エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る


アルファロメオ ジュリア 1750GTV 1970年式
車検 2023年4月 走行 79,793km(メーター読み) 備考 シリーズ2、D車、左H、5速MT
長さ 410cm 158cm 高さ 131cm 重量 960kg 排気量 1779cc
取材日2022年7月7日

★アルファロメオ ジュリア 1750GTVに関して
1963年、2ドア4座クーペが「ジュリア・スプリントGT」としてデビュー、デザインはベルトーネに所属していたジウジアーロが担当した。

1967に登場した1750GTV(VはVeloce=速いを意味する)は1972年迄製造され、4灯のヘッドランプに、クアドリフォリオのエンブレムがCピラーに取り付けられているのが特徴である。

ダッシュボード中央には大型のスピードメーターとタコメーターを備え、計器類は光の反射防止のため角度を変えられ、補助計器類はセンターコンソールに設置されている。

1970年にはシリーズ2となり、フロントとリアのバンパーにはオーバーライドが付けられ、ウインカーがバンパー上部に移設された。

搭載する水冷直列4気筒DOHCエンジンは、1779ccの排気量から最高出力122ps/5500rpm、最大トルクは186N⋅m/3000rpmを発揮した。

◆当車について◆
D車(伊藤忠オート物)、2019年4月に購入、オーナー歴不明、取説・マニュアル関連無し、禁煙車、整備記録は現オーナー時のみあり、屋内ガレージにてボディカバー保管、事故歴・修復歴不明、ETC、スペアキーあり

※型式/10544、原動機の型式/AR00548、車台番号/AR1380●●●

◆エクステリア◆
ボディカラーはレッド、オールペイントされており、エンジンルームやトランク内まで塗られています。
所々下地処理が甘い所があり、右側のドアのチリが若干ずれていますが、目立つ傷や凹みは無く光沢も十分あります。
なお元色はマスタードイエローだったようで、下回りで確認出来ます。

トランクにある1750のエンブレムの上側には、アルファの丸いエンブレムの跡が残っていますので、本来であればここにエンブレムが貼付されていると思われます。

外観的にはオリジナルの状態を保っていますが、リペイント以外はオリジナルのパーツ類をそのまま使用しているため、バンパーやホイール、ミラーにはヤレがあります。

フロントガラスは油膜除去を行った際に、細かい石はねの傷に溶剤が入ってしまった様で、その部分が白くなって目立ってしまっています。

タイヤはミシュランXAS、2017年47週製造の185/70R14で8分山程度あります。

錆は下回りを含めて軽微ですが、錆で穴が開いていたフロア部分は鉄板を張り替えています。

◆インテリア◆
ブラックの内装とウッドを基調としたオーディオも無いオリジナルの車内は、正にsimple is bestです。

ウッドやダッシュボードのクラックは無く、シートは張り替えられており、天井の垂れもありません。

ヒーターは装備されていますが、エアコンやクーラーはありません。
ただ三角窓があり、リアのサイドウインドウがチルトするため、夏場は走ってさえいれば風の通りは良く、涼しさを感じます。

アルファ独特の横から生えたシフトノブのタッチは軽く、クラッチも重さは感じません。

◆エンジン・整備関連◆
エンジンは独特の金属音を伴ったクランキングで掛かり、アイドリングは安定しています。
異音や異臭は無く、フケ上がりも良好です。

オイルパン周辺にはオイルの滲みがありますが、許容範囲だと思います。

整備記録は現オーナー時のみとなりますが、購入後に下記を行っています。

【2019年4月/73,700km】
●車検整備
・燃料タンク交換
・スピードメーター(中古)交換
・油圧計交換
・タコメーターOH
・左右タイロッドエンド交換

【2019年5月/74,224km】
・ショック前後(中古)交換
・フロントスタビライザー交換
・リヤスタビライザー(中古)交換
・コイルスプリングカット車高調整
・左右トレーリングアーム交換
・リヤTアームASSY交換
・デフセンター強化ブッシュ交換
・右キャスターバーボールジョイント交換
・ブレーキホース交換
・ブレーキ各部点検調整
・ブレーキサーボ(中古)交換
・EGマウントブッシュ圧入交換
・タイヤ交換(ミシュランエナジーセーバー/185/70R14)
・メーター照明球LED交換
・ハザードSW取付
・ラジエーターコア交換
・ドアのウエザーストリップ交換
・助手席フロア板金加工

