エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


オースチン 7 スペシャル 1937年式
車検 2021年4月 走行 301km(メーター読み) 備考中古並行車、右H、4速MT、日本国内製作ワンメイク物
長さ 3470mm 1210mm 高さ 1050mm 重量 440kg 排気量 747cc
取材日2019年5月2日

★オースチン 7 スペシャルに関して
オースチン7は1922年から1939年にかけてイギリスのオースチンが生産した小型乗用車であり、当時のイギリスにおける課税の馬力の数値「7hp」であった事から、「セブン」と呼ばれている。
コンパクトなボディは鋼製フレームに水冷4気筒エンジンを搭載し、大人2人と子供2人を乗せて走行が可能であった。

第2次世界大戦後、多くの中古「オースチン7」が、その廉価さと改造の容易さからカスタマイズされ、「スペシャル」と呼ばれたが、個性のある改造が行われたため、同じ個体は殆ど存在しない。

搭載される水冷4気筒エンジンは、747ccの排気量から17bhpを発揮した。

◆当車について
2012車3月に国内登録の中古並行車、2016年3月に購入し現在国内2オーナー目、取説・マニュアル関連無し、整備記録あり、屋内ガレージ保管、事故歴・修復歴無し、スペアキーあり

※型式/不明、原動機の型式/国[01]758、車台番号/国[01]010●●●

◆エクステリア
海外から輸入した物を2011年にフルレストアして、ワンメイクで仕上げた個体を購入して、更に現オーナー時にモデファイが行われています。

フレームはオリジナルを流用し、ボディはアルミとウッドで新規に作られていますので、ホイールに面影が残る以外は殆ど別物と言っても過言ではありません。

ボディカラーはグレーの2トーン、赤いホイールと内装がレーシーさを際立たせています。
フェンダーはアルミ製で、ベントレーブロワーと同じデザインでイギリスにて製作したそうです。
同じくホイールも4本、イギリスで新規で製作された物を装着しています。

ライト類は車検適合するように設置しており、ヘッドライトはハロゲンのH4のバルブを使用して光量を確保しています。

全体的に状態は良好で傷や凹みは無く、錆やウッドの腐りもありません。

◆インテリア
インパネも新規で製作されていますが、メーター類の配置はレーシーさを醸し出しています。
2人乗車が可能ですが、シートはスライド機能は無く、座面はスーパーセブン以上にタイトなため、助手席は荷物置き場として考えた方が良さそうです。

フロアはウッドで作成されており、材質は分かりませんが、腐りはありません。

オドメーターの走行距離は確証が無いため参考値です。

◆エンジン・整備関連
エンジンはキャブの調整が合っているようで、クランキング無しの一発で掛かります。

エンジン、補器類は現代の道路事情に対応するように各部分がアップデートされています。
アイドリングは安定しており、異音や異臭は無く、オイル漏れもありません。

メンテナンスの内容は下記の通りです
・エンジンフルOH
・キャブOH
・電装は12V
・国産オルタネーター
・電動ファン(動作は手動)
・電動ウオーターポンプ
・ラジエーター、燃料タンクは新規作成
・デスビ(トランジスタ化)

整備や車検はこの手の車に精通した所に依頼しており、紹介は可能との事です。

◆オーナーさんより一言
この個体は前オーナーが日本国内でこの仕様に製作した物で、その工程の写真もあります。
このスタイリングに惚れて購入しましたが、手に入れてからも、色々とモデファイしており、工作が得意なので、エンジン以外は色々といじって楽しんでいます。

あまり遠出はせず、専らイベントに参加しましたが、車の事を良く聞かれるので、年式やネーミングのステッカーや主要諸元を書いたプレートまで作ってしまいました(笑)

折角仕上げたばかりですが、長年探していた車が偶然手に入ったため、そちらの方に手を入れるため、止む無く手放す事にしました。

車体の他にトノカバー、タイヤ付きのホイール4本(内1本はスペアとして使用)、以前のフェンダーが1セットありますのでお付けします。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ
スペシャルと言っても個体の名称ではなく、いわゆる改造車です。
とは言え、そうとは思えない程オリジナリティ溢れる仕様になっています。

オーナーさんのドライブで試乗させて頂きました。
大人二人はスペース的に厳しいですが、交通の流れには普通について行けますし、気難しさもありません。

ウインドウスクリーンはありますが、頭が出てしまうため、無いに等しい状態でもろに風を受けてしまいますが、オーナーさんはゴーグルとヘルメット着用で乗っているそうです。

