エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデス・ベンツ BRABUS E500(W124) 6.0 1992-1995年式
車検 2024年7月 走行 102,500km 備考 AT BRABUS-Alconキャリパー BRABUSナインプロップ・3ピースアルミ
長さ 472cm 178cm 高さ 140cm 重量 1750kg 排気量 5930cc
取材日2022年12月22日

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ポルシェラインの500Eの中でもひときわ希少。貴重。
本物のBRABUS E500 6.0コンプリート
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今まで日本人で何人の方が、
本物の500EのBRABUS(ブラバス)6.0コンプリートモデルを所有したことがあるでしょうか?

それほど希少な世界最強!?の4ドアセダンのご紹介です。

BRABUS(ブラバス)といえば、1977年に誕生したチューナー。
メルセデス・ベンツのチューナーといえばメルセデス・ベンツ傘下となったAMG、CARLSSON、Lorinserがあげられますが、
BRABUSはなかでも、クラフトマンシップあふれた硬派なチューニングを極めているメーカーといえましょう。

BRABUSは、メルセデス・ベンツをチューニングしたコンプリートカーで最高速度を追求。
1996年には4ドアセダンで、Eクラスでのコンプリートカーにおいて最高速度350.2km/hの世界記録に到達。大排気量にするだけでなく、必要ならパーツを開発し、徹底したエンジンのチューニングを行っています。

量産車では実現できない領域に達するコンプリートモデル。
その中でも、BRABUS E500 6.0コンプリートは、もっともBRABUSらしいモデルと言えるのではないでしょうか?

外観は、当時200万台以上のセールスを記録したW124と素人目にはほぼ見分けがつきません。
ところがその中身といえば、全く別物。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ポルシェが開発と生産を担当した奇跡のモデルに、
さらに最高のチューニングを加えたモデル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベースとなっている車両が、なんと生産数わずか10,479台しかない500E。
ポルシェが開発と生産を担当した奇跡のモデルに、さらに最高のチューニングを加えたモデルなのです。

当時、輸出が不振だったポルシェ。
一方、当時のダイムラー・ベンツ社はW124が代ヒットし、生産能力が不足。

これが奇跡をよびました。

ダイムラー・ベンツ社はポルシェに開発から、生産までを依頼。そして、ポルシェが出した答えが500Eでした。
メルセデスベンツ500Eは、ミディアムクラス(W124)。
Eクラスといえば当時の最高グレードで、1990年のパリモーターショーで発表されました。

最後のメルセデスとまで呼ばれるほど、昔ながらの堅牢なボディを持つW124はもともと人気の高いモデルですが、500Eはその中でも特別なモデル。
開発の90%を担当したといわれるポルシェは、さらに駆動系と車両の組付け作業を行っています。

ベースとなるW124より、56mmワイド化し、前後フェンダー、バンパーも専用デザインに。
ワイドフェンダーは他のW124と500Eを区別するステータスとなっていますが、極めておとなしい普通の顔をしています。
しかしエンジンは、8気筒、5リッターVエンジン、240 kW(326 hp)出力、最高速度は250 km / h。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人類最高の4ドアセダン!? BRABAUSのクラフトマンの
プライドが息づく408ps/5600rpm 61.6kgm/3800rpm。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BRABUS E500 6.0コンプリートも、ポルシェの意図を反映してか、派手なエアロパーツをまとうことない外観です。

しかしその中身といえば、ポルシェラインの500EをベースにさらにBRABAUSのクラフトマンが腕によりをかけてチューニング。
5,000ccから6,000ccまで引き上げ、408ps/5600rpm 61.6kgm/3800rpmに到達。

4ドアセダンに、90年代当時の最高峰とも言えるスパーカーのスペックを詰め込んでいます。
これも堅牢なW124のボディがなせる技と言えましょう。 

500Eのブレーキには、もともと高性能なBremboが搭載されていますが、400馬力以上の出力に見合うようBRABUSはさらに前後に強力なBRABUS-Alconキャリパーを装着しています。

ワイドに張り出したフェンダーに見事にフィットするアルミホイール。
ピアスボルトだけを残しブラック塗装された、BRABUSナインプロップ・3ピースアルミ。ホイールだけでも200万円以上のコストがかかっているという凄みが伝わってきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
500E BRABUSのエキスパートが徹底レストア後3万キロ。
隅々までメンテナンスが行き届いています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オーナー様によると、このBRABUS E500 6.0コンプリートはおそらく2オーナー目にあたり、7万キロあたりで手に入れたときには500E, BRABUS, AMGを多数扱っているスペシャリストディーラーによって、消耗品やブッシュ類ほか完璧に整備されていて、購入してからも同じスペシャリストディーラーによりすばらしいコンディションが保たれています。

屋根付き車庫に大切に保管され、日常的に家族を乗せる時は別の車を使用し、10年あまりのうちに週末のドライブなどで3万キロほど走行距離を追加しただけに過ぎません。

車は東京都にあります。
消費税はかかりませんがリサイクル料と月割りの自働車税のご負担お願いいたします。

【お問い合わせに際して】

このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。

エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり掲載車両は個人所有の物でありオーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。

なお個人間での取引となりますので冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
1690万円
画像クリックで拡大出来ます
BRABUSでは貴重な臙脂色 
 
 
 
 
本物のエンブレム 
 
 
 
BRABUSナインプロップ・3ピースアルミ 
この美しいフェンダーの盛り上がりがポルシェラインの証 
 
 
 
 
 
 
BRABUS 6.0-32エンジン 
 
 
 
 
 
 
 
 
BRABUS-Alconキャリパー 
 
 
 
 
上品かつ高品質な内装 
ウッドの艶も美しい 
 
 
 
走行10万5909km 300kmメーター 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
BRABUS純正マフラー 
 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/080-6868-9898(カツヤマ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
katsu@redking.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る