エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデスベンツ 450SLC(C107) 1980年式
車検 2019年9月 走行 45,000km 備考 V8
長さ 4790mm 1790mm 高さ 1330mm 重量 1680kg 排気量 4970cc
取材日2019年4月7日

2007年に1980年式1オーナー約17000kmという車両を中古販売店から購入、前オーナー様は他にも車がありSLCにあまり乗る機会が少なかったそうです。
正規輸入のためサブフレームのリコール済の車両です。
SLC(C107)は、1982年からSEC(C126)に引き継がれました。
走行距離の少ない珍しい車体だと思います。

修復歴は現オーナー様はありませんが、前のオーナー様のことはわかりません。
購入時には、修復歴なしで購入しています。

◯外装
小傷、凹み、劣化による細かいクラック、一部のメッキモールに曇りがありますが年式相応の表情でしょう。
リアウィンドー下部の曇りほぼ無し、リアクォータガラスも分解修理済みなので良い状態です。
入手困難な73年の一部のモデルに装着されたオール金属製鋳造フロントグルルスターを装着。
◯内装
ダッシュボード中央の割れ無し、運転席外側腰部分の破れ(パッチ当で修理)を除けば、かなり良い状態かと思います。
運転席側のカーペット下の床断熱材は劣化したので代用品をいれてあります。
◯装備
グローブボックス内にETCが付いています。
オーディオは純正品なので、メーター照明の照度調整と連動して輝度が変化し、アンテナも正常作動します。
また、FMモジュレーターとiPhone充電兼音声出力アダプターを割り込ませてありケーブル1本(30ピンまたはLightning
)で充電しながら純正スピーカーから音楽を楽しむことができます。
バックミラーにミラー一体型レーダー探知機。
コンソールの携帯ホルダーはレジンによる自作で両面テープでの固定です。
オートクルーズ、電動窓作動(前後左右)、リアガラス電熱線作動(2018年時点)。
コンデンサー一体の高圧パイプは高圧パイプのみ交換できるように汎用品で加工。高圧パイプ劣化時はassyではなく電装屋で安く交換できます。
あれば便利なリモコンドアロックを装着済。
リモコンドアロックのアクチュエーターは運転席側のみの設置ですが、元々バキュームによる集中ドアロックなので通常通り全ての施錠解錠可能。
未開封の救急セット、純正工具、バッテリーケース、三角表示板、非常灯、ナショナル製懐中電灯などもあります。
◯補修部品
ナショナル製純正カセットデッキ(動作未確認)、ヒーターサーボ(動作未確認、割れ無し)、R12フロン(250ml*6本)、IGNコイル、標準装備のフロントグリルスター(凹み有り)、サイドミラー(左美品、右凹有り)。

遠距離走行、猛暑日首都高渋滞走行、近所への買物など「常用」車として使用可能です。
次の方が現れるまでメンテを継続しながら乗りますので距離は伸びます。

注)
オートエアコン(R12フロン)ですが、アップグレードキットと称するヒーターサーボとアンプを使わないキットに置き換えてありますが正常動作していないので故障状態です。
修理の時間が取れず放置していますが、インパネスイッチのDEFモードでブロワーファンは回るので、冷房はエンジンルーム内のバルブを閉めACスイッチONで、暖房はバルブを開けACスイッチOFFでとりあえず使用可能です。

 

ヤナセ点検時資料より

S57 7151km
S59 10135km
S61 12598km
S63 14900km
H2 15365km
H4 15501km
H5 15623km
H6 15695km
H7 15753km
H9 15828km
H11 15902km
H13 16009km
H15 16096km
H17 16164km
H19(2007) 16792km
現オーナ様の元へ
H24(2012) 24820km

主なメンテ履歴

2007年 フードインシュレーター、IGNコイル、プラグコード交換、ETC装着、バックレストロック応急修理
2008年 スピードメーターケーブル、シリンダーヘッドカバーガスケット、MTマウント、プロペラシャフトラバージョイント交換、シフトレバーブッシュ交換
2009年 ウォーターポンプ、サーモスタット、ラジエターキャップ、ACコンプレッサー交換、AC高圧パイプ加工修理
2010年 全ショック、フロントサブフレームマウント、ブレーキマスターシリンダー、ニュートラルスイッチ交換、全キャリパーシールOH、フロントバックラッシュ調整
2011年 ラジエター純正形状コア増し加工、ステアリングカップリング交換
2012年 ATオイルクーラーホース交換、左右リアクォーターガラス分解修理
2013年 リアスタビコネクティングロッド交換
2014年 ワイパーブレード、ACコンプレッサー(OEM新品)、リキッドタンク、エキパン交換
2015年 クーラントタンク交換、ヘッドライトレンズ分解洗浄、ヘッドライトシーリング交換
2016年 オルタ(リビルド)交換、ヒーターサーボ交換
2017年 運転席側ガラス交換(中古良品)、運転席側メッキモール交換、バルブステムシール交換、ATFエレメント、ATF交換、タイヤ交換、アライメント調整
2018年 右フェンダー板金(購入時からの凹み修理)、ワイパーブレード、サイドミラー交換(中古美品)、ブロワーファンモーター交換、ブロワーファンケース補修
2019年 バキュームライン分岐交換、バキュームチェックバルブ交換、アイドラーアームブッシュ交換、トランクウウェザーシール交換

メンテはヤナセ、旧車専門店、電装屋、DIYで行なっています。

オーナー様、多忙なため日曜祝日のみの対応とさせていただきます。

年数が経過しているため現状優先とさせていただきます。

車は東京都港区にあります。
個人の為、消費税はかかりません。
リサイクル費用と自動車税の月割り負担分は、別途、清算させて頂きます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
235万円
画像クリックで拡大出来ます
当時あこがれたSLCのフロントです。フォグライトも点灯します。 
 
 
 
 
 
リアクオーターガラスも分解修理済みできれいです。 
 
タイヤは2年前に交換しました。山は十分あると思います。 
塗装はオリジナルです。年式相応のひび割れなどがあります。 
ドア回りもきれいです。 
 
バンパーなどに擦り傷があります。 
リアウインドウ下部の曇りもありません。 
アンテナも作動します。 
約45000キロです。日常で使用しますので少し距離は伸びます。 
ドア回りも綺麗です。 
 
ATも異常は感じません。 
室内はきれいです。 
ダッシュボードの割れもありません。 
運転席のシートに傷がありますが、パッチあてで修理済みです 
 
天井も垂れていません。 
 
 
塗装面は年式相応です。 
エンジン回りです。 
 
 
 
 
 
当時の救急セットです 
現オーナー様の点検記録が写真付きであります。  


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-7196-0151(ツツイ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
enthusiast2020@yahoo.co.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る