エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


BMW アルピナC1 2.3 1985年式
車検 2020年4月 走行 102,200km 備考 並行車、5MT
長さ 4320mm 1640mm 高さ 1380mm 重量 1170kg 排気量 2310cc
取材日2019年12月

大変希少なBMW アルピナ C1 2.3のご紹介です。

C1 2.3にはE21モデルとE30モデルがあり、現車はE30ベースのC1 2.3となります。

何れにしても、生産台数が少ないため、現存数も少なく、大変希少な車種となります。

もともとはバイクもお好きなオーナーさんがこの車に出会ったのは2018年です。

学士の頃に観た映画「汚れた英雄」で登場したアルピナC1 2.3に強烈なインパクトがあった為、いつかは乗ってみたいと思っておられました。

しかし、現存数が少なく、中古車市場にもほとんど出ることが無い車両の為、なかなか購入する機会がなかったそうです。

2018年にたまたま見つけられ、東日本の専門店にて購入されました。

現車は修復歴有でしたが、前オーナーが定期的なメンテナンスをしながら、動態保存をされていた事(置きっぱなしの車両ではなく)や、しっかりとした明細や記録簿もあり、何より走りに関しては全く問題無かった為購入されたそうです。

過去の整備履歴、記録簿

平成22年10月  78,760km 単独事故(修理明細有)
平成24年 3月  81,263km 車検整備
平成24年 6月  81,419km 点検
平成25年 3月    不明     エアフロ等交換
平成25年 9月  84,214km 足回りOH
平成26年 4月  87,771km 車検整備
平成27年 6月  87,901km タイミングベルト、WP交換
平成27年10月  88,627km ウィンカーユニット交換
平成28年 4月  89,100km 車検整備
平成28年10月  89,898km MT,クラッチ等OH

平成29年10月  現オーナーさん購入

ここからはオーナーさんによる主なメンテナンス記録(何れも明細等すべてあります)

平成29年11月 タペットカバーパッキン交換、サクションパイプ交換、ミッションオイルシール交換、エンジン、ミッションオイル(Moty,s M216、M407)等交換
平成29年12月 ビルシュタインサスペンションキット取り付け
平成29年12月 ワンオフステンレスマフラー製作
平成30年 2月 ブレーキローター、ブレーキパッド等交換
平成30年 3月 車検整備、左右ドアウェザーストリップ交換、エンジンオイル交換(Moty,s M216)
平成30年 3月 右パワーウィンドウレギュレーター交換
平成30年 8月 電動ファン交換、ルーフインナーモール、アウターカバー交換、エンジンオイル交換(Moty,s M216)
平成31年 4月 オイルパン脱着オイル漏れ修理、ドレンボルト加工、リザーバータンク交換、エンジンオイル交換(Moty,s M216)
令和1年  9月 エンジンオイル交換(Moty,s M216)
令和1年 11月 HID交換

購入後は屋根付きの車庫にて保管し、とても大切にされています。

オーナーさんはこれまで、アルファスパイダー、アバルト595、S2000等乗られてきましたが、これまで乗られてきた車の中で最高に楽しい車と仰っていました。

とにかく走りは最高で、日々のストレスもこのC1で走れば一気に解消されるとのことでした。



取材全般と横に乗せていただき試乗したインプレ

【外装】
・画像に通り、基本的にはとてもきれいな部類に入ると思います。
・経年劣化的な傷や塗装の劣化はありますが、目立つものはありません。
・以前の修復箇所かどうかは不明ですが、Aピラーに凹み、トランク周辺に補修痕が見受けられます。
・トランクフードに若干のクリアとびがあります。

【内装】
・年式から考えると大変きれいな状態です。
・外装同様、目立った劣化、破れ、傷みは見受けられません。
・年式相応のヤレはあります。
・計器類は全て動きますが、天井のインスペクションは動きません。
・サンルーフも問題無く稼働するそうですが、オーナーさんはチルトしか使われません。
・ドライブレコーダー、ミラー型レーダー、ETC付き

【機関】
・気になる異音や、オイル漏れも無く極めて良好です。
・若干アイドリングは高めに設定されています。(1000rpm前後)
・エアコンは稼働しますが、効きはいまいちだそうです。
・一気に吹け上がるBMW伝統の直列6気筒エンジンは官能的です。

【足回り】
・BTSキットに変更されそれほど時間がたっていないのもあり、とてカッチリとした印象です。
・剛性感のあるボディと伸び続けそうなエンジンが相まってとても気持ちの良い仕上がりになっています。

【その他】
・キーはスペア含めて3本ありますがオリジナルかどうかはわかりません。
・社外のキーレス付き


手放すと二度と手に入らないと思いますし、本当は手放したくない一台なのですが、お子様お二人の進学が重なり、断腸の思いで借譲されます。

メンテナンスをすれば応えてくれる名車ですので、引き続き大切に、且つ、しっかりと乗っていただける方にお譲りしたいとの事でした。


車は島根県西部にあります。


個人のため諸費用等はかかりませんが、リサイクル料12,880円と自動車税の月割り分は別途必要です。

(登録や陸送等にかかる費用は別途必要となります。)

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
583万円
画像クリックで拡大出来ます
大変希少なアルピナ・C1 2.3です。 
精悍なフロントマスク 
小さな傷はありますが 
大きく目立った凹みや 
醜い大きな傷は 
ありません 
修復歴はありますが 
全体的には 
きれいな 
車体といえます。 
 
メッキ部もきれいな状態です。 
Aピラーに若干凹みがあります。 
 
トランクフードに少々クリア剥げがあります。 
リアスポイラーはBMW純正(アルピナではない) 
 
左ドア。内張りに反りや破れはありません。 
左ドア下も良好 
 
ステアリングはスレがあります。 
シートは全体的にやれはありますが、 
破れ等は無く良好です。 
天井も経年の汚れはありますがきれいな状態です。 
リアシートも良好です。 
右ドアも左ドアと同様に良好です。 
右ドア下 
 
よくあるダッシュの割れもなく、室内全般に清潔感がありきれいです。 
助手席も良好です。 
 
きれいなインシュレーター 
マーレ―の鍛造ピストンで気持ちよく吹け上がるシルキーシックス 
 
 
当時物?のスペアタイヤ 
過去の修復の跡@ 
過去の修復の跡A 
左サイドシル 
右サイドシル 
左フロント足回り 
 
右フロント足回り 
左リア足回り 
右リア足回り 
デフ周辺 
ワンオフマフラー(アルピナ純正はありません) 
 
ホイールは全体的にきれいで傷は少ないです。(最も大きな傷) 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 広島
TEL/090-8999-5657(クリハラ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
kurihara.nsk@sky.megaegg.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る