エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデス・ベンツ 300TE(S124) 1992年式
車検 2024年6月 走行 119,411km 備考 前期モデル、D車、左H、4速AT、乗車定員7名
長さ 476cm 174cm 高さ 149cm 重量 1620kg 排気量 2960cc
取材日2022年3月24日

★メルセデス・ベンツ 300TE(S124)に関して
1985年に登場した124シリーズには4ドアセダン(W124)、5ドアステーションワゴン(S124)、2ドアクーペ(C124)、2ドアカブリオレ(A124)のボディバリエーションが存在した。

5ドアステーションワゴンのS124は1988年に登場。
1990年、外装を中心にマイナーチェンジされ、サイドプロテクトパネル (サッコプレート) が標準装備となった。
1993年、外装を中心としたマイナーチェンジされ、ボンネットとトランクリッドのデザインが変更され、ウインカーレンズの色も変わり、バンパーモールがカラー化された。

300TEは1989年に登場、搭載される直列6気筒SOHCエンジンは、2960ccの排気量から、最高出力185PS/5700rpm、最大トルク26.5kg・mを発揮した。

◆当車について◆
D車(ヤナセ物)、2013年10月に個人売買にて購入、オーナー歴不明、取説・マニュアル関連あり、禁煙車、整備記録あり、屋内ガレージ保管、事故歴・修復歴不明、CD、ETC、スペアキーあり

※型式/E-124090、原動機の型式/103、車台番号/WDB124090-1F224●●●

◆エクステリア◆
ボディカラーは定番のブルーブラック。
塗装は細かい傷はありますが、全体的に艶があり、状態は良好です。

外観的にはサッコプレートが装着されいますが、バンパーモールがブラックですので前期型になります。

事故歴は現オーナー時にはありませんが、プロに確認してもらった訳では無いため不明としています。
ただ塗装の状態から、部分的に塗り直していると思われる箇所が無いため恐らく無いと思われます。

ヘッドライトはユニットが300TEのBOSCH製で、レンズだけ500EのHELLA製に交換されていますがオリジナルはありません。

リアのアンテナは故障したため交換されています。
純正品が手に入らなかったため社外品で代用していますが、純正同様に途中で一旦止める事が出来ませんので、一気に伸びてしまいます。
高さは190cm程度ですので、天井が低い場所での使用は要注意です。

ホイールはリペアされているとの事で4本ともガリ傷も無く、綺麗な状態です。
タイヤはピレリのチンチュラートのP6、2020年の第1週製造の195/65R15で7〜8分山程度あります。

S124のウイークポイントであるリアクオーターウインドウの下部に関しては、錆等はありません。

気になる点としては、左リアドア〜リアフェンダーに掛けて駐車場で擦られた傷があり、また右リアドアのサッコプレートの境界部分にも傷がありますが、何れもタッチペイント処理されています。

◆インテリア◆
車内はほぼオリジナルの状態を保っていますが、オーディオとシフトノブが変更されています。

センターコンソールのウッドは張り替えられており状態は良好ですが、他の部分と比較して色合いが若干異なります。

フロアマットは純正のままですが、前席に関してはゴム製のマットを敷いて保護しています。

エアコンは良く効きます。

オートクルーズが装備されていますが、オーナーさん自身は使った事が無いため、作動の有無は不明です。

全体的に状態は良好ですが、運転席とリアシートの座面に5mm程度のほつれの様な跡があります。
また運転席ドアのウエザーストリップの切れがありますが、いずれも良く見なければ分からないレベルです。

◆エンジン・整備関連◆
エンジンは軽いクランキングで掛かり、アイドリングは安定しています。
ベンツ特有の重厚感のあるアクセルを踏み込むと、ゆっくりながらスムーズにフケ上がります。

整備記録に関してはオーナーさんが独自に記録されていますが、主たる物を抜粋すると下記の通りです。

【2011年4月/86,000km】
・ATのOH
・純正フロアマット交換
・ブレーキパッド前後交換
・ホイールリペア4本
・フロントコンビネーションランプ交換(純正)

