エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデス・ベンツ 500E (W124) 1992年式

車検 2023年9月

走行 168,297km 備考 ディーラー車(ヤナセ物)、ポルシェライン生産、1994年後期モデル仕様、サンルーフ、ETC
長さ 475cm 179cm 高さ 141cm 重量 1720kg 排気量 4970cc
取材日2022年8月24日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆メルセデス・ベンツW124 500E(E500)について
―――――――――――――――――――――――――――――
1991年10月、W116/450SEL-6.9以来のモンスターマシンがW124で登場します。ポルシェ社によって開発・製造された500E(E500)です。エンジンは500SLと同じ119型、ブレーキキャリパーはブレンボ、トランスミッションは4速AT、LHDのみ、トラクションコントロールASRとABSが標準装備となっています。
モンスターエンジンの強力なパワーを支えるため、フロントの足回り部分は専用設計となっています。またトレッドもワイド化され、一体成型のオーバーフェンダーを備えています。外観上の違いは、このオーバーフェンダー、ドライビングランプと一体のヘッドライト、フロントバンパー下のプロジェクターフォグランプ、そしてトランクリッドのエンブレムです。触媒と排気管を納めるためにフロアトンネルが拡大され、乗車定員は4名となっています。
当初ポルシェ社に開発だけが委託されていましたが、当時経営が芳しくないポルシェ社の経済状態を救済するために市販車の製造もポルシェ社の工場で行われました。
日本の正規輸入は1992年モデルから導入され、1993年モデル以降燃費改善のためにエンジンマネジメントの変更を受け若干パワーダウンを強いられました。1994年モデルはフロントグリルの変更・ホワイトウィンカー・ボデー同色バンパーなどにより外観の印象を変えるとともに正式車名をE500とし、このモデルで正規輸入は終了となりました。1995年には17インチホイールを履いたリミテッド(日本への正規輸入は無し)が投入され、1996年以降は本社の方針でE500の後継車はAMGに任せることになり生産を終了しました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介する車両について
――――――――――――
今回ご紹介する車両は、前期モデルのポルシェライン製造のメルセデス・ベンツ500Eです。

現オーナーさんは約2年前にエンスーの杜から購入します。

購入の理由は、ワンオーナーカー(名義上は親族間での移動があったそうが実質ワンオーナー)、整備は基本的にディーラーで行っていたこと、外装は同色にて全塗装、オートマチックトランスミッションのオーバーホール、10万キロで足回りのオーバーホール、特に足回りはショック、ブッシュなど200万程の費用を掛けて行っている、これらの内容から購入を決めたそうです。もちろん、現車確認もしてのことです。

購入後、楽しんで来られましたが車庫整理のため、エンスーの杜への掲載となりました。
本当は一生ものと思っていましたが、環境などの変化により、売却することに決めたそうです。思い入れもありますので大切にして頂ける方を希望します。

〓〓〓〓
◆外装
――――
ボディカラーは、アンスラサイトグレー、前オーナーさんが全塗装していますので、大変きれいな状態です。
前後は1994モデルの後期仕様に変更、ライト類も変更しています。
サンルーフ付き、電動式ポールアンテナは可動します。
アルミホイールは純正の16インチホイール、タイヤサイズは225/55R16です。

〓〓〓〓
◆内装
――――
本革、ウッドパネルを多用した内装は高級感があります。
フロントシートは左右とも電動式メモリーシート、各部の可動を確認しましたが、ヘッドレストが左右とも動きが悪いようです。
前オーナーさんがナビを装着するため、リヤシートのヘッドレストを取外し、スピーカーを装着しています。元のヘッドレストはありません。ナビも外しています。
フロアコンソールのウッドパネルはひび割れがありました。
Bピラーの内張りは弱点と思います。経年により皺が見られました。
CDデッキ、ETCを装備しています。

〓〓〓〓
◆機関
――――
特に不具合はないそうです。
エンジンのかかり具合、吹き上がりはいい状態でした。
◆エンジンの仕様
・エンジン種類:V型8気筒DOHC
・総排気量:4973cc
・最高出力:325PS(239kW)/5600rpm
・最大トルク:49.0kg・m(481N・m)/3900rpm
◆トランスミッションはオートマチックの4速です。
トランスミッションは前オーナーさんときにオーバーホールしています。

