歴をお聞きますとSM、DS、CX、エグザンティアなどを乗り継いできていらっしゃるそうです。しかし、そればかりではなく、エランS2、73カレラ、ディーノ206なども、凄い車歴ですね。
シトロエンの魅力はとお聞きしますと乗り心地、特に遠距離をドライブしたときにその真価がわかるそうです。
休日のドライブカーとして楽しんで来られましたが、他にも乗る車があり、最近は乗る機会が減ってきたため、やむなくエンスーの杜へ掲載依頼となりました。

〓〓〓〓
◆外観
――――
デザインは斬新で、これぞシトロエンデザインの真骨頂ではないかと思うことしきり、特に目を引くのは凹形状のリヤウインドウガラスです。日本のテイストも含まれるデザインは、もう出てこないかもしれませんね。
ボディカラーはグリファルミネーター、ブラックはあまり好きではないというオーナーさんの選択です。ライト類のレンズもクリアでした。
フロントバンパーに擦りキズがあります。オーナーさんが購入したときからあったそうです。他にも多少のキズはあるようですが、私はあまり気にならなかったので紹介はしていません。
ホイールは純正のアルミホイール、タイヤはミシュランではなく、コンチネンタルのコンチスポーツコンタクト、サイズは245/40R18です。

〓〓〓〓
◆内装
――――
大変お洒落で上品な味わいを感じる室内です。
シートは本革仕様、フロントシートは電動式パワーシート、リヤシートも含めて体を包み込むようなデザインは洗練さを感じます。
フランスのテイストを感じるドアトリムの半月ドアポケットもいいですね。
フロントウインドウガラスにヘッドアップディスプレイがあります。メーターを見なくても車速などの情報を見ることができます。
インストルメントパネルセンターにはHDDナビゲーションがあります。
オーディオはJBL製です。
フルオートエアコンはよく効くそうです。

〓〓〓〓
◆機関
――――
215psを発揮する3.0リッターV6エンジン搭載、シーケンシャルモード付き6速オートマチックとの相性は良くスムーズな走りを楽しめます。
機関に不具合はありません。
◆エンジン仕様
・エンジン形式:V型6気筒DOHC 24バルブ
・総排気量:2,946cc
・最高出力:215ps/,6000rpm
・最大トルク:30.5kgm/3,750rpm

トランスミッションは電子制御6速オートマチックトランスミッションです。(アイシン製)

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ハイドロニューマティック・アクティブサスペンションは正常に作動しています。
◆足回り仕様
・ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
・サスペンション形式(前):ダブルジョイントスプリングストラット式/コイルスプリング/スタビライザー
・サスペンション形式(後):インテグラルアーム式/コイルスプリング/スタビライザー
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク

〓〓〓〓〓〓
◆メンテナス
――――――
残っている整備記録を以下に記します。
◆2021/1 47,721km
・1年点検
・エンジンオイル交換
・ドレーンパッキン交換
◆2020/12 47,666km
・車検整備
・エンジンオイル交換
・ブレーキフルード交換
・ドレーンパッキン交換
・イグニッションコイル交換
・インマニガスケット交換
◆2012/12 24,707km
・1年点検
・タイヤローテーション
◆2009/12 15,217km
・車検整備
・エンジンオイルフィルター交換
・ブレーキフルード交換
・エアフィルターエレメント交換

◆上記以外として以下の整備を実施しています。
購入時とお聞きしましたので2019年の整備です。
・タイミングベルト交換
・ウォーターポンプ交換

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 277万円
画像クリックで拡大出来ます
フロントはスラントノーズ
シンボルマークのダブルシェブロン
ヘッドライトRH
ヘッドライトLH
フロントターン&フォグライトRH
フロントターン&フォグライトLH
フロントバンパーのキズ
左サイドビュー
トランクリッドのダブルシェブロンマーク
ラウンドしたリヤガラス
テールライトLH
テールライトRH
シトロエンのエンブレム
C6のエンブレム
他にはない造形美
セクシーですね
広いガラスエリア
 
かんざしのイメージ
 
左サイドシルアンダーボディ部
右サイドシルアンダーボディ部
純正のアルミホイール
コックピット
少し変色があります
デジタルメーター
HDDナビゲーション
センターコンソール
グローブボックス
ドライバーズシート
パッセンジャーシート
リヤシート
後席のエアコン吹き出し口
天井(垂れはなし)
リヤサンシェード
ペダル類
 
フロントドアトリム
半月ドアポケット
リヤドアトリム
エンジンルーム
 
 
トランクルーム
スペアタイヤ&工具
フロントサスペンション部
リヤサスペンション部
リヤアキュームレーター
エキゾーストマフラー
取扱説明書、メンテナンスノート


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る