【2011年6月】
・センターコンソールウッドカバー交換(純正)
・パワーウィンドスイッチ交換
・リヤゲートダンパー交換
・リヤワイパーモーター交換
・エンジンマウント交換
・ミッションマウント交換
・フューエルポンプ&フィルター&リレー交換
・エアコンユニット交換(134a代替フロン仕様)
・室内クリーニング
・アルパインCDユニットCDA-117JI

【2011年12月】
・フロントショックアブソーバー(モンロー)交換
・ヘッドランプユニット交換(500E用分解洗浄)
・前後ドア、アウトサイドハンドル交換

【2014年3月】
・タイヤ交換(ピレリーP7、195/65R15)

【2014年7月/98,589km】
・車検
・プラグ交換
・デスビキャップ、ローター交換
・OVPリレー交換
・ハイテンションケーブル交換
・カムシャフトシール交換

【2015年9月/101,602km】
・ブレーキホース前後交換
・リヤブレーキパッド&ディスク交換

【2016年4月/103,287km】
・車検     
・エアコンヒーターバルブ交換

【2016年12月/104,599km】
・バッテリー交換

【2018年5月】
・車検    

【2019年3月/110,414km】
・エンジン調整
・TSコントローラー交換
・フロントコントロールアーム交換

【2019年4月/110,590km】
・エキゾーストパイプ交換

【2019年11月/112,873km】
・フロントワイパーアッセンブリー交換(中古)
・ACフィルター交換

【2019年12月/113,217km】
・フロントワイパーアッセンブリー交換

【2020年6月/114,030km】  
・車検
・ラジオ電動アンテナ交換

【2020年7月】
・タイヤ交換(ピレリーP6、195/65R15)

【2020年10月/115,982km】
・エンジンヘッドOH(作業時の写真が64点あり)
・ガスケット交換
・Fクランクオイルシール交換
・デフ、パワステOIL交換
・レベライザーホース交換

【2020年11月】
・ライトスイッチ交換
・OVPリレー交換

【2020年11月】
・減速カットオフバルブ調整
・GAS(ラムダ値)調整

【2020年12月】
・減速カットオフバルブ交換
・エアフィルター交換

【2021年1月/116,816km】
・ATF交換
・フィルター、ガスケット交換

【2021年1月/116,877km】
・Fショックアッパーマウント交換

以上となりますが、基本的に重整備はヤナセで行っているそうです。

現状の問題点としては、ウインドウウオッシャ―タンクの樹脂の蓋が割れている事で、代替品が無いためそのままになっています。

◆オーナーさんより一言◆
124シリーズはこの車を合わせて3台(88年式W124、91年式S124)とどれも5年以上乗りましたが、特に前期シリーズの剛性感が高いボディと、ねっとりしたエンジンフィールが気に入っています。

長距離を乗ってもあまり疲れない実用的な所と、ロードホールディングがしっかりしたステアリングフィールも気に入っていますが、最近では所有台数が増えてしまい、乗る機会が減ってしまったため売却する事にしました。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ◆
オーナーさんはエンスーの杜の常連様です。
毎回、一味違った趣味車をご掲載頂くのですが、今回はこのS124でした。

2速発進の4ATは加速は穏やかで、OHされている事もあり変速ショックは殆ど無く、加速はスムーズでした。
また路面の凹凸を軽くいなす扁平率65%のタイヤとあいまって、振動は少なく、しなやかな足回りでした。

ボディ剛性に関しては、前後期でどの位変わったかはデータが無いため分かりませんが、相変わらずの剛性感がありました。

37年以上も前にデビューした124シリーズですが、

「メルセデスの哲学を持った最後のメルセデス」

と謳われ、消耗部品を交換していけば、つねに新車同然のビシッとした状態で長く使えるとも言われています。

市場では後期型のタマ数が圧倒的に多いのが事実ですが、オーナーさんの様に敢えて前期型を探されておられる方はぜひご検討下さい。

なおオーナーさんの意向で、ウインドウに貼付されているステッカーの一部をぼかしていますのでご了承下さい。

◆お問い合わせに際して◆
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、自動車販売店ではありません。
また掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があります。
また全て裏づけを取って記述している訳ではないため、誤記等の可能性もあり、状態を保証するものではありません。

