エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


メルセデス・ベンツ E250 ブルーエフィシェンシー クーペ (C207) 2012年式
車検 2020年12月 走行 55,266km 備考 D車(ヤナセ認定中古車)/右ハンドル/7速AT/定員4名/純正HDDナビ、 ETC、シートヒーター、アイドリングストップ、クルーズコントロール
長さ 4700mm 1780mm 高さ 1390mm 重量 1630kg 排気量 1790cc
取材日2019年3月13日

●メルセデス・ベンツE250 ブルーエフィシェンシー クーペ (C207)につきまして●

4代目Eクラスクーペとなる(C207)は、2009年7月に、先代である 2代目CLKクラス(C209) にかわり登場しました。
C207はCクラス(W204)のプラットフォームをベースにしています。
そのため、Eクラスセダン(W212型)同様の迫力あるフロントマスクや豪華仕様はそのままに、サイズは一回り小さく日本国内においても取り回しのよいサイズとなっています。
リヤの緩やかな曲線を描くシルエットはセダンでは実現できない美しさを実現しています。
車幅も1.8mを切り立体駐車場等の入庫に困ることもなく、使い勝手もよいでしょう。
エンジンは、直列4気筒 1.8L 直噴ターボを搭載しており、自動車税は安く抑えながらも、燃料をシリンダー内に高圧で直接噴射するマルチホールソレノイドインジェクターや、可変カムシャフト/バルブコントロール、ターボチャージャーなどにより燃焼効率を高めて、204馬力の出力を発生します。
重量もEクラスセダン(W212型)と比較して100kgほど、軽いため、十分な加速性能を誇ります。
またセダンではコラムシフトに移行したセレクターが、クーペではフロアシフトと なっており、スポーティ感を高めてくれます。
夜間走行時の被視認性を向上するとともに、フロントマスクを精悍に演出する「LEDドライビングライト」をフロントバンパー内に装備、従来のフォグランプ機能をヘッドライトユニットに集約する近代的なルックスであり、現行モデルと比較しても遜色ない外観です。

●今回ご紹介するお車につきまして●

オーナーさんは2年ほど前にヤナセの認定中古車として、このお車を手に入れられました。
購入時の走行距離は約31,000km程でした。
オプションのパノラミックガラススライディングルーフを搭載しており、オープンカーに匹敵する解放感が味わえます。
セキュリティー抜群のご自宅マンションの屋内格納型ガレージに保管されており、外装等も非常に綺麗に保たれています。
もちろんディーラー車で取説やメンテナンスブック等も完備しており、オーナー様が所有されてからの整備履歴もすべて保管されています。
ディーラーで定期的にメンテされており、現在不具合はありません。
最近は、他に所有されているテスラを普段乗りに使用することが多く、ほとんど乗る機会がなくなってしまったため、車両整理のため売却を検討されています。

●外装●

純正色のイリジウムシルバーは鮮やかな光沢を保っております。
完全屋内保管のため、目立つキズやヘコミ等は確認できず、全体的に非常に綺麗な状態です。
事故や修復歴はございません。

●内装、電装関係●

内装はセダンと同様のウッドを基調としたゴージャスな内装です。
シートは純正の本革です。運転席ややや使用感がみられますが、綺麗な状態です。
純正テアリングもスレやキズもなく綺麗な状態です。
純正HDDナビを搭載しており、純正地デジチューナーでテレビも閲覧可能です。
エアコン、シートヒーター始め各電装品はすべて正常に作動します。

●機関、足回り等●

直列4気筒 1.8L 直噴ターボエンジンは好調を維持しております。
取材時も1発始動で、エンジンのアイドリングも安定していました。
ミッションはフロアシフト7速ATです。
17インチ純正アルミホイールは縁にややガリ傷が確認できます。
ミシュラン製のタイヤの山はまだ十分あります。
昨年9月に前後ブレーキパッド、前輪ブレーキディスクを交換されています。
ショック等の足回りも現状問題ありません。
現状、一切不具合はないとのことです。

