エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


BMW 325i M-Technic 1989年式
車検 2021年3月 走行 不明 備考 Mテクニック 左ハンドル AT ACシュニッツアーホイール他
長さ 432cm 164cm 高さ 138cm 重量 1240kg 排気量 2490cc
取材日2021年3月21日

「希少なサバイバー!最高にクールなビンテージBMW325i M-techは、今やネオ・クラシックへの道をまっしぐら!・・・」

 

時は日本中がバブル景気に沸く「あの」時代の真只中・・・。全世界で通算234万台が生産され、日本国内にも正規物、並行輸入物と数多くが輸入、六本木のタクシーとまで揶揄された、空前の大ヒット車がありました。クールな外観と上質なインテリア・・・、そして乗る人全てを魅了した素晴らしいジャーマンスピリットE30シリーズです。

あれから30超年経過・・・。今日日本国内で名車E30シリーズを見つけることが極めて難しくなったのには、実は類稀なる日本経済の歴史の悪戯が大きく影響しています。

 

好景気の最中、海外のビルダーから見て日本市場は大変魅力的なビッグマーケットでした。イタリアの牛印や馬印、英国の天使達、そしてアウトバーンの申し子達は、驚くほどの数が輸入され溢れていた程です。それらが時間の経過とともに徐々にユーズド市場に出るや、「需要と供給のバランス」を著しく欠き、それらの高級車達は、その商品価値に比べて不当とも言える「飽和価格」で再販されます。

 

世界一厳格な車検制度が存在し、潤沢にお金をかけられた日本にある名車達・・・。そこに目をつけたのは、当然の事ながらその本来の価値を知るドイツ本国、ヨーロッパや新興国のバイヤー達。その時代の「輸入高級車」は、誠に残念ながらその殆どが再度海を渡り、今日国内に残るのはごくわずか・・・の状況を呈しており、海外の市場をリサーチしてもThis is a vehicle that was once used in Japan. という説明書き付きで販売されている名車を多くみる事が出来ます。

 

「1989年式 BMW 325i M-Technic」

 

コンパクトな後輪駆動のサルーンが不足していた1980年代、E30は軽量で洗練された、比類のないドライビング・プレジャーを提供する特別な存在として全世界から大きな注目を集めました。レースシーンで大活躍を果たしたM3の成功を受けて、BMWはよりスポーティなE30を求める顧客の声に応え、1986年に「325iスポーツ」を市場に投入します。このマーケティングは2ドアのみのモデルで実施され、BMWのモータースポーツ部門が開発した数々のアップグレードが施され「M-テクニック」のネーミングで発売、大きな反響を呼びます。

 

「官能的シルキーさ」という名言を生んだ、伝説のM20型2494cc直6エンジンを搭載したこのシリーズはMテクニック・ボディキットやトランク・スポイラーなどが含まれた他にも、より洗練された走りの実現の為にM-テクニックサスペンションがセットアップ、当時のBMWのスローガンThe Ultimate Driving Machineそのまま、感動のドライビングエクスペリエンスを提供しユーザーの心を熱く鷲掴みにしたのです。

 

「まさに希少なサバイバー!最高にクールなビンテージBMW325i M-techが目の前に!」

 

筆者は以前米国でE30シリーズに乗っていた経験があり、あの官能的な程シルキーな直6のフィーリングと、マッシブな個体が重量の二乗に比例してスピードに乗る「慣性の法則体験マシン」の如く、すっ飛ぶ加速フィーリングが忘れられず、今でも「死ぬまでにもう一度乗りたい車10選リスト」に入っている程です(笑)。
その様な想いで、今回の取材のご依頼本当に楽しみに出かけました!

 

久しぶりに目の前に現れた、M-テクニックの勇姿はなんとも素晴らしく、その大きな特徴であるフロントスポイラー・・・というより「エアダム」の表現の方がよく似合うフロントビューは、現在見てもやはり圧巻!コンパクトでワイド&ロー、当時の記憶が走馬灯の様に蘇り、私の右脳をグスグスと刺激します!BMW325i M-tech・・・!やはりストレートに「カッコよい!」車です!

 

「10年間大切にされ、サンデークルージングを楽しまれた優等生・・・」

 

オーナー様は、ドイツ車がお好きな素敵な紳士です。やはりスタイリッシュなE30が特にお好きでおられ、10年程前に知り合いの方から購入され、もっぱらセカンドカーとして大切にしてこられました。ご自身でリミックスした80年代のフェイバリットな洋楽CDを、当時物のナカミチ製オーディオで楽しまれ、近隣の軽井沢などへのロマンチックなコースをサンデークルージング中心に楽しんでこられました。
30超年のビンテージBMWですが、もっぱら基本的なメンテナンスを車検毎になさってこられ、10年間に起こったのはデスビの不調に伴う交換程で、大きな故障や不具合、走行途中での立ち往生など無く、非常に優等生だったと表現なさいます。

 

取材時に確認できた経年によるマイナーな不具合は・・・。

・写真では大変綺麗に見える車体ですが、大きなクリア劣化は無い物の、経年による小傷は散見される事
・エアコンのガスチャージが必要な事
・オドメーターが時々止まる事、車検毎にプラスチック製ギアを交換し稼働するもまたしばらくすると止まることがある事
・電動ミラーが稼働しない事
・タイヤが現在交換時期である事
・ホイールのクリア剥げが散見できる事・・・・・・等です。

 

取材時にも「やはり素敵なデザインだよね!特にMテクニックのアングルのついたリアスポイラーの造形は素晴らしいよね!」などと目を細めて我が子の様に語りかけられます。

 