〓〓〓〓
◆足回り
――――
ノーマルの足回りですが、前オーナーさんのときにオーバーホールしています。
目視ですが、ブレーキホース、左右リヤスタビライザーリンクは新品に交換していると思います。
◆足回り仕様
ステアリング形式:リサーキュレーティングボール式(パワーアシスト付き)
サスペンション(前):ストラット+ウィッシュボーン+コイル
サスペンション(後):マルチリンク+コイル/スタビライザー
ブレーキ(前):スリット入りベンチレーテッドブレーキディスク
ブレーキ(後):スリット入りベンチレーテッドブレーキディス

〓〓〓〓〓〓〓
◆メンテナンス
―――――――
現オーナーさんが行なった整備内容です。
◆2021.6.7 車検
・車検整備
・フューエルポンプ交換
・フューエルフィルター交換
・フューエルタンク下フューエルホース交換
・フューエルストレーナー交換
・前後ブレーキホース交換
・左右ヘッドライトパッキン交換
・センターベンチレーターバキュームエレメント交換
・エクスパンションバルブ交換
・エアコンガス充填
・エアコンコンプレッサー交換(リビルト品)
・Vベルト交換
・ベルトテンショナー交換
・エアコンレシーバータンク交換
・アディショナルファン水温スイッチ交換
・アディショナルファンリレー交換
・エアコンファンレジスター交換
・エンジンオイル交換(MOTUL 2100)
・エンジンオイルフィルター交換
・左右タペットカバーガスケット交換
・タペットカバー取付けボルト/銅ワッシャー交換
・左右ブローバイホース交換
・ブローバスホースコネクター交換
・左右リヤレベライザー用ショックアブソーバー交換
・アキュームレーター交換
・左右フロントショックアブソーバー交換(エナペタル製)
・左右フロントショックマウント交換
・左右フロントスタビブッシュ交換
◆2021.11.25 一般整備 163,037km
・フロントバンパー右下部塗装
・リヤバンパー右コーナー部塗装
・前後ブレーキパッド交換(DIXCEL Z)
・オートマチックミッションオイル交換
・オートマチックフィルター交換
・オートマチックオイルパンパッキン交換
・キックダウンソレノイドスイッチ交換
・エキゾーストメインマフラーガスケット交換
・エキゾーストメインマフラーボルト/ナット交換
・エキゾーストメインマフラーハンガーゴム交換
・ディファレンシャルサイドシール交換
・ディファレンシャルオイル交換

車は愛知県にあります。
個人売買の為、消費税などかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 550万円
画像クリックで拡大出来ます
後期モデルのフロントマスク 
後期モデルのトランクリッド 
アンスラサイトグレー、いい色ですね 
500Eの特長であるフレアフェンダー 
サイドビュー、カッコイイですね 
リヤフェンダーもフレアとなっています 
 
ヘッドライトレンズはきれいです 
ワイパー付きです 
後期モデルのフロントグリル 
フロントアンダー部 
 
ドアミラー、助手席側は正方形 
ドアミラー、運転席側は長方形 
サンルーフ部 
テールライトレンズはきれいです 
 
左サイドシルアンダーボディ部 
右サイドシルアンダーボディ部 
コックピット 
ヘッドライトスイッチ 
コンビネーションメーター 
センターコンソール 
フロアコンソール 
 
ウッドのひび割れ 
 
ドライバーズシート 
パッセンジャーシート 
リヤシート 
天井前 
天井後(垂れあり) 
リヤスピーカー 
ペダル類 
各ドアトリム 
 
エンジンルーム 
 
 
 
 
ボンネット裏 
トランクルーム 
スペアタイヤ、ジャッキ 
トラックリッド裏 
16インチアルミホイール 
エキゾーストマフラー 
各サスペンション部 
リヤディファレンシャル部 
取説、整備手帳など 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る