●直近の整備履歴の抜粋●

(2017年9月)
車検整備:31,700km
エンジンオイル交換
エンジンオイルフィルター交換
ワイパーブレード交換
サブ・バッテリー交換

(2018年9月)
12か月点検:45,771km
フロント、リヤブレーキパッド交換
フロントブレーキディスク交換

●オーナー様談話●

元々は普段乗りと家族が乗るために購入した車です。
セダンとは異なるリヤの美しいラインが非常に気に入っております。
サイズはCクラスとほぼ同様で、非常にとり回しが楽です。
スライディングルーフと前後ウインドーを全開にするとオープンカーのような解放感です。
後部座席を倒すとトランクスルーで広大な荷室が広がり、複数のゴルフバック等も楽に収納できます。
1.800ccで維持費も安くて大変気にいっていたのですが、後から手に入れたテスラがそれを上回り(笑)、テスラのガソリン代ゼロ、永久チャージ無料保証等もあって、家族のすすめもあり、売却を検討しています。

●取材者私見●

偶然、担当はこの取材前に2週間ほどW212型Eクラスセダンに乗っていました。
クーペはまさにセダンの内外装の豪華さはそのままに、セダンではちょっと大きいなと感じていたサイズ感が、ちょうどよいサイズになった感じです。
ツードアですが、後ろ座席脇の窓が全開にできて、電動と座席上部のレバーで座席を倒せるので、後部座席の乗り降りや荷物の出し入れも問題なさそうです。
セダン派の方でもこのクーペならありかな?と感じました。
また、パノラミックガラススライディングルーフの解放感は最高でした。
外観上のルックスにも貢献しています。
ディーラー認定中古車で完全屋内保管のため、外装、内装とも非常によいコンディションを維持されています。
クーペをお探しの方はもちろん、セダン派の方にもぜひご検討いただきたいお車です。
コンディション維持のために定期的に走行しますので、走行距離が多少増えることをご了承ください。

個人売買のため消費税はかかりませんが、リサイクル料金・自動車税月割分相当をご負担いただきます。


【2019年7月更新】

価格を引き下げました。

現車は東京都内にあります。

上記は取材者の私見に基づくところもございますので、ご購入に際しては必ず現車をご見学の上でご納得されてからご検討ください。
なお、オーナー様ご多忙のため、ご見学については購入検討の方のみに限らせていただきます。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
280万円→190万円
画像クリックで拡大出来ます
押出感のあるフロントマスク 
セダンよりすっきりとしたリヤ 
輝きを放つ純正のイリジウムシルバー 
 
 
 
リヤに向かって美しい曲線を描くサイドシルエット 
 
 
 
美しいリヤの曲線 
 
 
やや使用感はあるが良好な状態の運転席本革シート 
 
使用感の少ない助手席本革シート 
後ろ座席は左右分割式の4人乗り 
後ろ座席を倒すとトランクスルーが可能 
コマンドボタン付きの純正本革巻きステアリング 
走行距離は、5万5千キロ超 
純正ハードディスクナビ搭載、ウッドに移る白い影はキズではなく、光の反射 
シフトセレクターは、フロアシフト 
綺麗なダッシュボード、ウッドに移る白い影はキズではなく、光の反射 
キーレスゴースタート 
 
サンシェードを閉じた状態のスライディングルーフ 
電動で開閉するサンシェード 
全開にすると抜群の解放感のパノラミックガラススライディングルーフ 
リヤシート横のウインドーも開閉可能 
サイドウインドー全開時の解放感 
ボンネット裏 
直列4気筒 1.8L ターボエンジン搭載 
トランクフード裏 
後部座席を倒すと広大な荷室 
外観上も映えるパノラミックガラススライディングルーフ 
 
 
 
ターンランプ内蔵電動格納ドアミラー 
 
レンズ類の状態も良好、LEDディランプ搭載 
 
運転席の使用感 
純正17インチアルミホイール、タイヤサイズはは235/45R17 
下廻りの状態も良好  
 
 
 
トランクフロア下にスペアタイヤ、積載工具搭載 
スペアキー、取説、メンテナンスブック類、AIDKIT等すべて完備 
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 本部
TEL/090-8492-1168(イイダ)

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
hiroiida@mvi.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜    トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る