エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデスベンツE320(W124) 1994年式
車検 2020年2月 走行 43,517km 備考3.2L→3.6L(車検証上は3.2L)ボディカラー:ボーナイト
長さ 4740mm 1740mm 高さ 1440mm 重量 1580kg 排気量 3600cc
取材日2019年10月10日

今回ご紹介するのはメルセデスベンツE320(W124)になります。

前オーナー様がかなり手を入れられて、しっかりと仕上がった状態の物を購入されたとの事で、オーナー様も奥様も大変気られているそうなのですが今回、諸事象により惜譲するとの事で出品していただきました。

購入時から素晴らしい状態だったようですが、念には念をという事で地元でメルセデスに詳しい整備士さんに診ていただいて更に整備され墨付きを戴いている様です。その際インシュレーターを新品に交換されています。

前オーナー様がたくさんのパーツを交換され、またさまざまな箇所をオーバーホールされている様で、そのレポートをお預かりしたのでその内容を含めて記させていただきます。

【機関】
エンジン腰上がC3.6の物に換装されていて、3200tから3600tに排気量がアップしています。そのためエンジンルーム内には大変几帳面に熱対策が図られています。

現オーナー様が更にエンジンルームを綺麗にという事で、インシュレーターを新品に交換されています。

ブレーキパッドもブレーキダスト対策品に交換済みです。

以下、レポート内容です。
《エンジン周り》

3.6Lロングストロークに変更

ヘッド研磨

バルブ交換

バルブガイド交換

バルブシール研磨

AMGピストン交換

ピストンリング交換

AMGロングストローク用5mm短いコンロッド交換

コンロッドベアリング交換

AMGロングストローク用5mm幅広のクランクシャフト交換No.603 25

クランクシャフトベアリング交換

クランクシャフト前後オイルシール交換

ガスケット交換

エンジンラバーマウント交換

プラグコード交換

プラグ交換

イグニッションコイル交換

メインハーネス交換

ハイパワー型オルタネーターに交換

スターターオーバーホール

オイルフィルターケース オーバーホール

オイルプレッシャーセンサ―交換

オイルフィルター交換

エアーフィルター交換

オイルシール交換

ファンベルト交換

BEHR Hella製ラジエター交換

熱対策にアディショナルファンを82度以上で稼働するように設定変更

日本製強化型オルタネータ―120Aに変更

各部分のメッキ処理

エンジンハウジング(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

エンジンルームラバーシール交換

エンジンルーム遮熱防音処理

エンジンルーム防錆処理と塗装

全てのマフラーをステンレス製に交換

触媒(キャタライザー)HSKスポーツ触媒に交換

全遮熱版を整備、ガンコート焼き付け塗装

ガソリンタンク交換

燃料計交換

ストレーナー交換

燃料ライン

全パイプライン整備修復塗装

フューエルポンプ交換

フューエルフィルター交換

各ラバーホース交換

ウインドウォッシャータンクとチューブ交換

ノズル交換

電動ポンプ交換

BOSCH 77Ahバッテリー SLX7Cに交換

固定金具交換

ターミナル金具交換

アース交換

《トランスミッション周り》

トルクコンバーター整備

全ディスク交換

アクチュエーター交換

クラッチリリースバアリング交換

リティールブラケット交換

各オイルシール交換

クラッチ一式交換

オートマスイッチ交換

クラッチケーブルとスリーブ交換

ニュートラルスイッチ交換

ガスケット交換

フィルター交換

クーラーホース交換

トランスミッションマウント交換

トランスミッションキャリヤー(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

トランスミッションケース(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

トランスミッションオイルクーラーを装備

《足回り》

フロントアスクルオーバーホール(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

タイロッド交換

スポーツスタビライザーに交換

コイルスプリングシム交換

コイルスプリング塗装(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

ラバーブーツ交換

ボールジョイント交換

ロアアームブッシュ交換

ナックルジョイント塗装(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

アイドルアラームブッシュ交換

ドラックリンク交換

ベアリング交換

ザックススポーツラインショックアブソーバーに交換

リアアスクルオーバーホール

ボールジョイント交換

サポートジョイント交換

スタビライザーリンク交換

左右マルチリンクアーム一式交換

ロアアームブッシュ交換

各ボルト、ナット(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

ビルシュテインスポーツショックアブソーバー交換

ペダルラバーパッドの交換

ブレーキライトテイングスイッチ交換

キャリパ―キャリヤープロテクトプレートハブ、

ストラットコントロールアーム、その他(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

ベアリング交換

ラバーシール交換

《駆動部》
デフレンシャルギアオーバーホール(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

オイルシール交換

デフマウント交換

デフマウントブッシュ交換

トルクアップに伴いファイナルギア交換1:3.06を1.2.82に交換

ドライブシャフトオーバーホール(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

ラバーブーツ交換

オイルシール交換

ボルト交換

プロペラシャフトオーバーホールと塗装

センターサポートベアリング交換

ラバーブーツ交換

コンパニオンプレート交換

シフトリンケージオーバーホール

シフトリンケージブッシュ交換

ラバーブーツ交換

特注本革シフトレバーに交換

《ブレーキシステム》

前後キャリパ―オーバーホールと塗装

前後ブレーキホース交換

前後ディスクローター交換

前後ブレーキパッド交換(Endless社 品番EIP008とEIP014

各ブレーキライン整備塗装

ブレーキフルード交換エアー抜き調整

サイドブレーキブッシュ交換調整

ブレーキマスターシリンダー整備塗装

ペダルアッセンブリーの部品交換とブラストとガンコート焼き付け塗装処理

パーキングブレーキシステムオーバーホール(ブラストとガンコート焼き付け塗装処理)