シートが固定式なので、ペダル類の位置は身長172cmの私でベストポジションでしたが、私より長身あるいは長足の方は、足がつかえてしまうと思います。

また、太り気味やお腹が出ている方も、ハンドルにつかえてしまって運転が厳しいと思います。

ただ何と言っても目立ちますし、道行く人の殆どが振り返ります。
「おっ」と言う微笑ましい視線が心地良く、とても暖かく感じました。

交差点で停まっている際にスマホで撮影している人もいましたので、今頃どこかのSNSで拡散されているかもしれません。(笑)

多趣味のオーナーさんが仕上げたこのオースチン、リタイヤされて新たな趣味を模索されている方や、スローライフを楽しみたい方にはうってつけの逸車です。

◆お問い合わせに際して
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの出品依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全て裏づけを取ったものではありません。

・状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。(メールでの価格交渉はご遠慮下さい)

◆現車確認に関して
・当車両は神奈川県にあります。

・車をご覧になる場合は「現車確認申込書」をメールにてお送りしますので、お申し込み頂き次第、日程調整をさせて頂きます。
(具体的な場所はお申込み頂いた方だけにお教え致します、なお携帯のメールアドレス以外でお願いします))

・個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、あくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・オーナーさんのお仕事の関係上、日程は土日とさせて頂きます。

◆購入される場合(オーナーさんの希望売却価格です)
車両代金のみ 
※自動車税の未経過分の清算やリサイクル料の請求は致しません。
※個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

 450万円
 
画像クリックで拡大出来ます
1 オースチン7をベースに作られたスペシャル仕様
2 カラーリングはシックでレーシー
3 サイクルフェンダーはアルミ製
4 普段は完全屋内保管
5 スペア以外のホイールは全て新品
6 特徴的なボートテール
7 カヌーにタイヤが付いたようなスタイリング
8 フィッシュテール状のマフラーエンド
9 ラジエーターは電動ファン付き
10 ヘッドライトのランプはH4
11 EXCELSIORの17インチのタイヤはチューブ式
12 オースチンのエンブレムにベントレー風のサイクルフェンダー
13 ホイールは3つのナットを緩めるだけで脱着可能
14 サイドに熱気抜き用のルーバーが切られている
15 オルタネーターの出っ張りがカバーされている
16 ボディサイドにはサイドブレーキ
17 助手席用のグリップを装着、サイドステップは飛行機用
18 フロントウインドウはガラス製
19 車の雰囲気に合ったステッカー類が貼られている
20 バックランプは装備されない
21 タイヤの山は十分ある
22 オイル漏れは無い
23 フレームはオースチン7の物を流用
24 運転席部分のフロアはウッド
25 防腐剤等は塗られていない模様
26 大径のステアリングは抱え込む様にして操作する
27 トノカバー用のフックが付けられている
28 大人が2人乗るとかなりタイト
29 メーター類は全て正常に動く
30 電動ファンのスイッチは手動、スタートボタンは引っ張る方式、ウインカーは使用時は先端部分が点滅する
31 スピードメーターは距離はKm表示だが、スピードはMILE表示のため、GPS付きのスピートメーターも装備
32 アクセルはボタン式、4速MTのシフトレバーは本来の位置より車体後部に移動されている
33 革製の小銭入れ、イベント等で分かりやすい様に諸元が掛かれたプレートを設置
34 シート類は座布団の様に置かれているだけで簡単に外す事が可能
35 エンジンフードは片側ずつ開ける事が可能
36 フードを全て外す事も可能
37 プラグコードは見た目はレトロだがスペック的には最新の物と同等、SUキャブはOH済み
38 赤いバーはシフトレバー用で、本来はこの位置につく
39 燃料タンクは20L程度、脱落防止用のストラップが付けられている
40 オリジナルのシルアルプレート、エンジンナンバーはマッチしている
41 被せるだけのトランクフードの蓋
42 トランク内のバッテリーはカットオフスイッチ付き
43 製作時の写真、運転席周りはウッドで作られている
44 エンジン、シャーシー、足回り以外は全てアルミ製でワンメイクされている
45 フランスの「AMILCAR」を模して造られたとの事
46 エンジンはフェニックスのクランク等の新品でフルOH済み
47 趣味のグッズが沢山置かれたガレージで保管
48 ドライバーが座るとこの様な感じになる
中央の再生ボタンをクリックするとこの車の動画がご覧になれます。
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080−4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る