【2019年7月】
・4輪ホイールアライメント測定調整
・アウターハンドル脱着取付
・インナーライト配線リレー取付
・レギュレーター交換

【2019年11月】
・純正ステアリング交換(中古)

【2020年5月】
・EGオイル&フィルター交換
・バックランプSW修理
・ドアミラー エビナット加工取付

【2020年8月】
・タイヤ交換(ミシュランXAS/185/70VR14)

【2020年9月】
・Tアームシムワッシャー交換
・リヤブレーキホース作成交換
・ステアリングギアボックス交換
・フロントサスペンションブッシュ交換
・ブレーキランプ修理
・トランクゴム交換
・ホイールアライメント調整

【2021年3月/77,687km】
・ライトレバー修理
・ウィンカーレバー修理
・イグニッションキーシリンダー修理
・サイドブレーキライニング交換
・デフオイル交換
・キャブレターサポートバーブッシュ交換

【2021年4月/77,865km】
●車検整備
・EGオイル&フィルター交換(ヴァルボリン20W-50、7L)
・ブレーキオイル交換
・クラッチフルード交換
・ミッションオイル交換
・メイン、フロントマフラー交換
・シフトブーツ交換
・ステアリングセンターキャップ交換
・キャブ調整

【2021年8月】
・バッテリー交換(ACDELCO LN2)

【2022年2月】
・フロアパネル板金
・メーター類不点灯修理

【2022月3月/79,417km】
・水温計不良
・ブローバイホースガスケット交換
・リアトレイ交換
・キャブ調整
・ラジエターキャップ交換

【2022年6月/79,639km】
・ブレーキキャリパーOH
・ブレーキパッド交換
・ブレーキフルード交換
・ブレーキランプ不点灯修理
・ウオーターポンプ交換 
・クーラント交換
・ファンブレード、ファンシュラウド新品交換

以上となりますが、オドメーターは購入時に動きが悪かったため交換されていますので参考距離となります。
なお、その後は走行距離と整備記録は合っており、現状は不具合は無いそうです。

◆オーナーさんより一言◆
1750でボディカラーはレッド、内装はブラック、左ハンドルに拘って探していた所、たまたまアルファ105系専門の修理工場でこの車を見つけました。

購入後3年半で250万円程掛けて気になる所を直しましたので、現在は好調を維持しています。

これまではナローポルシェをずっと乗って来ましたが、アルファのDOHCエンジンのサウンドとフケ上がりはポルシェと違った魅力を感じさせてくれます。

最近はコンディション維持のために、晴れた日で早朝の道が空いている時間帯に走らせていますが、声を掛けて頂く事も多く、とても気に入っています。

ただ色々と車が増えてしまい、あちこちの屋内駐車場を借りて置く事が難しくなったため、止むを得ず売却する事にしました。

◆エンスーの杜取材担当者の私情インプレ◆
オーナーさんはエンスーの杜の常連様です。
毎回、一味違った趣味車をご掲載頂くのですが、今回はこのジュリアでした。

購入した車は全て屋内ガレージ保管は勿論の事、不具合は一通り仕上げる様な扱いをされています。

取材が終わり、ガレージまで後について走りましたが、コンパクトなボディに快音を放つマフラー、クイックなコーナリングが印象的でした。

オーディオさえ無い、シンプルかつスパルタンな車内ですが、きっとドライビングの喜びを感じさせてくれる逸車だと思います。

◆お問い合わせに際して◆
・このページの車両は車の個人売買の情報サイト「エンスーの杜」に掲載されたものです。
エンスーの杜は広告代理店であり、掲載車両は個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。

・記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、見落とし等で現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があります。
また全て裏づけを取って記述している訳ではないため、誤記等の可能性もあり、状態を保証するものではありません。

・状態等のコメントもあくまで2022年7月7日の取材時の状況及び、取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おき頂き、現車確認の際に必ず状態をご確認下さい。

・掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡下さい。(メールでの価格交渉はご遠慮下さい)

◆現車確認に関して◆
・当車両は神奈川県にあります。

・車をご覧になる場合は、掲載ページの一番下に記載してあるメールアドレス宛にメールをお送り頂ければ折り返し「現車確認申込書」をお送りしますので、お申し込み頂き次第、日程調整をさせて頂きます。
(個人情報保護の関係上、具体的な場所はお申込み頂いた方だけにお教え致します、なお携帯のメールアドレス以外でお願いします)