・状態等のコメントは2022年3月24日の取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。(メールでの価格交渉はご遠慮下さい)

◆現車確認に関して◆
・当車両は神奈川県にあります。

・車をご覧になる場合は、掲載ページの一番下に記載してあるメールアドレス宛にメールをお送り頂ければ折り返し「現車確認申込書」をお送りしますので、お申し込み頂き次第、日程調整をさせて頂きます。
(個人情報保護の関係上、具体的な場所はお申込み頂いた方だけにお教え致します、なお携帯のメールアドレス以外でお願いします)

・個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、あくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・オーナーさんのお仕事の関係上、日程は月曜日以外で応相談とさせて頂きます。

◆購入される場合◆
・車両代金 
・自動車税 (58,600円)を、購入月の翌月より3月までの未経過分の精算をお願いします。
・リサイクル料(15,760円)は請求しません。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。


【2022年6月17日追記】
車検を更新しました。
走行距離は119,703kmとなり、整備内容はアクセルペダルとウオッシャータンクのカバーの交換程度で、他は油脂類の交換です。
なお価格は据え置きとしますので、実質の値下げとなります。

 268万円
 
画像クリックで拡大出来ます
1 応年の名車S124
2 ヘッドライトはレンズだけ500E用に変更
3 保管は屋内ガレージ
4 前後の黒いバンパーが前期型の特徴
5 ボディカラーは定番のブルーブラック
6 アンテナの高さは190cm程度
7 ボディには艶がある
8 3Lエンジンを積む300TE
9 石はねは軽微で、バンパーのブラック部分の状態は良好
10 リフレクターの状態は良好
11 グリルのメッキの状態は良好だが、グリルの格子部分にはヤレがある
12 クリアのヤレは無く、塗装の状態は良好
13 オプションスライディングルーフの開閉はスムーズ
14 ルーフのヤレも無い
15 純正ホイールはリペア済み、タイヤはピレリP6
16 サイドミラーの形状は左右で異なるが右側は短いタイプ
17 左側のサイドミラーは横長タイプ
18 薄い色が入ったサイドバイザーを装着
19 運転席ドアのウエザーストリップの切れ
20 リア5面はスモークガラス
21 左のリアドア〜フェンダーにかけてすり傷がある
22 フェンダー部分はタッチアップペイントで処理、サッコプレート部分はそのまま
23 右サイドに目立つ傷やエクボは無い
24 視認性のために凹凸がついたウインカーには艶がある
25 バンパーも黒々としている
26 左のフロントサスペンション周辺
27 錆は殆ど無い左サイドのアンダーパネル
28 右サイドの留め具には錆があるが、ジャッキポイントはしっかりしている
29 マフラーは一部分に錆があるので防錆処理をしたいところ
30 ドア下は錆も無く綺麗な状態
31 運転席のミラーだけは手動で調整する合理的な方式
32 ダッシュボードのクラックは無い
33 ほぼオリジナルの状態が保たれている
34 12万kmはまだまだ通過点、メータークラスターは白濁化している
35 オーディオはアルパイン(オリジナル無し)、エアコンは良く効くとの事
36 シフトノブはロゴ入りの物に交換、ウッドにはクラックは無い
37 ブルーファブリックのパワーシートは運転席の座面に小さい傷がある
38 シートの擦れは無く、座り心地も良好
39 純正のフロアマットは上にマットを敷いて保護
40 天井はシミ等は無く、垂れも無い
41 後席は6:4の分割可倒式でダブルフォールディング機構を持つ
42 アニマルネットも使用可能
43 ダンパーは多少弱り気味、トノカバーも問題無く使用可
44 ラゲッジの床を持ち上げると2名掛けのサードシートが出現、3点式のシートベルトまで装備
45 使用歴の無い救急セットとジャッキ
46 左サイドのスペアタイヤも使用歴無し
47 ダンパーやインシュレーターの状態は良好
48 ストレート6は185PSを絞り出す
49 ウインドウウオッシャーの蓋が割れている
50 OH時の作業写真
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080−4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。
※携帯のメールアドレスの場合、当方から返信してもメールが届かない場合ありますので、それ以外のメールアドレスでご連絡下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る