各ワイヤー交換

ラバースリーブ交換

《ステアリング周り》

ブラストとガンコート焼き付け塗装処理

ボールジョイント交換

強化型ステアリングダンパーに交換

ステアリングタイロッド交換
本革特注ステアリングホイールに交換

エアバック交換

インジケータースイッチオーバーホール

【外装】
ボディの状態は素晴らしく、殆ど傷が見当たりません。

一点だけ上げるとするならばAMG仕様のラジエターグリルの黒い部分の色剥げが有ることくらいでしょうか。しかし、ラジエターグリルもメッキの新品パーツがストックされているので何時でも交換が効きます。

ボディカラーのボーナイトは新車発注当時にAMG専用オプションカラーだったものを特別にオーダーされた物で、AMG以外にこのカラーが使われているという点でも大変希少といえます。よく「素敵な色ですね」と声を掛けられるそうです。

確かに威圧感が無く気品のある優美なオーラを放っていました。

以下、レポート内容です。

ボディー下部パネル及び前後バンパーの全塗装

前後左右各再度モール交換

各ラバーシール交換

左右フロントフェンダーライナー交換

ジャッキポイント交換

ラジエーターインナーグリル交換

全ドアウエザーラバーストリップ

スライディングルーフ整備修復

前後各バンパーラバーシール交換

エンジンフードショックアブソーバー交換

リアトランクフードショックアブソーバー交換

ヘッドライト&フォグライトセットオーバーホール

左右リフレクター再メッキ処理

左右ウインカーレンズセット交換

ドアミラースイッチ整備修復

ドアミラースイッチ交換

左右ドアミラーラバーキャップ交換

左右ドアロックシステム一式整備修復

左右ウィンドレギュレータ―整備修復

左右各ウィンドラバーモールとシールの交換

左右ドアの各ラバーウエザーウスップ交換

左右ドアストライカーメッキ修復

左右ドアストッパー整備修復

タイヤ
ブリジストンREGNO GR-X
フロント205/50R17 リア235/45R17

ホイール
フロント 7x17 ET49 (W168)AMG
リア   7 1/2 17 ET37(W168)AMG

【内装】
レザーシートにもウッドパーツにも劣化は殆ど見られず美しい状態を保っています。

サンルーフの開閉、チルトも問題なく作動しています。

サンバイザーを加工してタッチ式のナビゲーションを埋め込んであります。純正のバイザーもストックしてありますので付け替え可能です。

ドライブレコーダー、ETCも装備しています。

セキュリティロックの確認音は良く外国映画などで耳にする"キュキュッ"と言うあの音でした。

以下、レポート内容です。

左右ドアガラスガイドシール交換

左右ロックシステムオーバーホール

左右Bピラー整備修復

メーターパネルの再塗装

左右再度パネルの整備修復張替

バックウオールライニングの整備修復

ルームミラー交換

左右サンバイザーの交換

前後左右ウインドーに耐熱紫外線防止フィルム施工

冷房暖房システム全整備修復

センターパネルスイッチノブ交換

ワイパーシステム

モター及びリンケージシステムオーバーホール

ラバーシール交換

ワイパーアームキャップ交換

ワイパーアーム交換

ブレード交換

ホーン整備修復

【取材をしてみて】
オーナー様のご厚意で少し乗せていただきましたが、スロットルを踏み込めばスムーズに発進して、スロットルを放すと程よくエンジンブレーキがかかって意のままに減速をしてくれるという感覚でした。

その為、運転技術が格段に向上した様な錯覚を覚えます。正にE320とAMGを足して2で割ったと言う感じでしょうか。現代の車と殆ど遜色ない印象でした。

※掲載出来なかった画像が他にもあります、ご希望の方にはメールにて送ることが出来ますのでお申し付けください。(メールの環境がある方で且つ画像を開ける端末である事が条件となります。)

車は現在、熊本県にあります。

個人のため諸費用等かかりませんが自動車税(月割り)とリサイクル料(¥16770)のご負担をお願いいたします。

陸送等は購入者様の方で手配をお願いいたします。

【お問い合わせに際して】
このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てエンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。

状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき下さい。

掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。なお個人間での取引となりますので、冷やかし防止のため、現車確認はあくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

290万円
画像クリックで拡大出来ます
ボーナイトというカラーが印象的です 
 
大きな目で迫力あります 
 
 
 
 
 
リアのネームプレート類は着いていません 
 
ガラス製のレンズで曇りなど有りません 
 
グリル内黒い部分に色剥げが有ります 
 
 
新品に交換されたインシュレーター 
排気量は3.2→3.6に 
熱処理はエキマニにまで及びます 
本当に綺麗なエンジンルームです 
 
ドアの縁も下回りも綺麗です 
 
 
 
ステアリングはAMG仕様 
フロアも綺麗ですね 
購入後1000qほどしか走行していません 
 
センターコンソールのウッド美しいですね 
フロアコンソールも然り美しいです 
各ドア共に綺麗な状態を保っています 
 
 
 
 
トランクの使用感も感じませんね 
左右非対称のミラー 
 
サンルーフ付き、しっかり稼動します 
 
シートの革の状態も素晴らしい 
 
 
後部の足元も綺麗な状態です 
綺麗な状態のAMGホイール 
タイヤはブリジストンのレグノ 
樹脂パーツの白化は軽微です 
新品のラジエターグリルは純正品 
ストックしてあるウッドのステアリング 
付属するパーツのほんの一部分です 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 南九州オフィス
TEL/070-6597-4547(ハシグチ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
spwbj855@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る