・個人間での取引となりますので、冷やかし防止と個人情報保護のため、あくまで購入を前提として検討されている方のみとさせて頂きます。

・オーナーさんのお仕事の関係上、日程は月曜日以外で応相談とさせて頂きます。

◆購入される場合◆
・車両代金 
・自動車税(45,400円)を、購入月の翌月より3月までの未経過分の精算をお願いします。
・リサイクル料は請求しません。
※ 個人売買のため、消費税は掛かりませんが、支払いは現金一括で現状渡しのノークレームとなります。また、 陸送等の手配は購入された方に行って頂きます。

 480万円
 
画像クリックで拡大出来ます
1 丸目4灯はGTVシリーズの特徴
2 バンパーにオーバーライダーが付いた後期型
3 ボディはオールペイントされている
4 オリジナルの状態が保たれた外観
5 全長4mのコンパクトなボディ
6 リアバンパーにもオーバーライダーが付く
7 ベルト―ネデザインの流麗なスタイル
8 特徴的な斜め1本出しのマフラー
9 エンブレムの状態は良好、アルミにはヤレがある
10 リフレクターの状態は良好
11 ヘッドライトは全て点灯可能
12 ボンネットには風景が映り込む
13 フロントウインドウは白くなった石はねによる傷跡が点在している
14 ルーフの日焼けは無い
15 ウエザーストリップの状態は良好
16 夏場には有難い三角窓、ミラーはオリジナルの物
17 ゴールドのクワドリフォリオのエンブレム、リアウインドウはチルト可能
18 ホイールは純正のカンパニョーロ
19 右側だけにあるベルト―ネのエンブレム
20 左サイドに傷や凹みは無い
21 右ドアは若干チリのずれがある
22 ミシュランのタイヤは8分山程度あり
23 ガソリンタンクの蓋はキーロック出来ない
24 1750のエンブレムの上にはアルファのエンブレムの跡が残っている
25 バンパーのメッキには多少ヤレがあるが磨けば光るレベル
26 トランクはウエザーストリップを交換したためチリのズレがある
27 オイルパン周辺にはオイル滲みがあり、元色も確認出来る
28 右サイドのフロアは鈑金補修されている
29 左サイドのアンダーパネル
30 マフラー及び周辺の錆は軽微
31 シンプルなドア、ウインドウは手巻き式
32 オリジナルが保たれたウッドとブラックのシンプルな車内
33 ダッシュボードやウッドのクラックは無い
34 反射防止のため下向きに傾けられたメーター類
35 斜めに突き出た5速のシフトノブ
36 張り替えられたシートの状態は良好
37 3点式のシートベルトは巻取り式ではなく固定式
38 ヒール&トウがしやすいABCペダル
39 コンソールボックスの脇にはスピーカーが残る
40 クラシカルなロゴのアルミプレート
41 助手席のフロアの状態
42 天井の垂れは無い
43 使用感の無いリアシート
44 シートベルトはない
45 車内からワイヤーで開ける方式のトランクの開閉はスムーズ
46 スペアタイヤもカンパニョーロだがタイヤは要交換
47 オリジナルのステッカー類が残る、ステーはボンネットを閉める際に取り付ける場所が無い
48 キャブはウエーバーの40DCOEで、電装系が強化されている
49 バッテリーのカットオフスイッチを装着
50 伊藤忠オートの正規物
 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 神奈川
TEL/080-4377-0093 真板(マイタ)まで
※電話に出られない場合は、メッセージを入れて頂ければ折り返しご連絡致します。

またはEメール↓にて
エンスーの杜車両問い合わせ
※上記をクリックするとメールソフトが立ち上がりますが、お問い合わせの車両名を必ずご記入下さい。
※携帯のメールアドレスの場合、当方から返信してもメールが届かない場合ありますので、それ以外のメールアドレスでご連絡下さい。

注1)上記をクリックしてもメールソフトが立ち上がらない場合は、enthunomori@carcoating.net をコピーしてメールの宛先に入力して頂くか、お電話でご連絡下さい。
注2)こちらからのメールが迷惑メール扱いされている事がありますので、返信メールが来ない場合は、迷惑メールフォルダもお確かめ下さい。
注3) 携帯やスマホからのメールの場合、こちらからのメールが届かない場合がありますので、PCのアドレスをご連絡頂くか、上記のメールアドレスからのメールを受信出来る様に設定をお願いします。

  エンスーの杜  トップページに戻る   車両一覧に戻る   上に戻る