そんな愛情たっぷりのオーナー様、この貴重なサバイバー個体E30 Mテクニックに対して「本来ならばレストアしてあげたい!」という思いでいっぱいのご様子・・・。

「なぜ?手放されるのですか???」との私の問いに対して、「最近めっぽう乗らないのが可哀想でたまらない、多くなった車両と保管環境の問題で、車検を継続しない事に決めました・・・。本当に残念だが、このままの姿を見ていたくない・・・。」との心からのエンスージアストマインドをお話しくださったのです。

 

「最高にクールなビンテージBMW325i M-tech!写真50枚と動画じっくりご覧下さい!」

 

素晴らしくスタイリッシュな1989年式BMW325i M-Technicです!
硬派なイメージは当時と変わらず、レースシーンでのM3から派生した唯一無似なBMWオーラは素晴らしく、今の車では決して表現できなくなった深い味わいが随所に見られます。
もちろんこのまま、要所に手を入れるだけで維持することも「漢な雰囲気」でとても良いのですが、じっくり時間と手をかけてレストアすれば、往年の輝きを取り戻す事でしょう。それもまた大きな楽しみ!どの様にこの車を活かしてあげられるか?!それはこれを読んで頂いている貴方次第です!

 

「1989年式BMW325i M-Technic取材後書き・・・」

 

久しぶりに見たE30シリーズ BMW325i M-テクニックは、やはり最高にクールなネオ・クラシックカーでした。撮影時にも通りかかる人々が振り返って行かれる様子に、やはり当時一世を風靡した名車のオーラを感じた次第です。
ガレージの中の終わらない夢・・・・。往年の輝きへの再生の楽しみがこのようなネオ・クラシックなら人生最高に素敵だろうと妄想が膨らむのは決して私だけではない筈です。かつてのあの時代の名車の完全復活はきっと時間と手間を要する作業・・・。しかしながら乗り越えた先には素晴らしいドライビングプレジャーが非日常へと誘ってくれる事でしょう。

 

「希少なサバイバー!最高にクールなビンテージBMW325i M-techは、今やネオ・クラシックへの道をまっしぐら!・・・」
是非オーナー様の見果てぬ夢を大切に引き継いでください・・・・・・。

 

 

この大変
素晴らしい車両は現在、群馬県にあります。

個人のため諸費用等はかかりませんが、自動車税(月割り)とリサイクル料のご負担をお願いいたします。また陸送等は購入者様の方で手配をお願いいたします。

(お問い合わせに際して)
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物でオーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。 状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
商談中
画像クリックで拡大出来ます
1989年式 BMW 325i M-Technic 
令和3年3月で車検は切れた状態で保管されておられます 
ディーラー物、Mテクニックの左ハンドル車 ACシュニッツアーホイール 
最高にクールなビンテージBMW325i M-tech 
M3のレースシーンでの活躍を元に、よりスポーティなイメージで世界中のマニアを虜にしたモデルです 
比類のないドライビング・プレジャーを提供する特別な存在 
Mテクニック・ボディキットやトランク・スポイラーで武装されたE30 
The Ultimate Driving Machine 
ワイド&ロウなボディスタイル、クオータービューも素晴らしく魅力的 
コンパクトでマッシブなジャーマンスポーツ 
アングルのついたツインテールトランクスポイラー 
リアビューもまた官能的です 
リアクオータービューからもこの車の特徴がよく伺えます 
マッシブな個体が重量の二乗に比例してスピードに乗る・・・・ 
「慣性の法則体験マシン」 
ロウアングルからの魅力的ビュー 
迫力満点のフロントマスクです 
大きなクリア劣化はありませんが、経年変化による小傷などは散見されます 
HIDに換装済みの丸目4灯式ヘッドライト 
ドアミラーに塗装劣化が見られます 
ルーフもエンジンフード同様の塗装コンディション 
ACシュニッツアーのホイールはクリア劣化が見られます 
雰囲気の良いホイールマッチですが、タイヤは交換時期です 
車両はこのままの状態でも漢な雰囲気で素晴らしいのですがタイヤは要交換時期です 
Mテクニックのバッジが大変誇らしげです 
Supersprintのデユアルマフラーカッター 
アングルのついたMテクニックリアスポイラーの印象的ビュー 
正規ディーラー物、左ハンドル車 
フェンダーの爪が引っかかった跡が1箇所見られます 
BMWエンブレムも味のある雰囲気です、もちろん新品にしても大いに雰囲気の変わる所 
Mテクニックボディキットの証 
電動収納が不動です 
下回りはこの状態、オイル漏れ等は確認できませんでした 
バッテリーカットオフスイッチ付き 
オリジナル車載工具は全て揃っている様子です 
リアスポイラーは二段式、唯一無似な意匠が素晴らしい 
「官能的シルキーさ」という名言を生んだ、伝説のM20型2494cc直6エンジン 
インシュレーターは劣化が見られます  
エンジンルーム反対側からのビュー 
気分を高揚させてくれる演出が素晴らしい 
シートは90年台レカロ製 
ジョイント部分のカバーが欠品しています 
ウッドパーツはACシュニッツアー製、カラー的にも良いアクセントです 
Mテクニックのステアリング、大きな擦れは見られません 
ドアインナーの様子、良い状態です  
ルーフ内張に切れが有ります 
気分を高揚させてくれるネオ・クラシックBMWのあの雰囲気満点です 
当時の雰囲気満載のコンソール部 
紫外線に大きく影響受ける部分ですがヒビ割れや傷は見られません 
リアシートにもMテクニックの意匠が見られます 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/070-6566-0829(ホリカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
kazuma_horikawa@icloud.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る