エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


BMW Mクーペ(E36/8) 2003年式
車検 2022年8月 走行 47,559km 備考 S54エンジン、5MT、ディーラー車
長さ 403cm 174cm 高さ 126cm 重量 1430kg 排気量 3240cc
取材日2020年6月

BMW Mクーペ(後期型)のご紹介です。
コンパクトなボディにS54エンジンを搭載します。
これは、M3(E46)等と同一のエンジンとなります。



以下、BMWに精通しており、コレクターのオーナーさんからの車両コメントになります。

BMWは、当時世界的に流行したライトウェイトオープンカーブームを受けて、1996年に「Z3ロードスター」を発表した。BMWとしては、Z1以来の2シーターロードスターである。
Z3モデルはプラットフォームを3シリーズ(E36)と共有する派生車種であり、コードネームは同じE36である。
Z3には2つのボディタイプと6種類のエンジン、様々なモデルバリエーションがあるが、最も特徴的なのが「Mクーペ」である。

当時、BMWの特殊開発担当主査だったDr.ブルクハルト・ゲッシェルはMロードスターを開発する過程で、オープンカー用に入念に補強されたフロアを更に強化し、屋根を加えることで理想のリアルスポーツカーを生み出すことを考える。
高レベルの操縦性、高機動、高出力、高剛性の最強クーペ、ゲッシェルの開発チームはアメリカ スパルタンバーグの地下研究室でZ3 Mクーペを生み出した。
その外見は、ロングノーズ&ショートデッキのZ3ボディにルーフを載せた一般的に見れば異様なスタイルであった。
当時のM3(E46)用のS54エンジン搭載、ボディの高剛性化、現代において「じゃじゃ馬」と評される生粋のスポーツカーである。

後期型に搭載されるエンジンは、6年連続エンジンアワードを受賞したM社製・S54、直6エンジンである。
E46M3、M3CSL、Z4Mに搭載された、「最後の直6NAのM専用エンジン」であり、語り継がれる名機である。
Mクーペ後期型S54エンジン搭載車は世界で1000台程の生産であり、希少性も高い。中でも2003年最終モデルはごくわずかである。
当時の国内新車価格は730万円。ベースのZ3ロードスターは352万円。2台分以上なのである。
専用装備は多々あれど、追加金額のほぼ全ては「エンジンとボディ強化」の費用である。まさに、究極のリアルスポーツカーである。
現在では絶対に誕生しない、元来のBMWの追い求めていた「駆け抜ける喜び」を追求したスペシャリティモデルなのである。



・・・



オーナーさんは、他にも複数のBMWを所有されております。
それぞれ、均一にコンディション維持されていることから、お車一台あたりの年間の走行距離はかなり少なめとなっております。
およそ年間200km程度とのことです。
エンジンは定期的に始動させており、月一回程度は走らせていると仰っておられました。
バッテリーをケーブルに繋いでいる状態での保管です。

所有されているお車、全て程度の良い物を購入されているため、オーナーさんが購入後
に故障はないとのことです。


普段はガレージ保管であります。

今回、車庫整理の為に掲載に至りました。



【外装】
まず第一印象が、「ヘッドライトの透明感」でした。お車の印象を左右する「目」ですが、透き通るようなクリアな状態でした。
ボディ色も鮮やかなエストリルブルーです。
目立つキズやへこみ等は見受けられませんでした。
リアのエンブレムが「M」のみというのが特徴的だと感じました。
ドア開口部等に各種純正のステッカー(コーションステッカー等)が貼ってあります。



【エンジン】
M54エンジンのハイスペックバージョンであるS54エンジンにより、最高出力343馬力、最大トルクは37.2kgmを誇ります。
一発始動であり、吹け上がりも良好です。

コンパクトなボディに比較的大きめのエンジンが搭載されてますので、容量的にトランスミッションは5速までしか積めなかったというエピソードがあるそうです。



【内装】
内装も綺麗な状態だと思います。
乗り降り時のシートの擦れは軽微なものだと感じました。
ステアリング、シフトノブ等は擦れは見受けられませんでした。
天井の垂れもございません。
サンルーフ付きです。

運転席と助手席の間に3連メーターがございますが、スポーツカーならではだと感じました。
                   


【足回り】
純正ホイールであり、Mのロゴが付いております。
キズは見受けられませんでした。
ヨコハマ「BluEarth-A」を履き、サイズはフロント225/45R17、リア245/40R17となります。




お車は茨城県にございます。
個人売買の為、消費税はかかりません。
オーナーさんのご厚意により、自動車税の月割り額とリサイクル料の別途ご負担はございません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
580万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シート擦れは軽微 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トランクルーム下部 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 茨城
TEL/080-1079-6049(ホシノ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
pmafuji@titan.ocn.ne.jp


※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る